ヒナとジュウベエの世間話。

猫のヒナとジュウベエが語る、いろいろな猫達の物語。

夜の黒猫。

2016-10-19 11:09:03 | 日常

 ヒナとジュウベエの世間話。
 夜の黒猫。

  昨日10月18日(火)は外猫達の居る場所は、朝から晴れて暖かい一日でした。
 本日は夜明け前の、外猫達がエサを食べに来ている様子を紹介します。

 
  早朝の夜が明ける前のまだ暗い時間にエサを食べに来る猫達は、良く見ないと
 似ている模様の猫だと、どの猫が食べに来ているか間違う事があります。
 この猫はギャオ君です。

 
  この猫はタビちゃんです。良く見ないとギャオ君と間違えますね。
 

 
  こちらの猫はマロンちゃんです。日中と違い、みんな同じ様な猫に見えます。

 
  三毛猫達は毛の色の濃さと模様の形の特徴で、判別ができ比較的分かりやすいです。
 この猫は三毛猫牡丹ちゃんです。

 
  それよりも暗い中で良く見ないと分かりにくいのが黒猫ですね。
 エサが欲しくて鳴いているのですが、何処に居るのか場所を探すようになります。

 
  この猫はクロ丸君と言う名前の外猫ですが、暗がりと一体化しているので姿を確認してから
 良く見てエサをあげます。暗い中、写真で撮っても黒猫の場合映像がはっきりしませんね。
 眼だけが光っています。 私も家の中で時々夜に電気を消している時など、家猫の黒猫
 間違って一瞬踏んでしまう事があります。

 
  そして似ているので間違いやすい猫が、ロックちゃん寅次郎です。
 この猫はロックちゃんです。

 
  そしてこちらの猫が同じ茶トラ寅次郎です。現在特徴は以前紹介した様に、寅次郎
 頭に傷がありますね。

 
  こちらの写真が今年7月の頭に一瞬びっくりするほど皮がめくれ、怪我をした時です。

 
  そしてこの写真が本日10月19日(水)の早朝に撮影した寅次郎です。
 頭の怪我の状態を写す為に、寅次郎にカルカンパウチを食べさせているところです。
 ほとんど頭の怪我の傷は治りかけています。
  あれだけの怪我の傷で、自力で治す外猫の免疫力はたいしたものですね。
       本日は外猫達寅次郎の様子を紹介しました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外猫、避妊手術に行く。 | トップ | 過去と現在の看板外猫。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。