Sera の本棚

感動した本のことや映画を見たり、コンサートへ行ったりした感想、高槻の写真など記録できたらいいなあと思います。

ポルトガル紀行13-コインブラ大学(世界遺産)

2016年12月13日 | 旅行

コインブラ大学を目指して歩いていたらかわいい女の子が物珍しそうに寄ってきたので写真を撮らせて頂きました。「ニーハオ」と言ってくるので中国人と間違っているようです。

大勢の子供たちが「ニーハオ」「ニーハオ」と言ってくるので「No,no,Japanese!」と言っても通じず「Japão(ハーポン)」これはポルトガルの方がそう仰っていたので真似したのですが発音が悪かったのか通じませんでした。「Nippon」と言っても通じないので、最後の切り札、PPAP「I have a pen、I have an apple、ummmm・・・」と言ったら子供たちが歌い出し大騒ぎになりました。噂通り、世界の子供たちが歌っているというのは本当だったんですね。先生にご迷惑かけたかと思いすぐに退散しました。これで日本人だとわかってくれたのかなぁ?

コインブラ大学の入り口は鉄の門と呼ばれています。それほど学業が厳しかったようです。

コインブラ大学は13世紀に設立されたポルトガル最古の大学で欧州屈指の名門国立大学だそうです。黒いマントを着たコインブラ大学の学生が集まって記念写真を撮っていました。後ろに写っているのはラテン回廊です

何か行事があったのでしょうか?

時計塔です。

コインブラ大学の1番の見所、ジョアニア図書館の入り口です。中は撮影禁止です。本が虫に食われないようにこうもりを飼っているとのことでした。

また子供たちがやって来ましたが離れておきました。社会見学か遠足か修学旅行か、何でしょうか?どこの国の子供たちかもわかりませんでした。

紅葉がきれいでした。

帽子の間です。

廊下もきれいです。

サン・ミゲル礼拝堂です。

2016-11-24(木) 撮影

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル紀行12-コイン... | トップ | ポルトガル紀行14ーコイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL