Sera の本棚

感動した本のことや映画を見たり、コンサートへ行ったりした感想、高槻の写真など記録できたらいいなあと思います。

ポルトガル紀行8-サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街観光2

2016年12月07日 | 旅行

街を歩いていたらステキな公園を見つけました。

公園で女子大生かな?輪になって歌を歌っていました。私が写真を撮ってもいいかと尋ねたらノリノリになって手拍子などして喜んでくれました。人懐っこいポルトガルの方に感謝です。歌はとっても上手で動画に撮りました。また別の日にご紹介しますね。

こちらのご婦人はアラメダ公園が好きで毎日男性を探して歩いていましたが、ご縁がなくて一生独身だったそうです。街の人に人気があり像になったそうです。

大聖堂がきれいに見えるアラメダ公園へ来ました。

ラボン(スペインの作家)の像、ここで大聖堂をよく眺めていたそうです。

サンティアゴ・デ・コンポステーラで一番狭い道です。

こちらはお店に展示してある香炉です。大聖堂にあるボタフメイロという巨大振り香炉の模型かな。大聖堂のは世界で最も大きな香炉の一つだそうです。私もテレビで振り香炉を見たことありますが、どうして振られているのか知りませんでした。皆さんはご存知ですか?

800kmを歩いて来られる方を想像してください。疲れ切って埃だらけで・・・そんな方たちが大勢大聖堂に揃われるとどうなるでしょう?その臭いを消す意味があるそうです。また、伝染病などの予防効果もあると信じられていたようです。

プラタ(銀)広場、星を掲げる女神の噴水があります。この星に導かれてヤコブ(スペイン語ではサンティアゴ)の遺体はこの場所に運ばれたそうです。

キンターナ広場、広場の東側はサン・パイオ・デ・アンテアルターレス修道院の建物です。

またまたポルトガルの方、右の男の子が目で合図してくれたので写真を撮らせて頂きました。良いご家族ですね。

2016-11-23(水) 撮影

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル紀行7ーサンティ... | トップ | ポルトガル紀行9-サンティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL