seraph☆RoseColor.diary

どこかに 立ち寄りたい時に…
ふらっとのぞいてみてください♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

良心...☆

2010-03-07 22:21:22 | Weblog

神が人に命じ

人が神に応える所に

「良心」がある



「良心」は人の神覚である



人を離れて 
人が独り 神と相対して立つ時に
「良心」がある

                       内村鑑三

軽井沢
石の教会 内村鑑三記念堂 http://www.stonechurch.jp/index_f.html

ふたつのJ
「わたしはふたつのJを愛する」
ふたつのJとはJesus(神)とJapan(日本)。
古来,日本には日常をとりまくすべてに神の存在があり
人はごく自然に祈りを捧げた。

「石の教会 内村鑑三記念堂」は
「日本人のための教会」でありたい。
再び,ふたつのJを結ぶために。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加島祥造...☆

2010-01-20 23:00:55 | Weblog
「読んでみたらいいと思う本があるよ」


サロンのお客様に薦められて


「求めない」加島祥造著を読んだのは
もう何年か前になるように思う


シンプルだけど奥の深いエッセイ本の中には
その頃の私の心に響くフレーズがたくさん載っていた







「求めない」本文より抜粋


求めない・・・
すると
いま在る自分をそのまま見はじめる


求めない・・・
すると
自分が貴いものと分かる
だって
求めない自分は
誰にも属さないから



求めない・・・
すると自分が
無意識にさがしていたものに気づく



求めない・・・
すると
自分にほんとに必要なものはなにか
分かってくる



求めない・・・
すると
自分のなかのものの方が
ずっと大切なんだ、と知る









求めないが43万部ロングセラーになって

次は
受け容れるへ...


生きるということに
正面から向き合っている人の言葉って


とっても潔い...






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個...☆

2009-12-30 01:03:49 | Weblog
ワンネスは、


限りなく個人の存在を放棄していく姿に他ならない。




ワンネスは、


個の存在を放棄して行く姿であり、



それは、つまり全体の存在を放棄する。



すり替えの定義だ。




気をつけなさい。







個が、その個として限りなく尊重されることが、




全体を対立のない世界に導いていく。




それが、個が個である素晴らしさだ。




対立を持たない、




しかし、個としての完全な存在という状態…。






                        

                         -引用文-








「私は私でしかない」

きっぱりと言ってのけた言葉が心に響いた



いいな…

私もそうありたい

心からそう想った




そこからはじまり


ほんの少しだけ 何かがわかり


またそこへ...還る



たくさんの経験


気付き


そして...


そこから ほんの少しだけ何かがわかる















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mixiマイミクの皆様 ☆MerryChristmas♪☆

2009-12-25 01:11:01 | Weblog


出逢いとご縁に心からの感謝を込めて…♪




「☆MerryChristmas☆!」to Myfriends ♪


 

http://www.youtube.com/watch?v=8NDk3uh5vBs&feature=related                        From sera♪






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞬間...☆

2009-12-16 00:12:12 | Weblog
それは…

すっと訪れた




何かに抱かれたような...



包まれたような...




それでいて

何かと溶け合ったような





圧倒的な穏やかさと



静寂と



安心の一時







何故

人として生きているのかが

わかるような瞬間






個を委ね無限の空間に繋がる瞬間...





個を手放しなつかしい感触へと帰りつくような...






そんな一瞬









アセンデッド・マスターたちがあなたのそばにいます。
そして彼らの手助けと愛があり、
そばにいることをあなたに知って欲しいと願っています。
アセンデッド・マスターたちをたびたび呼んでください。
特にあなたの周りで数字の3のパターンが見えたときはそうです。
よく知られたアセンデッド・マスターたちは、
イエス・モーゼ・マリア・観音・それにヨーガナンダなどがいます。

NO.333








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青不動明王 御開帳...☆

2009-11-19 21:23:00 | Weblog
~混迷の時代に光を~

青蓮院では、本院にて1144年の創建以来初めて
国宝「青不動明王二童子像」を御開帳いたします。

「青不動」は日本三大不動画の一つとして、極めて強いお力によって
平安時代から現在まで、篤く信仰されてまいりました。

不動明王は、宇宙のすべてを司る大日如来の使者として登場し
やがて衆生を救うために問度忿怒の姿であらわれました。

青不動は、国家の安泰や皇室の安泰を祈願することが目的で
絵仏師によって精魂こめて描かれた礼拝画像であります。


青蓮院での青不動ご開帳は創建以来初めてで、
過去には1970年の「大阪万博」と1986年の奈良国立博物館「平安仏画展」、
1997年「比叡山・高野山名宝展」の3度しか公開されておりません。


これまでにも数多くの展覧会、国宝展からの出展依頼がございましたが、
長年お断りしてまいりました。青不動明王像は国宝の中でも、
非常に重要度の高い国宝で、美術品としても大変優れたものであり、
歴史的にも大変貴重なものでございます。

しかし、青不動は信仰の対象としての礼拝画像であり、
飾られるだけのものにはしたくない、という意図のもと、
これまでそういった展覧会への出展を避けてきました。

道徳心の荒廃が顕著になった現代、辛い事件があまりにも多すぎます。
この混迷の世の中で、青不動の強いお力をいただいて、
いろいろな問題を少しでも良い方向に導いていただきたいと考え、
ご開帳を行うことにいたしました。



開催期間
2009年 9月18日(金)~12月14日(月)
※ただし、11月7日(土)は17時まで。
開催時間
18:00~22:00(21:30受付終了)
※昼夜入れ替え制となっております。

青蓮院門跡の地図はこちら
http://www.shorenin.com/gokaicho/         

開催概要
主催 青蓮院門跡








去年も
雪がちらつく寒い季節に青蓮院を訪れた




今年は青不動明王の御開帳、夜間の庭園ライトアップという
絶好のタイミングで京都のこの寺院を訪れることができた





仏画「青不動明王二童子像」の前では
ただただ圧倒され祈る言葉など想いも浮かばない




真っ暗な庭園に灯る青い光...




一人そこに目を向けてじっと見つめているだけで
何かが洗い流されて行くような...











天台宗 青蓮院門跡

三千院、妙法院と並んで
天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くより知られる門跡寺院





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

STARS...☆

2009-11-09 12:23:23 | Weblog
一つの真実に

瞳を閉じてしまいたい

明日になれば

今日とは違う星がきっと輝くはず







いつかは未来

最後の奇跡の中で
光と闇に抱かれて
心の空に
かすかな夢を見つける







手に触れられないと

存在しないような

あきらめかたをしてしまうけど

遠い光 消えやしない






新たな未来

つないだ奇跡の中で
光と闇に抱かれて
心の空に 心の空に
確かな夢を見つける




                     





                                  詩 秋元康


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明るい世界に☆

2009-11-01 23:23:03 | Weblog
-明るい世界にー


いろんな事が起こっても


明るい世界に チューニングを


合わせていこうと思います・・・☆

   

絵・メッセージ 加東和
   
 



加東 和  

HP   http://kato.kinbyoubu.com/index.htm
ブログ http://yaplog.jp/nagomu_kato/
動画  http://www.youtube.com/watch?v=_qtlJkrV-_4


私は目には見えない世界を目に見えるように表現する画家です。
毎日新しい作品を描き、自分のブログに掲載しています。
現在は日本国内で展覧会とライブペインティングを中心に活動しています。

下書き無しの一発勝負!即興で絵を描くライブペインティングは
私にとっての最良の表現です


龍 鳳凰 女神 満開の桜 その他たくさん

鮮やかな色と生命力あふれる線で表現しています。
私は生命力に溢れる線を描くために、下書きをしないで
一気に腕を動かし音楽に合わせ まるで踊るように 描いていきます。
活き活きとした鮮やかな色で表現するために私は直感を大切にしています。
これらのことを行うためには日常の意識を広げ 
別の領域に意識を移動することが大切であるということを、
私はたくさんの絵を描く過程で学び取りました。
私の言う目には見えない世界とは物理的世界の外側にある 
意識の領域の世界です。

通常は目には見えない意識の世界を
目に見えるように表現することが私の仕事です。



作品展
2001年から全国のデパ-トなどで作品展を開催しています。
上大岡京急百貨店・千葉そごう・新宿伊勢丹・新宿タカシマヤ・銀座松屋
渋谷ロフト・池袋ロフト・神戸ロフト・広島福屋
沖縄市グローバルギャラリーなど多数

ライブペインティング
1996年「伊勢神宮内宮鎮座2000年を祝う音楽祭」
2002年「東京・JR新橋駅前SL広場SLライブ・ぺインティング」
2003年NHK「いっと6けん」生放送でライブ・ペインティング
2004年中国・内蒙古自治区モンゴル高原
2007年東京国際フォ-ラム「フォーラム・ア-ト・ショップ」
2008年アメリカ・サン・アントニオ市
     Nothwest Hills Chistian Schhool
第25回 全国都市緑化ぐんまフェア
花と緑のシンフォニーぐんま2008


広告・ディスプレイ
1991・1994年葛西臨海水族園内ディスプレイ用フラッグ制作
1992年日本マクドナルド年賀状オブジェ制作
1995年西武百貨店「冬ギフト」ポスタ-イラスト制作
1997年読売新聞正月広告オブジェ制作
1999年テレビ東京12時間ドラマ「赤穂浪士」ポスタ-文字制作
     NHK・BSオ-ストラリア特番中継車イラスト原画制作
2001年「TUMI」ショップ全世界ウィンドウ・デイスプレイ
   俳優座創立55周年記念作品「伊能忠敬」タイトル文字制作
2003年TV東京「壬生義史伝」ポスタ-題字制作
2007年有楽町「むらからまちから館」店内壁画制作

著書
 「誰でもつかいきれない宝の山を持って生まれて来た」
     ㈱竹書房・刊


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前に...☆

2009-10-31 01:00:23 | Weblog
悲しみの向こう岸に
微笑みがあるというよ







苦しみのつきた場所に
幸せが待つというよ






雨雲がきれたなら
濡れた道輝く







闇だけがおしえてくれる


強い強い光


強く前へ進め...




                            


                          K-Only Human       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りんどう...☆

2009-10-22 23:46:55 | Weblog
久しぶりの休日


お掃除

洗濯

衣替え


スッキリささっと済ませた後に

海まで車を走らせた






近くの海岸

秋の海...

お天気がいい日には

まだ潮風が暖かい






帰りに寄ったマーケットで

久しぶりに


一目ぼれ…



いつもなら
ただ通り過ぎてしまうお花屋さんなのに
吸い寄せられるように
私はその花の鉢の前で立ち止まってしまった





りんどう...


これ りんどう?


完全に一目ぼれ








今年はベランダ菜園もできなかったし
お花も植えなかったから...


たまにはいいかも♪と
衝動買い…笑








リンドウ(竜胆)


リンドウは、日本にも古来より自生しているリンドウ科、
リンドウ属の多年草。


青紫色が印象的なリンドウのお花は、
開いた時が特に色鮮やかで美しいのですが、
お日様が当たらない曇や雨の日、そして夜になると、
眠るようにその花を閉じてしまいます。
そのうえ中には、閉じたままずっと開かない種類まであるのだそう。



リンドウは根が薬用となり、
胃の生薬として漢方薬の調合にもよく用いられています。



漢字で竜胆と書くのは、苦いことで有名な熊の胆よりさらに苦い、
龍の肝くらい苦い・・という事からきているそうで、
漢方薬の「りゅうたん」がなまって、リンドウになったのだといいます。



真っ黒で本当に苦い熊の胆より更に苦い、
龍の肝を実際に舐めた人がいるとは思えませんが、
それぐらい本当に苦いのでしょうね。


良薬口に苦しとはまさにこの事です。




リンドウの薬効にまつわるお話は、日本にも伝えられています。

修験道の開祖、役小角(えんのおづの)が、日光の山奥を歩いていると、
うさぎが一匹、雪の中から掘り起こしたリンドウを舐めているのに出会います。

そのうさぎは、あるじが病気なのでリンドウを求めにやってきたのだと
言い残すと、あっという間に走り去ってしまいました。

役小角はリンドウを持ち帰り、病人に飲ませてみると、
素晴らしい効き目をあらわしたため、
先のうさぎは日光の二荒(ふたら)の神様のお告げだったに違いないと悟り、
以後、リンドウは日光の霊草となったというお話です。








ONE HEART



I'll be there...























コメント
この記事をはてなブックマークに追加