この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

こちらもハンドメイド。

2011-02-12 23:27:05 | 折り紙・ペーパークラフト
 こちらもハンドメイドです。
 が、こっちは自分が作りましたよ。


  


  


 連鶴で正八面体を作ってみました。
 正確には正八面体の一辺を折り鶴で作った、ってことですけど。

 シンプルな作品ですが、それだけにこの形にたどり着くのは苦労しました。
 そんなに難しい作品ではないので、何かしら連鶴を作ったことがある人なら誰でも作れるはず、、、ってそんな人、いないか。笑。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« りさいくる♪ | トップ | 返信の来ない一通のメール。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (HERO)
2012-03-31 19:29:32
なんと!この立体の連鶴を手掛けた人が私以外にもいたとは!!!驚きです。

正三角形に鶴をつなげる時に用紙を菱形にすればば容易に設計が可能ですが、それでは連鶴の設計の醍醐味が失われると私は考えます。

ちなみに、正十二面体と正二十面体の連鶴(どちらも菱形ではない)は裁ち方図のみ完成しているので今度私のブログに載せる予定です。どうぞいらっしゃって下さい^^
初めまして! (せぷ)
2012-04-01 13:43:40
初めまして、HEROさん!!

正直なところ自分は最近連鶴に対して情熱を持てないでいるのですが、若い人が連鶴に興味を持ってくれることはとても嬉しく思います。
っていうか、こうやって刺激し合える相手がいるのであれば、もう一回連鶴を頑張ってみようかな?

>なんと!この立体の連鶴を手掛けた人が私以外にもいたとは!!!驚きです。
立体の連鶴を考えつく人は案外いるものですよ。
一番有名なのはこの人かなぁ…。

http://www.origamihara.com/2005_website_007.htm

連鶴は軽く国境を越えるものなのだと感動すら覚えます。

>正三角形に鶴をつなげる時に用紙を菱形にすればば容易に設計が可能ですが、
うん???
本文の連鶴は、菱形を用いてはないですよ?
通常の折り鶴です。
何か勘違いをされてるのかな?
次の記事は菱鶴ですが。

http://blog.goo.ne.jp/sepurainnole/e/5dde0c7422db77d762aaa0f285cd7254

HEROさんのブログには今夜でも遊びに行かせてもらいますね。
以後、よろしくお願いします。
Unknown (HIRO)
2012-04-02 16:01:42
名前間違えてました・・・すいません^^;HIROです。

>立体の連鶴を考えつく人は案外いるものですよ。
あ~やっぱ考える人はかなりいるんですね・・・しかし!今設計している物は誰にも想像がつかない物・・・のはず!w

>本文の連鶴は、菱形を用いてはないですよ?
確かにこの連鶴は正方形からでしたね。勘違いだったようです。

この「今設計している物」は夏の「第6回JOAS創作折り紙コンテスト」に投稿する予定なので、できるか分かりませんがご期待下さい^^
あはは。 (せぷ)
2012-04-03 20:53:01
>名前間違えてました・・・すいません^^;HIROです。
あはは、初コメントでHNを間違えちゃダメじゃないですか。
と言いつつ、自分も似たようなうっかりはしょっちゅうですけれど。

>しかし!今設計している物は誰にも想像がつかない物・・・のはず!w
お!?大きく出ましたね。笑。
でもその大言は自分には好ましいです。
今から完成が待ち遠しいです。
応援しています。
もし何かアドヴァイスを欲するようなことがあれば遠慮なく言ってくださいね。

コメントを投稿

折り紙・ペーパークラフト」カテゴリの最新記事