この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

宇宙戦争。

2005-07-01 23:15:40 | 新作映画
スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演『宇宙戦争』を観てきました。
映画の日に観に行ったので案外お客さんが多くて、
この貧乏人どもが!!
って思いました。(←お前もな!)

『宇宙戦争』、思っていた以上によかったです。
この手の宇宙人侵略物ってストーリー自体にはさほど意外性はないですよね。
だって「全人類は宇宙人の家畜になってしまいました、終わり」だと意外性はあっても観終わったあとのカタルシスが皆無ですから。笑。
『インディペンデンス・ディ』にしろ、『マーズ・アタック』にしろ、さらには古くはジョージ・パル版『宇宙戦争』にしろ、結局は完全無欠絶対無敵に見えた宇宙人が実は○○に弱かった、というオチです。
つまりストーリーそのものを取り立ててみてもつまらない。
でも、だからこそ演出の腕が問われるわけで、その点でいうと今回の『宇宙戦争』は本当にスゴイ!
逃げ回るトムの周りで宇宙人のメカが発した怪光線によって人間の身体が雲散霧消!
スピルバーグの遠慮のない残虐描写に拍手したいほどでした。
前作『ターミナル』を観て、なんじゃこりゃ?と思いましたが見直しました。
以後彼には一切ストーリーを追わず、こういった娯楽作品のみ提供して欲しいものです。

主演のトム・クルーズもよかったです。
大体二枚目俳優が二枚目の役柄を演じてもつまんないじゃないですか。底が浅いというか。
今回トムが演じるのはダメ親父。笑。
何しろ久しぶりに会った息子とコミュニケーションを計る手段がキャッチボール(!)なのですから、そのダメっぷりがうかがえるというもの。
そのダメ親父が圧倒的な破壊力を持った敵からただひたすら逃げ回る!!
たまに反撃っぽいこともしないではないですが、基本的な戦略は逃げあるのみ。いっそ潔いです。

それなりに満足した『宇宙戦争』なのですが、いくつか疑問が。
トムが最初逃げ出すのに使ったあの自動車、なんであの自動車だけ動いたんでしたっけ。
何か理由を説明していたようなんですけど、吹き替え版だったのでよく聞き取れませんでした。
それからこれは言っても詮無いことですが、タイトルそのものに偽りありと思いました。
全然『宇宙“戦争”』じゃないし。
だって一方的に人類は虐殺されてるだけだし。
いや、最後に反撃したから“戦争”でいいのか?
でもあれも宇宙人が勝手にすっ転んだだけ、って感じだったけど。笑。

というわけで夏の大作映画(プラスワン)祭りが終了しました。
個人的な評価は『ダニー・ザ・ドッグ』>『宇宙戦争』>『スターウォーズ エピソード3』>『バットマン・ビギンズ』といったところです。
でもこの順番で評価している人ってたぶん少ないと思います。笑。
コメント (25)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 約束。 | トップ | 死神の精度、その2。 »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自動車について (starless)
2005-07-02 14:39:12
トムが落雷のあと町の様子を見に行ったとき、知り合いの自動車修理屋の前を通ったとき。

「おい、見てくれ。すっかり焼き切れてるぞ」(修理屋)

「コイルを交換しろ」(トム)

「やっぱりコイルだよな」(修理屋)

たしかこんな会話がありました。

つまりトムはこの車が修理を終えて動くようになっていることを知っていたのでは?



> 全然『宇宙“戦争”』じゃないし。



人類だけではなく地球全体を一つの世界と考えて、地球陣営の一番下等な微生物の活躍で、地球世界が勝利を得た、と考えるしかないでしょうか。

こちらからもTBさせていただきます。

ちなみに私は「ガッカリ派」です(涙)。
トライポッドは秀逸 (たましょく)
2005-07-02 18:24:26
 TBありがとうございますm(_ _)m



 オリジナルはチェックしておらず、SF映画とゆー

先入観だけを強く持ち観に行ってしまいました。



 前半~中盤にかけての侵略と逃亡劇は良かった!さ

すが、スピルバーグ!と。「この後、どーなるの!?」

と手に汗握っていたんですケドね~。



 登場人物たちが世界の状況について少し語っている

シーンがあるのみで、あとはずーとレイ視点で描かれ

ていた点からも「戦争」とは言えない作品でしたね。



 あのオチは…どーにも消化不良です;;
そういえば! (せぷ)
2005-07-02 18:26:35
そういえば、そういう会話、していましたね!

うっかり失念していました。

でもあれだけの激しい落雷で、故障箇所がコイルだけ、っていうのも信じられない話ですよね。笑。



自分は『宇宙戦争』、ストーリー的には元々まったく期待していなかったので、トムが走っている最中、周りの人間が怪光線で次々と灰(?)になるシーンを観て、それだけでオッケーサインを出してしまいました。笑。
TBありがとうございました (ミチ)
2005-07-02 19:49:10
こんにちは。

トムの強運にはビックリです!

まぁ主役だから当たり前なんだけど、彼の周りの人はほとんどあの光線でやられてましたよね~。



ラストは忠実なリメイクってことであんなものでしょうかねぇ?
あ。 (せぷ)
2005-07-02 19:58:31
あ、時間差でたましょくさんのコメントが!

上の自分のコメントはstarlessさんに対してのものです。

わかりにくくてすいません。



確かにたましょくさんの言う通り、『宇宙戦争』のオチはひどいといえばひどいですよね。

何万年前から計画しといて、そんなことも調べてなかったんかい!ってツッコミたくなります。

しかし、あれ以外のオチをひねり出そうとしても、仮に人類がレジスタンス活動によって宇宙人たちを撃退した!みたいな結末だったら自分的にはもっと納得できないものになっていたので、まぁいっか、って思いました。笑。



あ。 (せぷ)
2005-07-02 20:05:43
あ、時間差でまたまたミチさんのコメントが!

上のコメントはたましょくさんに対するものです。

のんびりコメントしてるんじゃない、って感じです。笑。



トム以上に強運だと思ったのがなんといってもトムジュニアのロビー少年ですね。

あの戦火の中に突っ込んでいってなお生き残るんかい!って思ってしまいました。笑。
人体雲散霧消! (佐音)
2005-07-03 08:52:16
人間の身体が雲散霧消して服だけがひらひら。残酷感がない。まぁ、迫力不足。どっかで見たな……と思ったのは平成魔界転生の魔界衆の消え方ですね。北斗の拳のアニメがルーツかな。

 トライポッドが人間ジュースを撒いているのはえげつなかったですねぇ。あれはOKということなんですね。
Unknown (yshimo)
2005-07-03 09:13:07
TBありがとうございます。



#宇宙戦争>スターウォーズ エピソード3

私も2作品観ましたが、確かに私の評価は逆ですね。

スターウォーズ エピソード3>宇宙戦争
宇宙戦争☆ (ジョジョ)
2005-07-03 15:36:26
チャオ!

トラックバックありがとうございます。

宇宙戦争、前半・中盤と迫力があって良かったです。

宇宙人の乗ってた機械が地面に埋めてあったってのが気になりました。

埋めてあったら気づくと思うんだけど・・・。

でも、面白かったのでよしとします。

チャオ!
コメント、感謝です。 (せぷ)
2005-07-03 21:59:13
佐音さん、yshimoさん、ジョジョさん、コメントありがとうございます。



なるほど、確かに佐音さんのいうとおり、あれは北斗の拳のアニメにそっくりですね。笑。

ホラー映画を観に行ってあの程度の描写では物足りないですが、まぁスピルバーグの映画ですから、自分としては充分満足しました。

元々スピルバーグに対するハードルがすごく低いんです。笑。



『宇宙戦争』と『スターウォーズ』に対する評価の差は微妙で、点数的には65点と60点ぐらいで、その日の気分によって順位が違ってきます。

まぁ『宇宙戦争』の方を後で観たから印象に残っていた、という理由も大きいかもしれません。

アバウトですみません。笑。



ジョジョさん、チャオです。笑。

今年の夏の大作映画、純粋にシナリオだけ見た場合、どれも及第点を与えることは自分としては出来ません。

どの作品もツッコミどころがありすぎて、これってツッコンでいいの?それとも野暮ってもの?と考えてしまいました。笑。

少しは『バタフライ・エフェクト』のシナリオを見習え!っていいたいです。(あの作品は完璧でないにしても完璧を目指そうとする心意気はあったので。)
Unknown (うしーた)
2005-07-04 12:41:44
遅ればせながら、ご訪問いただきありがとうございました。

よろしければこちらもトラックバックさせてくださいね。
よろしくお願いします。 (せぷ)
2005-07-04 21:24:29
うしーたさん、コメント、ありがとうございます。

基本的にtbは大歓迎なので、これからもよろしくお願いします。
はじめまして (にら)
2005-07-10 20:17:38
ツッコミどころもひっくるめて、楽しまれたようでなによりです。



ツッコミがいのある疑問点がありましたら、コメント残していただければ幸いです(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。

はじめまして。 (せぷ)
2005-07-10 20:58:07
はじめまして、にらさん。

にらさんのブログは拝見させてもらいました。

解説がユーモアがあって面白かったです。

ただ『宇宙戦争』に関してはあまり突っ込もう、という気になりません。

何となく、突っ込みどころは目を逸らす!って感じです。

あぁ、そういえば一つだけどうしても疑問に思うことがありました。

トム・クルーズはケイティ・ホームズのどこに惹かれたのでしょうか。

それがどーしてもわかりません、、、って『宇宙戦争』とは関係なかったですね。笑。
コメント (にら)
2005-07-11 03:35:29
ありがとうございました。



トム&ケイティーについても、そのうち回答しておきます(笑)。
こちらこそ。 (せぷ)
2005-07-11 20:53:23
こちらこそ企画に参加できて楽しかったです。

また面白い企画を考えてくださいね。
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2005-07-17 10:58:35
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>スピルバーグの遠慮のない残虐描写に拍手したいほどでした。



んんーっ、ただ相手が人間だった「プライベート・ライアン」と違って、相手が何が何だか解らない宇宙人のうえ、9.11を重ねた割に、そこでの重みが中途半端に思えました。それだけに本作のスピルバーグのヒューマニズムがウザったく思えて仕方ありませんでした。
コメント、感謝です。 (せぷ)
2005-07-18 00:04:21
でんでんさん、コメント、感謝です。

おそらくでんでんさんは、かなり期待されて『宇宙戦争』を観に行かれたのではないでしょうか。

点数的に言うと80点以上つけられるような?

それに比べ自分は元々スピルバーグに課したハードルが低かったんです。

観に行った理由も話題作だからというもので、ほとんど期待していませんでした。

ですから同じ60点の評価でも80点を期待して観た場合と40点だろうと予測して観た場合では自ずとレビューの姿勢も違うのだと思います。



でんでんさんのいわれるとおり、スピルバーグは(定義はさておき)人間を描くのも家族を描くのも下手くそだと思います。

おそらくスピルバーグは対人的な経験が豊富ではないのだろうと自分は勝手に思っています。
TB受け取って♪ (小夏)
2005-08-02 08:28:39
遅れ馳せながら観て参りましたよ。

映画市場の噂に反して楽しんできました。

トライポッドがめっちゃ怖かったですよ~(泣)。

一番最初に登場してきた時は泣きそうになりました。

マジです。
ガシッと受け取ります! (せぷ)
2005-08-02 21:11:12
TB、がしっと受け取ります!

受け取ってもちろん返させてもらいます!

もらうのですが、、、ここだけの話ですが、もうブログ、終わりにしようかと思っています。(閉鎖にするか、更新停止にするかは決めてないですけど。)

だってもうこのブログに来てコメントしてくれるのって寂しい話ですけど実質小夏さんだけになっちゃいましたしね。

小夏さんとお話するだけなら自分が小夏さんのブログに赴けばいいだけのことですから。



というわけでブログ終了記念ってことで最後まで見捨てずにいてくれた小夏さんのために一つ小説を書き下ろしましょう。

しかしながら一つだけ条件が!(自分から提案しといて条件を出すんかい!)

条件っていうのは本サイトの小説『空のない街』を読んでね♪ってことです。

ちょっと長いけど、よければお願いします。

(もちろん全然急ぎませんから。)

http://www.h5.dion.ne.jp/~yaneura/soramoku.htm

書き下ろし小説をどういったお話にするかは、まぁぼちぼち決めていきましょう。

もし小夏さんがホラーが苦手だったら、ホラーっぽいお話にしても仕方ないですしね。



っていうか、このコメント、小夏さん目を通してくれるかな~。
「本気」と書いて「マジ」と呼ぶ (小夏)
2005-08-03 12:46:25
って、嘘でしょう!?(エイプリルフールじゃないし・・・)

ひょっとして、万が一つでも本気だったりするのかな?





日々更新を心掛けてるせぷさんのことだから、ちょっとお疲れになったのではないでしょうか。

無理はせずマイペース。ブログを継続する秘訣だと思います。お疲れだったら「更新停止」でもよろしいのでは?「閉鎖」の二文字はあまりに寂しいです。



ただ、これだけは言っておかないとっ!

コメントが私だけってことは絶対ありません!(←強調)

そんなこと言っちゃったら、今日もせぷさんの事を心配して訪問して下さった方に申し訳ないですよ。



「空のない街」はもちろん喜んで拝読させて頂きます。ぼちぼち行きますので感想は暫しお待ちを♪
リメイクですので… (よろ川長TOM)
2005-08-03 13:00:43
こんにちわ!たしか一度何かのトラバでおじゃましたような…

今回は小夏さんの所から跳んで参りました。

んでもって、トラバもさせていただきました。



かなりケチョンケチョンなこの作品ですが、あのオチもタイトルも、すべて旧作に忠実なリメイクならではであります。

たしかにもっと21世紀風にアレンジし直すべきだと思ったのも事実なんですけど…



同じオチでも、友人がいみじくも語ったのは「エイズを原因にすればよかったんや。人間を食料にしてたみたいやし、血液も採ってたみたいやから」

コレ、なかなかよろしおまっしゃろ?
ご心配をおかけました。 (せぷ)
2005-08-03 21:16:06
昨日の時点ではもちろん本気だったのですが、だからこそ細かい条件をつけさせてもらったんですけど、今日になって多少事情も変わって、もう少し頑張ってみようかな、っていう気になりました。

何より上のコメントって、読みようによっては、止めるかどうかを小夏さんに一任するようにも読み取れますからね。

客観的にいって感心しません。

というわけで上に書いてあるブログを止める云々は破棄させてください。

ご心配をおかけしました。

ただ『空のない街』を読んだ暁には書き下ろし小説を一つ、っていう約束はいきてると思って結構です。(といってもそんなに深く考えないでくださいね。そもそも小夏さんのリクエストに100%答えられる技量は持ち合わせてないので。笑。)



よろ川長TOMさん、ご無沙汰しています。

TBありがとうございます。

早速TB、返させていただきますね。

『宇宙戦争』、よろ川長TOMさんにとってはケチョンケチョンなんですね。笑。

宇宙人の絶滅の原因がエイズ、っていうのはなかなか面白いですね。

でももっと画期的なアイディアがありますよ!

それは何かというと乗り物酔い。

地球人を威圧するべく三本脚の乗り物を作ったはいいが、想像以上に揺れが激しく、乗り続けているとやがて胃の中のものを全て吐き出してしまい、やがては命さえ落とす羽目に・・・、つまり最後のシーンでドバーッと流れ出てきたのは宇宙人のゲロってことになります。笑。

その場合、宇宙人が絶滅した原因はゲロ袋を用意してなかった、もしくは美人のバスガイド(正確にはトライポットガイド)がいなかったから、、、っていうのはどうでしょう?
あ、ケチョン×2は私ではなく。 (よろ川長TOM)
2005-08-04 09:15:41
トラバ返し&コメントありがとうございました!

あのう、書き方が悪かったんですが、私はこの映画けっこう楽しんだのです。特撮怪獣(怪物)映画としてですけど。



ケチョン×2なのは私にトラバしてくださった世間様のご意見の多くで、むしろ私の方がおどろいたほど。

ラストの液体に関してもかなりの方が不快感をもたれたようですが、やはり全体的にシナリオの練り不足だと思います。



しかし最後まで私も意味を見いだせなかったのがあの赤い植物なんですが…

最近はなかなか“科学的な”SFがなくて残念です。
読み間違えてすいません♪ (せぷ)
2005-08-04 22:02:45
そうですか、よろ川長TOMさんにはケチョンケチョンな作品ではなかったんですね。笑。



科学的なSF作品、、、劇場公開映画ではちょっと思いつかないんですが、テレビシリーズでもよければビデオ化されたばかりの『スターゲイトSG-1』はかなりSF考証がされているらしいですよ。

エピソードを紹介すると、“機械を食いつくして自己増殖するナノマシーン”や“ブラックホールの近傍では時間の進行が遅くなる現象”など、どうですか、よろ川長TOMさんの食指が動くのでは?

自分は今度の週末にでも借りてみようかと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
宇宙戦争 (Akira\'s VOICE)
宇宙人がやってきた! ひ~ふ~み~,うわっ,よ~けおる!
宇宙戦争 (sailor\'s tale)
スター・ウォーズ エピソード3と並ぶ、この夏最大の話題作。スピルバーグ監督を中心としたおなじみの製作スタッフに、主演はトム・クルーズとダコタ・ファニング。まさ
「 宇宙戦争 」 (MoonDreamWorks)
監督 : トニー・スコット 製作 : キャスリーン・ケネディ主演 : トム・クルーズ / ダコタ・ファニング /      / ジャスティン・チャットウィン / ティム・ロビンス /公式HP:http://www.uchu-sensou.jp/top.html 宇宙戦争 全米をはじめ、フランス...
『宇宙戦争』鑑賞記 (批評とマーケティング)
ふつうエンドロールになるとおもむろに席を立つのだけれど、 今回はそうできなかった
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 114分 (極私的映画論+α)
 アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風
宇宙戦争 (Extremelife)
スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズが「マイノリティ・リポート」に続いてコンビを組み、H・G・ウェルズの同名原作をジョージ・パル版(1953年)に続き再映画化したSFスペクタクル超大作。異星人による地球への侵略と壮絶な破壊、さらには思いもよらぬ事態に...
宇宙戦争・・・S・スピルバーグ監督 (ぷち てんてん)
☆宇宙戦争☆(2005)スティーヴン・スピルバーグ監督トム・クルーズ・・・・・・・・・・・・・レイ・フェリエダコタ・ファニング・・・・・・・・・・・レイチェル・フェリエジャスティン・チャットウィン・・・・・・ロビー・フェリエティム・ロビンスストーリー公式HP...
宇宙戦争 (何を書くんだろー)
「宇宙戦争」 評価 ★★★★☆ (おまけで4つ)  主人公レイ(トム・クルーズ)は、出産を控えた妻を実家へと送り出し、二人の子供レイチェル (ダコタ・ファニング)とロビーの面倒を見ることに。息子ロビーは、まったくレイになついておらず キャッチボ...
宇宙戦争 (毎週水曜日にMOVIE!)
また水曜日が雨だ。昨日の36度に出かけるよりマシだけど・・そして初日となる「宇宙戦争」を観てきたところである。初日っていろいろプレゼントをもらえるとは聞いていたが、宇宙戦争のロゴ入りの赤いポンチョをもらった。どうするんだろうこれ・・ とにかく、怖かっ
あんなに頑張ったのに。 (一路平安。)
おとーさんは切ないね。 おかーさんには勝てないのね。 ちょーっと切なくなっちゃったりして。 トム・クルーズ演ずるレイ・フェリアーの苦笑い。 (どーでもいいけど、つい「フェアリー」って読んじゃう。) 「宇宙戦争」。 または「家族の絆」。 え?...
宇宙戦争 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日はこの作品のために代休をとりました。 せっかくなのでこれ以外にも2本鑑賞してきました   それでは、本日1本目は「宇宙戦争」です。   平日の朝一だというのにピカデリー 名古屋は結構入ってました。さすがこの夏の超大作   さてさて、感想が難し
映画「宇宙戦争」 (ミチの雑記帳)
映画「宇宙戦争」 ★★★★☆   今日は水曜日だけど初日! 映画を初日に見るって楽しい! この作品はスピルバーグ、トム・クルーズ両雄そろい踏みながら、B級映画の匂いプンプンの予感がしていた。 あまり期待していなかったのが良かったのか、結構楽しめた!! 親子の絆
スピルバーグ老いたり! 「宇宙戦争」 (平気の平左)
宇宙戦争 評価:40点 えー、こういうファンがたくさんいる巨匠の映画に対して批判的なことを書くのは、コメント欄が荒れそうで、不安なんですが・・・ しかし、ここは弱小個人ブログ、「言いたいことも言えないでどうする?」ということで、思うがままに書いていきたい
宇宙戦争(2005) (ももママの心のblog)
H.G.ウェルズの原作を、トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督でリメイク。異星人の地球侵略を大スペクタクルで描く。{/roket/} 2005年 アメリカ、SF サスペンス 2005年6月29日 川崎チネチッタ 監督 スティーブン・スピルバーグ 原作 H.G.ウェルズ 出演 トム・クルーズ
宇宙戦争 (のんびりぐ~)
作品:宇宙戦争/WAR OF THE WORLDS 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン 公開:2005年 アメリカ 映画館 宇宙戦争/WAR OF THE WORLDS 彼らは、すでに地球(ここ)にいる 地
宇宙戦争(05) (英亭*映画日誌*)
この緊迫感・緊張感・恐怖感・切迫感は見事だ。親子の絆を描いている物のやはり基本は53年版と同じ。小説は読んでませんが、53年版の良い部分を踏襲し、現代に合わせた脚本はなかなか見事。(総合:★★★☆/緊迫感:★★★★) 2005.06.29,Wed 18:50 長野東宝グランド1 2
宇宙戦争 (Imagination From The Other Side)
1898年にH.G.ウェルズが発表したSF小説の金字塔「宇宙戦争」を映画化した1953年版をリメイクした作品。 主演は「ラストサムライ」「コラテラル」のトム・クルーズ。 共演に「マイ・ボディガード」「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」のダコタ・ファニング、「...
宇宙戦争(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーブン・スピルバーグ【出演】トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ミランダ・オットー/ジャスティン・チャットウィン【公開日】2005/6.29【製作】アメリカ【ストーリー】雲ひとつ無い晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に突如とし
宇宙戦争 \"War of the Worlds\" (A Moviegoer in Fukuoka)
【T-ジョイ久留米】 何だか感想をまとめにくい作品ですが、はっきり言えるのは特殊効果や音響による迫力、臨場感が只事じゃなく凄まじいということ。僕が観たのは最新設備のシネコンだったこともあって、トライポッドが機械的とも動物的ともつかない咆哮をあげたり、ビー
宇宙戦争 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「宇宙戦争」の感想です
宇宙戦争 感動なくとも映像は最高(少しネタバレアリ) (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:宇宙戦争(原題:War of the Worlds)/パラマウント ※原作本:1898年初版H・G・ウェルズ,角川書店261p 540円など ジャンル:空想科学小説の映画化/2005年/117分 映画館:(京都府)福知山スカラ座(140席) 鑑賞日時:2005年7月1日(金),18:50~ 40人 私の満足度:70%
水鉄砲くらい何だ!「宇宙戦争」を観る(少々ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日はスピルバーグの「宇宙戦争」を観てきた。そもそもは昨日の飲み会(五週連続!
「宇宙戦争」見て来たよ~☆ (lifeisjourney.)
こんにちは(^^朝一番で、映画館へ行って参りました本日公開の「宇宙戦争」!!映画館のマイルが貯まっていたので、プレミアムスクリーンでポップコーン付きという至れり尽くせりの状況でしたが怖くって、怖くって・・・・食べるどころじゃない!!何度心臓を「ギュー」...
宇宙戦争 - war of the worlds (PCと映画とテレビと、)
2005年6月公開 米国、監督:スティーブン・スピルバーグ、出演:トム・クルーズ、ダコダ・ファニングSFの古典をスピルバーグ、トム・クルーズのタッグでリメーク。 全世界同時公開の今日6/29、カミさんと観に行った...
宇宙戦争 (It\'s a Wonderful Life)
まず始めに、正月映画「キングコング」めちゃくちゃ面白そう! そしてピータ・ジャクソン監督!えらく痩せててびっくり! 「キングコング」の予告が冒頭に流れるんですよ! ジャクソン監督まさかCGで痩せたのか! えーこのブログの感想は基本的にネタバレして...
宇宙戦争 (そーれりぽーと)
監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズ。この組み合わせは「マイノリティー・リポート」に続く2度目ですが、今回は対「エピソード3」という構図も有って意気込みが半端ではない感じ。 という事で、私的にこの夏一番の期待作「宇宙戦争」が封切られたので早速
宇宙戦争 (うぞきあ の場)
視点 ・ 1人称(レイの視点)で描かれている。 ・ だから、アメリカ以外のシーンは出てこない。 ・ ID4のように、有名な建物の破壊シーンもない。 ・ 宇宙で戦争はしていない。 ・ 戦争映画でもない。 ・ 家族愛を描いたドラマである。 ・ 前作のような火星人は
「宇宙戦争」を見て (らいふ いず あーと)
本日公開の「宇宙戦争」を見に行ってきた。少しネタバレがあるかもしれないので、あしからずご了承を。この作品は、SFの巨匠、H・G・ウェルズの同名小説を「未知との遭遇」、「ET」などで知られるスティーブン・スピルバーグ監督が映画化したもの。<ストーリー>アメ...
宇宙戦争 (リンリン映画倶楽部)
タイトル:WAR OF THE WORLDS 製作  :2003年 監督  :Steven Spielberg 出演  :Tom Cruise、Dakota Fanning、Tim Robbins H・G・ウェルズ原作の53年に映画化した作品をスピルバーグがリメイクした。 観終わった後に他人の評価を調べてみたら、かなり酷評が多い。.
宇宙戦争 (利用価値のない日々の雑学)
最初に申し上げるが、この作品はH・G・ウエルズの「宇宙戦争」ではなく、スピルバーグ監督の映画作品\"War of the worlds\"である。という書き出しで、実は映画鑑賞以前からこのブログで始めようと思っていたのだが、当初とは少し違う意味であるが、まずはこの書き出しで始め
『宇宙戦争』レビュー (西欧かぶれのエンタメ日記)
今日は、私のあまり得意でないタイプの映画、『宇宙戦争』を観ました。どうにも私は、SFやアメコミやパニック系・近未来系の非現実的な話は好きになれなくて、重くて暗~い人間ドラマか、きちんと筋道の通ったサスペンス、幸せ気分になれるラブコメなどをよく観ます。 新
宇宙戦争~WAROFTHEWORLDS~(ネタバレあり) (HAPPYMANIA)
面白かった。怖くてかなりドキドキした。どうなるんやろってハラハラしたし。けど、最後の最後まで楽しませておいて あの終わり方は何でしょ?ラスト、簡単に終わらせ過ぎちゃうのん?地中からエイリアンが出てくるとこ、すっごい迫力( ̄O ̄;) さすがハリウッドの映画で...
宇宙戦争 (2005) (嗚呼 Every day of a MOVIE)
好き度:★★★★★★★★★☆ 主演はトム・クルーズ、共演にはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 (7月6日現在)公開中作品の為、未見の方は読まない方がいいかと思います。 アメリカ
宇宙戦争鑑賞 (Cafeアリス)
レデイスディにて、宇宙戦争を鑑賞しました。 先週のレディスディが、初日でしたが、今日も 並んでましたね。でも、そこは平日の昼間だから、 ちゃんと8列目の真ん中あたりをゲットしましたよ。 さすがに、いろんなメディアで宣伝してるだけあって、 年齢層もまちま...
宇宙戦争(スティーブン・スピルバーグ/2005/アメリカ) (myukatの映像記録簿)
【評価】⇒☆☆☆★ 【感想】⇒映像自体はすごく迫力があって、五感に訴えてくる・・・リアルな感覚を持つくらい怖かったぐらいです。映像の見せ方はさすが、スピルバーグといったところです。今回の宇宙戦争はリメイク版ということで、一度同じ原作でバイロン・ハスキンが
宇宙戦争(映画館) (ひるめし。)
彼らはすでに地球(ここ)にいる 無敵なのは宇宙人じゃなくてトム親子あんたたちだ!って言いたいね。 ビーム光線にも当たらなく海に落ちても自力で岸まで辿り着くトムパパは無敵さ! しまいには宇宙人が乗ってたマシーンぶっ壊しちゃうし、子供のためならどんなことでもするト
宇宙戦争★★★+トムパパ、頑張ってましたっ! (kaoritalyたる所以)
またしても、始まりは「あの人」の声からでした・・。え~、ここ1ヶ月で4本目のお出ましではないでしょうか・・モーガン・フリーマンのナレーションから始まる世界同時上映で話題になったトム様&スピルバーグ監督の映画を、家族で観てきました。書かれちゃったんです、...
『宇宙戦争』★★★☆☆ (晴れ、ときどき 三匹と一緒。)
『宇宙戦争』公式サイト エグい~。でも面白かった~! やっぱりスピルバーグって“ただ襲われるだけの映画”を撮ると 本当に上手ですよね。 内容に関しては、エ?とか。何のために?とか、おいおいーとか、 大阪人はどうやって倒したの?とか、最後はハア!?とか
宇宙戦争 (フォーチュンな日々)
映画「宇宙戦争」を観てきました。午前中ほぼずっと歩き回っていたために、映画館では初の前半ウトウトしてまうという失態をしてしまいました。疲れた後の映画は駄目そうです。 ネタバレには気をつけましたので、情報は何一つ知りたくない方以外はご覧になられても問題?..
宇宙戦争[War of the Worlds] (ヒトコトシネマ☆インプレッション)
★リメイクなようでリメイクでない、スピルバーグの新作 監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:ジョシュ・フリードマン、デビッド・コープ宇宙戦争 (トム・クルーズ主演) 売り上げランキング : おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-Tools 【PR】30日間完全無料 宅配
宇宙戦争 (DOG*NET)
†宇宙戦争』オリジナル・サウンドトラック-CD-宇宙戦争宇宙戦争(1952年製作)(期間限定)私はSFとか宇宙生物モノの映画はこんなモノかと思って観ましたが、一緒に観た友達はボロクソ言ってました。内容にかなりショックを受けたようです。良かったのはトムが着ていた皮...
宇宙戦争 (映画の休日。)
この夏2番の期待する映画でした。この夏1番の「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が期待以上の作品だったこともあり、2大巨匠の2大SF映画を観ることができる、ファンにとっては一生に一度あるかないかのオイシイ夏!
宇宙戦争/ ルーツを辿る旅 (マダム・クニコの映画解体新書)
(ネタバレ注意!!) 本作は徹底してトム・クルーズが演じる主人公=弱者であるレイの視線で描かれている。わが身とわが子だけを守り通す、アンチ・ヒーロー的な彼の行動は、ヘブライ語の「スミカルカ=サバイバルの知恵、賢明さ(7月16日付朝日新聞参照)」に基づいて
『宇宙戦争』 (天才の紙一重)
久々のブログ更新ですみません。 充電期間も終わり、話のネタ集めも完了しましたので、これからドシドシ更新していきたいと思います。 復帰第一弾はリハビリもかねて、先日見に行った映画について話したいと思います。 僕は月に1回以上は映画館に足を運ん
「宇宙戦争」 (わたしの見た(モノ))
「宇宙戦争」 ファーストディを利用してを観てきました。   感想は、 スッキリしない、モヤモヤした感じ。 H・G・ウェルズ原作のSF映画ですよね。 家族愛を描いたパニックムービーだと思うのだが。 ということは、宇宙人が襲ってこなくてもいいんじゃないの。 ト
「宇宙戦争 字幕版」を観てきました 2005-07-24 (ブツヨク人 ~ ブツヨクノススメ ~)
「宇宙戦争 字幕版」を観てきました。 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・クルーズ / ダコタ・ファニング / ジャスティン・チャットウィン / ティム・ロビンス 他 原作:H・G・ウェルズ 音響の迫力がものすごく「オッ!」ビックリ!の連発!! 映像
映画鑑賞感想文『宇宙戦争』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『THE WAR OF THE WORLDS/宇宙戦争』を観てきたよ。 1953年にもバイロン・ハスキン(Byron Haskin)とジョージ・パル(George Pal)によって映画化された、H. G. ウェルズ(Herbert George Wells)の有名なアンチ・ユートピア小説が原作なのでみなさんわかってっと思.
宇宙戦争  (シカゴ発 映画の精神医学)
 予告編を見て、これほどそそらない映画というのも、珍しい。何か妙な距離感を感じたのだ。  H・G・ウェルズの原作「宇宙戦争」 は、SF小説の古典。超有名であり、オチがどうなるかは、SFファンや古い映画ファンであれば皆知っている。そんな中で、この映画「宇宙
宇宙戦争 (七月のうさぎ)
WAR OF THE WORLDS 2005年、アメリカ 監督: スティーヴン・スピルバーグ 出演: トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス他 異変は、アメリカ東部の町に起こった。立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。直後、人々
宇宙戦争 (ミュージックファクトリーの活動日記)
おはようございます、maiです。 今日の夜中にアップをしたかったのですが、あまりの寝むたさにできませんでした(××) というわかで、さっそく映画をご紹介したいと思います。 昨日、地元とは離れたアウェイのである渋谷で、この映画を見てきました↓ 主演:
『宇宙戦争』スピルバーグが創るリアルな怪獣映画! (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
SFファンなら知らないですまされない名作古典、旧作『宇宙戦争』は何度もTVで放映されてるため知らない人を探す方が難しいほど。だから新作紹介ですがネタバレもありますので「全くお話を知らないわ」とおっしゃる方は今回ばかりはご覧になってからお読みくださいね。
宇宙戦争 (欧風)
結構ここでは映画の感想を書いてます。昔は洋画ばっかり観てましたが、最近邦画にいいのが多くなってきて、邦画ばっかり観てるような気がする。洋画は映画館だと字幕が殆どだから、語学力の無い私としては、字幕ばっかり追ってるっていう感じがあんまり好きじゃないっていう
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ
宇宙戦争 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
仕事先でも映画好きをアピールしていたら、 「アンタ邦画しかみないみたいだケド、この作品いる?しかも、もぅ公開終わるけど」 といって、同僚にタダ券貰ってしまいました! いただいたのはスティーブン・スピルバーグ監督の「宇宙戦争」!? 話題作じゃないですかー...
『宇宙戦争』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『宇宙戦争』 原題:WAR OF THE WORLDS 製作:2005年米 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス 彼らは、すでに地球(ここ)にいる 地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない。 いま試される、愛と勇
宇宙戦争 今年の227本目 (猫姫じゃ)
宇宙戦争 ん~、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし.
宇宙戦争 (FRAGILE * CINEMA REVIEW)
何が起こっているのか、車も銃も奪われてどうすれば、「ボストンへ行けば大丈夫」と言いつつも本当に大丈夫なのか、軍隊はどこへ行くのか、敵がいったい何なのか、目的は何なのか、100万年前から埋まっていたって本当?でも雷が落ちたよね?ってことは宇宙から来たの?何が?