この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

美女と竹林。

2008-09-04 22:09:30 | 読書
 森見登美彦著、『美女と竹林』、読了。

 人気作家森見登美彦の最新作、、、ではあるけれど小説ではない。
 一応随筆とジャンル分けされてるけれど、これを指して随筆というのかどうかは甚だしく疑問。といっても自分の場合随筆とは何か、と問われてもよくわからないのだけれど。汗。
 副業として竹林経営に乗り出した作家の森見登美彦氏が、竹を刈ったり、刈らなかったりしながら(どちらかというと何かと理由をつけて刈らないことの方が多い)、竹への熱い想いや学生時代の竹に関するエピソード、あとは竹をネタにした妄想などをいつもの森見節で語っています。
 ぶっちゃけ、根っからの森見登美彦ファン以外には到底薦められませんね。
 また根っからの森見登美彦ファンであっても本書の内容で定価1600というのは(内容が竹だけに)「タケー!!!」と思うに違いないです。笑。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかえりワンちゃん。 | トップ | 恋愛の女神様!! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夜青龍)
2008-09-05 15:01:01
美女のちくびん?
お~い! (せぷ)
2008-09-05 21:09:09
お~い、誰か夜青龍の座布団、全部持ってっちゃって~!!
竹タケー。 (まくら)
2008-09-05 22:20:50
根っからの森見登美彦ファンなのでタケー!!!と思うまでもなく買いました!

本当にどこまでが作り話(森見登美彦風に言うなら妄想ですか…)でどこまでが真実なんでしょうかね?
戦友明石さんは森見さんのブログにも登場してましたよ。

ホントにたけ~本ですねo┤*´Д`*├o (♡あろは♡)
2008-09-06 17:52:39
きっと内容もたけ~んでしょうね(。・・。)(。. .。)ウン

でもどうして竹なのかなぁ(・_・")?

刈ったあとの竹の使い道とか

書いてあるのぉ(・_・")?

竹の皮におにぎり包んでお弁当にしてみたいです(。・・。)(。. .。)ウン

そのくらいしか分からない( p_q)エ-ン

水筒にもなるかなぁ(・_・")?
コメント、感謝です。 (せぷ)
2008-09-06 22:54:05
まくらさん、あろはさん、コメント、感謝です。

>まくらさん
自分は根っからの森見登美彦ファンのつもりだったのですが、この内容で¥1600は正直高い!と思いました。
同じ妄想系のエッセイであれば乙一の『小生物語』の方が面白かったと思います。
確か千円もしなかったですしね。笑。

森見登美彦のブログももちろん読んでます。
ノリはそのまま本書と同じですよね。笑。

>あろはさん
どーして竹なのかというと、この森見登美彦って人が無性に竹が好きだからですよ。
ほんとにそれだけの理由なんです。

竹の皮、、、昔はともかく、今は雑菌が繁殖しやすいので、おにぎりはフツーにお弁当箱に入れた方がいいですよ。笑。
Unknown (藍色)
2008-09-14 01:48:43
こんばんは。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
ファンには楽しいエッセイでしたね。

トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
はじめまして♪ (せぷ)
2008-09-14 09:36:26
藍色さん、はじめまして♪
トラックバック&コメント、ありがとうございます。

本書は森見登美彦ファンには創作秘話なども知ることが出来てにんまり出来る一冊でしたね。

トラックバック、返させてもらいます。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
美女と竹林 森見登美彦 (粋な提案)
美女と竹林(2008/08/21)森見登美彦商品詳細を見る 装幀は藤田知子。装画・本文イラストは谷山彩子。初出「小説宝石」。エッセイ集。 行き詰りを...