この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

バタフライ・エフェクト。

2005-05-27 23:45:41 | 新作映画
『バタフライ・エフェクト』という映画を観てきました。
もちろん先日利用できなかったサービスカードで。
アンケートにもサービスカードに関しての不満を一通り書き込んできました。笑。
ま、それはさておき。

告白しますが、自分にはリセットしたい過去があります。
なぜあのときあの選択をしてしまったのか、自分の浅慮に耐えがたくなって、後悔の念に苛まされることもしばしばです。
しかしそれは何も自分だけのことではないと思います。
誰しも多かれ少なかれ、人生において誤った選択をしてきたのではないでしょうか。

『バタフライ・エフェクト』、自分はずいぶんと哲学的な映画だなぁと思いました。
この映画の主人公エヴァンはある手段によって過去の一点に舞い戻り、そこから人生をやり直すことが出来ます。
しかしエヴァンが数度試みた人生のリセットは、運命のいたずらによってか、ことごとくさらに最悪な現在をもたらすことになります。
その最悪さが半端じゃなくて、最愛の人が自殺したり、刑務所に入ったり、母親が不治の病にかかったり、最後には○○さえ失う羽目に・・・。(○○が本当に半端じゃなく驚きます!)
結局この映画は、人生はリセットなど出来やしない、というごく当たり前のことを教えてくれました。

哲学的な、といいましたが、その理由はもう一つあって、この『バタフライ・エフェクト』は愛についての物語でもあるのです。
突然ですが、みなさんは“愛”とは何だと思いますか?(聞くのも恥ずかしいんですけどね。)
答えは人それぞれでしょうが、自分は、愛とは「自分の命よりもその人のことを大切に想うこと」だと思います。
この映画の最後のシーンで、愛する人の命を救うためにエヴァンの取った行動は、ものすごくシンプルで、しかしながら意外性に満ちていて、観ていて思わず「やられた!」と心の中でつぶやいてしまいました。
もしあなたに誰か愛する人がいて、そしてこの映画を観れば、昨日よりも少しだけその人のことを大切に想う気持ちが増すのではないか、そう思えるのです。
コメント (5)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供たちは夜と遊ぶ。 | トップ | 最悪。 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リセット (マリーコ)
2005-05-28 09:06:17
せぷさんにはリセットしたい過去が?!(T_T)

今からでもして下さいね!



私も本当なら子供時代に戻りたい・・のは山々なんですが、自分の子供が出来ちゃうと、リセット出来ない・・・というより考えることすら出来なくなりました。



だって、旦那と結婚しなきゃ今いるわが子には会えないんですもんね(;_;)

だからリセットするなら子供が生まれた後からーになります。そうするとあんまりリセットの意味もなかったり。。。



前、旦那に「戻れるならいつに戻りたい?私は子供たちに会えなくなるの嫌だから戻れないな~」ってそこまで言いつつ質問したのに旦那は・・・

「俺?そりゃ高校生に戻りたいわ!」即答に卒倒



あ~そうかいそうかい。一人で戻ったらいいやん!(涙)



でもいい映画ですね。

戻っても人生には同じような苦難が待ち受けてるんですね・・・。
もしも (つばき)
2005-05-28 19:18:26
もしも戻れるとしたら、生まれたてのころに(・・



でも、リセットなんてしたら、もしかすると今一緒にいる友達とは友達じゃないかもしれない現実になっちゃうかも・・・そう思うとマリーコさんと一緒の意見になっちゃうかなぁ



リセットできなくても、今一緒にいてくれる友達が何よりも大事ですから



映画は。全然聞いたことなかったのですけど、DVDになったりしたら借りてみようかなぁ。って思ってます
誰しも。 (せぷ)
2005-05-29 17:41:31
誰しも戻りたい『いつか』ってのがあるものなんですね。

自分は先ず高校三年の頃、かな。

明らかに人生の選択にミスったことがあって、、、でも当然やり直せないんですよね。

ふぅ。。。



映画は、まぁ劇場での鑑賞を!と勧めたいところですが、『バタフライ・エフェクト』は内容が込み入ってるので、DVDでの鑑賞が適しているかもしれません。



つばきさんは、これからも友達を大事にしなきゃ、ですね!

マリーコさんも旦那さんをそれなりに大事に扱ってくださいませ。笑。
Unknown (アンナ)
2005-05-30 11:26:24
聞いてみたいです。教えてはくれないの?<リセットしたい過去

それだけはダメです! (せぷ)
2005-05-30 23:38:48
それだけはいくらアンナさんでも教えられません。

仮にアンナさんがスリーサイズを代わりに教えるから!といってもダメです。

・・・いや、それだと少し考えちゃうかも?笑。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「 バタフライ・エフェクト 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : デヴィッド・エリス/J・マッキー・グルーバー主演    : アシュトン・カッチャー / エイミー・スマート/公式HP:http://www.butterflyeffect.jp/ 最近、サスペンス・スリラーの劇場集客率&人気が高いようです。 「シークレット・ウィンドウ」 ...
「バタフライ・エフェクト」 (誰もが十字架を背負っている)
すみません、朝は「キングダム・オブ・ヘブン」を観るつもりでいたのですが「バタフライ・エフェクト」もやってると知り、急遽、こっちに寝返りました(笑) 歴史モノの大作は壮大な描写だし、十字軍の史実も興味があるのだけれど「バタフライ・エフェクト」のストーリー...
バタフライ・エフェクト (CAMARO BLOG)
ひょんなことから観ることができるチャンスがあった。 内容は、過去に戻り未来を変えることができる男の話。 題名のとおり、少しのことでもどこかで大きな影響を与えるという、 よくあるようなアイデアだけど、この映画はおもしろかった。 ラストも良かったと思う。 http:/
「バタフライ・エフェクト」を観る(From MM) (Cinema Satellite Neo)
くそ、やられたっ!   これ、本作を観終わった直後のワタクシめの率直な感想です。   この作品は、ぶっちゃけ話に「深さ」はないんです。   が、そんなことを吹っ飛ばすくらいくらい「語り」が上手いんすね。   良い酒に気持ち良く酔わされた――そんな賛辞がほんとにしっ
「バタフライ・エフェクト」観てきました。 (スノボとかバルサとかテキトウに書くヤツ)
「バタフライ・エフェクト」っていう映画を見てきました。知ってますか?この映画。もう公開はほとんどのところが終ったっぽいですけどね。先週の土曜日に京都に見に行ったんですけど、なんやかんやあって見れず、どうしても見たかったのでこないだの火曜日に仕事帰りに1人
バタフライ・エフェクト (impression)
巷で評判なので観に行きたいと思っていた。 色々調べ物してたら昔好きだったエリック・ストルツが出ていると分かったので、大きなスクリーンで見るチャンスはそうないと思い、今日東劇では最終日なので、病院に行き結果が良くホットしたのも手伝って、夕食を作ってから東京
「バタフライ・エフェクト」の魅力に引き込まれろ! (エモーショナル★ライフ)
本日公開の映画「バタフライ・エフェクト」を見てきました。 すごい!そして見事! 非常に巧妙なストーリーで見るものをぐいぐい引き込むこの映画。 一時も目が離せないスリリングな展開の連続で鳥肌物の面白さでした。 そして最後にたどり着かなければならなかった答えの
バタフライ・エフェクト ものすごい集中力で★5 (おえかき上達への道)
バタフライ・エフェクト 期待度・・★★★☆☆ 満足度・・★★★★★ ドラえもんが言ってたような気がします。 過去を変えちゃダメだと。・・・・バックトゥザフューチャーの博士の言葉だったかな? 過去に介入すると未来が変わってしまうというのはよくあるSFの設定ですが
「バタフライ・エフェクト」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
いや~、面白かった!期待以上でした!!全米での前評判を聞いた限りでは、実はこれ程に良く出来た作品だとは思っていませんでした(^^)ゞ観始め前半は、子供達を取り巻く環境があまりに切なく、辛く、痛々し過ぎて、なんだか見ているのもほんと辛くて、涙が出そうになるの...
「バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション」DVD 10/21発売 アシュトン・カッチャー (Cinema,British Actors)
コレは買います!バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション 「バタフライ・
バタフライ・エフェクト (映画、言いたい放題!)
DVDで鑑賞。 小学生の頃から記憶が途切れる発作に襲われるエヴァンは、 大学生になって、自分に時間遡行能力が備わっていることを知る。 子供の頃の記憶障害はその能力の副作用だったのだ。 エヴァンはこの能力を使い、時間を遡り、過去の出来事を改変し 愛 ...
バタフライ・エフェクト (黄昏ミニヨン想録堂)
 まだ見ていなくて、これから見ようと思っている者はなるべく見ない様に。後戻りは出来ないからな。