goo

モンスターズインク



みなさま~、、こんにちは


人気ブログランキングへ いつも応援をありがとう♪
クリックして頂くと、ランキングに加算をされます。どーぞヨロシクです


今日もお元気でおスゴしですか?



今日はまた 久しぶりの映画レビュー




映画レビューと申しましても、今回ご紹介するのは


アメリカでは 2001年、日本では翌年の2002年に劇場公開された

ちょっと古いような、、映画です。



ディズニー映画やアニメは大好きなはずだったのに、

この映画を今まで見ていなかったとはどーしてだ

、、っと 見終わってから とても後悔したですわ。


こんなにもカワイらしい映画だったとは。。。。。。




古い映画なので、ご覧になった方も多いかな?


全編CGアニメーション。

モンスターの表情、毛並み、建物などの風景、、どれをとっても

スゴく表現豊かに、色彩も鮮やかに描かれています。




舞台の中心は モンスターたちが暮らす「モンスタータウン」

一見すると、人間の住むフツーの街並みとたいした違いはナイ。

違うのは、行き交うのがすべてモンスターたち。

朝は身支度をし、会社へ向かう。お店の開店の準備をする。

平和そのものの風景。モンスターたちの日常。



主人公のモンスター、サリー(毛むくじゃら)とマイク(ひとつ目)は

モンスターワールドに電力を供給する会社「モンスターズインク

(Monster's Inc)」で一緒に働く同僚であり、親友。

とても仲が良いようで、漫才コンビのように 息もぴったり。

サリーは 社内でも成績ナンバー1で、誰にでも好かれるキャラ。



会社の社長からも慕われ、頼りにもされている。

その「モンスターズインク」では、ナニをするのかというと、

子供たちの部屋に通じるドアを使い、ソコにいる子供たちを

いかに怖がらせるか、いかに悲鳴を上げさせられるか。

子供たちの恐怖心(悲鳴)が モンスターたちの電力となるのだった。


だけど、モンスターワールドには、人間のものを持ち帰っては

絶対にダメというルールがある。 それを破ったモンスターは

アクシデントであれナンであれ、徹底的に消毒される。


ある意味、モンスターたちも 子供たちのことを恐れていた。



ある日、書類の提出が遅れていることをとがめられたマイクは、

ガールフレンドとのデート、書類整理という事態の板挟みに。

そこでサリーは 書類整理をしてあげると買って出るのでした。

サリーは会社に残り、書類のある場所へ向かってゆくと、

作業はとっくに終わっているはずなのに、なぜか一枚の扉がそこに。

フシギに思ったサリーは、扉を開けてみた。 でも誰もいない。



しかし、振り返ると ソコには小さな女の子がっ

慌てふためくサリー。サリーを見て「キティ、キティ(ネコちゃん)」

と、はしゃぎ、満面の笑顔で抱きつこうとする女の子。

彼女はサリーのことが全く怖くないようだった。


どうしていいのかと、パニクるサリーは、マイクに助けを求めた。



マイクは あくまでも女の子を「異物」として扱うが、

サリーは行動をともにするうちに、だんだんと女の子との

距離を縮めてゆき、「ぶー」という名前までつけてしまった。

マイクはサリーに「名前を付けるなんて!」と怒りを表す。


モンスターワールドでは、人間の子供が迷い込んでいると

大騒ぎになり、一大捕り物の大騒動になってしまった。



サリーをライバル視しているランドールも、執拗に女の子を追う。

実は扉を置いて、ズルをしようとしていたのがランドールだった。


モンスターワールドを巻き込んでの、ドタバタ騒ぎ。

追いつ追われつ、逃げる、隠れる。

サリーとマイクは必死だが、ブーは ただ遊んでいると思って、

一人でちょこまか逃げ回る。ブーを追いかけるサリーとマイク。

それを追いかけるランドールとセキュリティガードたち。


サリーとブーの なんだかわからない、ホンワカした心の交流。

ブーが怖がるよりも、ウレシそうに笑う顔の方がいい。





子供向けということもあって、お話の内容自体はとても単純。

起承転結もくっきりハッキリしていて、わかりやすくこせ

映画の中に入り込めたら、自分もモンスターワールドの中。

キャラ設定も、個性がはっきりしているので、感情移入がしやすいです

私はとにかく、、、サリーとブーの交流が、とても可愛くて

一気に大好きな映画へと仲間入りでございます。


さすがピクサーと言いましょうか、キャラクターたちの表情が

とにかく豊かでイイんです



ああぁぁ。。。 見てよかった、、、 なアニメ映画でございました。



応援して頂けると、ウレシいです
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンコと二人羽織 動物園へ行っ... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (yoshiminko)
2010-02-21 04:09:27
はじめまして!
サウスカロライナで検索していたら、たどりつきました!
しかも、私もColumbia在住です!
知ってるお店の名前とか、地名が出てくるので
なんだかうれしくなってコメントしてしまいました!

Monsters Inc.は私も大好きな映画です!
おいしそうなご飯の写真がいっぱいなので、
たびたび立ち寄らせていただきますね☆
 
 
 
Unknown (またたび)
2010-02-21 06:50:21
むふふふ、きゃんでぃーさん、モンスターズインク
まだ観てなかったのねぇ?

ちなみにワタクシ、これDVDまで持っております。

あのね、映画のストーリーとかとは関係ないんだけど、
このモンスターズインクを初めて見た時、私の親友と
その旦那かと思っちゃったの。
この女の子のイメージが彼女にそっくりで、サリーが
その旦那にそっくり・・・。(笑

ちなみに、そのサリー似の旦那。彼女いわく、アント
ニオ・バンデラス似だって言い張ってたけどねぇ。
 
 
 
yoshiminkoさま~(^▽^)/ (septcandy)
2010-02-21 12:51:23
yoshiminkoさま、はじめまして
ようこそおいで下さいました。
コメントは、とってもとってもウレシいです

youshiminkoさまも、コロンビア在住ですか
同じ地区に住む方と出会うのって、とっても
ウレシいです。
たどり着いてくださり、私のブログを開いてくださって
本当にありがとうございます

Monster's, Inc って、今まで見ていなかったのが
ホントに悔やまれる思いがしました。
コレは繰り返し見ても、きっと飽きない作品だな~って
私はアニメの映画が大好きで、夢中になってみてしまいます。
レンタルで見たものなのですが、ぜったいにDVDを
買おうと思いました。あはは。

こんな私と、私のブログではございますが、
これからもどうぞ、ヨロシクお願いいたします
 
 
 
またたびちゃ~ん(^▽^)/ (septcandy)
2010-02-21 12:57:15
そーなの、そーなの、、今までなんで見なかったのだろうって
スゴく後悔しちゃったですわよ
こんなステキな作品だったのねー。
ゲラゲラ笑えるし、ほろりとさせられるし、
ストーリーが単純だけど、モンスターたちの表情がイイ

今回はレンタルで見たんだけど、コレは絶対に
DVDを買おうと決心しましたわ!

モンスターと女の子は、、実は わたしも
旦さんと私みたいって思ったよ
ちょこまかしてるところが私で、毛むくじゃらで
大きな図体なサリーが旦さん。うははは。。。

明日にでもDVDを買ってきて、早速繰り返して
見たいと思っちゃう。

そうそう、TOYストーリーも 3Dでまた映画に
なるね!
またたびちゃんも、きっと見るかな~?
 
 
 
説明 (ma-san(マコ))
2010-02-22 12:20:44
このキャラクターがユニークでいいわ。
よく内容の説明が書かれてあるので、見た気持ちになったわ。
シアトルに住んでいる娘は漫画が好きで地下の部屋には沢山本があるのよ。
アメリカに行ったときは暇だから アメリカのアニメをみてくるつもりで~す。

 
 
 
 
ma-sanさま~(^▽^)/ (septcandy)
2010-02-23 10:38:11
モンスターズインクに登場するモンスターたしは、
ただの通行人から物語に関わるモンスターたちまで
実に様々なキャラクターがいます。
そして、どれヒトツとして手を抜いて描かれている
ということはなく、丁寧に表情豊かに描かれているのです

ほんとに、「さすがピクサー」と ついツブヤイて
しまいそうになるほどのクォリティで、
アニメ好きでしたら、絶対にオススメしたい作品です

娘さんは、コチラで漫画をお買いになってらっしゃるのですか?
私も欲しいと思ったのですが、1冊がなんと
10ドルもすると知り、アゴが外れそうになるほど
驚愕して、あきらめました
でも、漫画の英語は割とカンタンなので、英語の勉強にもなるな、、っと
本屋さんへ行ったときなどは、好きな漫画を手に取って
読んでいたりしますえへへ。。
私のお気に入りは、名探偵コナンです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。