ELEVEN HOUSE

バイクはカワサキ▽キャンピング・カーはライトエースバン▽クルマはメルセデスCクラス▽旧車はローバーミニ▽鉄道はローカル線

2017.6 おんぼろスーパーカブ、再生完了

2017-06-14 16:16:20 | スーパー・カブの部屋
 先週、近くのバイクショップにお願いしておいたおんぼろスーパーカブのメンテナンスが終わり、土曜日に取りに行きました。
 まずは、5、6年ぶりのオイル交換2000円。そして、前後輪のタイヤ。標準装備と同じダンロップにしました。F3500円、R4500円でした。僕の那加では、カブのタイヤと言えばダンロップが一番だと思ってます。根拠は特にないけど・・・。しかも、カブのタイヤってメーカー品でも安いものです。せっかくタイヤを外すのですから、この際チューブとリムバンドも交換することにしました。当然、タイヤと同じようにかなり劣化しているはずです。これが、チューブ1本1500円、リムバンドが500円で、2本分で4000円。大型バイクのタイヤ1本分より安い。


 高かったのがバッテリーでした。ホームセンター等なら3000円~4000円で安売りされています。ところが、メーカー指定の純正品だと車種によって異なりますが、原付用は12000円~20000円もします。つまり、ピンとキリしかない。スーパーカブC70用は税抜き15000円ということで、ちょっと迷いましたが信頼の純正品を選択しました。これは、注文した後で少し後悔したり、逆に「安物買いの銭失い」という言葉が浮かんだり・・・。今も、本当はどちらが良かったのか答は出ていません。
 その他、タイヤ交換工賃(F2500円、R3000円)を含めて工賃が6000円、消費税を加えて37800円。お願いしておいたブレーキ調整などの点検や調整はサービスでやってくれました。
 バイク屋からの帰り道。走りの軽快なこと。2速で走っていたカーブの登り坂も3速ですいすい登ります。気のせいかも・・・と思いましたが、やっぱり走りの良さが実感できるほど気持ちよく走りました。タイヤのグリップも、エンジンの滑らかさも、明らかに違っていました。
 僕が無駄を承知で所有しているのが98年式のスーパーカブと99年式のローバーミニです。この2台は僕の宝物です。共に1900年代を代表する世界的名機です。長く乗り続けるためにも、ちゃんとしたメンテナンスをしなければいけないと思いました。
 バッテリー、古いカブに日本製ユアサはもったいなかったかなあ。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
ジャンル:
おもしろい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6 おんぼろスーパーカ... | トップ | 2017.6 旭高原(愛知)でプ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤスコ)
2017-06-15 08:34:59
日本製ユアサ最高ヾ(´ー`)ノ
趣味の乗り物ですから、ちょっとくらいの贅沢ありだと思いまっす。
ずっと一緒にいるものならなおさら…といいつつ、なかなか手をかけてあげるのが難しい私でっす。
適度にほっぽらかしても動く、昔の骨太なバイク…素敵っ(≧▽≦)
ヤスコさん (hiro2088)
2017-06-17 00:10:35
そうですよね。
たま~に手をかけてあげるのに、得体の知れない安物ではねえ。一応、僕の宝物なのですから。
カブ、本当によくできたバイクです。

コメントを投稿

スーパー・カブの部屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。