Temple around Seoul

仏様の前で煩悩を捨て無欲になったりできない私。
どこまでもご利益目当てに参ります、寺ガールズのお寺めぐり日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

其の九十五の一. 龍門寺(1日目) 2017.4.22

2017-04-24 | 日記
2017年4月22日。龍門山龍門寺テンプルステイ、1日目。

龍門寺ホームページ(韓国語)
龍門寺テンプルステイ案内(韓国語)

龍門寺は京畿道楊平郡の龍門山にあります。

貸切バスで9時過ぎにソウルを出て観光してお昼食べて龍門山へ2時ごろ到着。

さて山門。

ここからはお寺ですね。

でもまだまだ道が続きます。

平坦で舗装路なので楽。
脇を水が流れて清清しいです。

吊橋もあります。

龍門寺の銀杏(天然記念物)まで0.3KM。

お土産屋さんもあります。


更にいくと門が見えます。

四天王門ですね、あ、山門はずっと下で通ってきたんだよね。

ここまで駐車場からのんびり歩いて約30分。
10分じゃないじゃん(聞き間違いか?、英語だったしね)。

右に行くと事務所への案内。


デトックステンプルステイ(2泊3日)の横断幕が。

確かこれ、3日間断食してお灸とかやって体の毒素を出すってやつですね。
やってみたいもんです。

事務所入口。

案内が出てます。


階段上って上にでます。

階段上って広場の向こうに見える建物。

休月堂かな。
講堂です。

中。オリエンテーションの準備中。


その向かって左、水月堂。宿舎です。

主に女性用のようでした。私の部屋はこの左の方。

休月堂の向かって右。禅月堂でしょうか。

今回は男性の宿舎のようでした。

禅月堂の隣で薪割りに挑戦。

みなさん、このような服に着替えます。

お寺の人:「この薪は今夜使うんですよ~」

へえ、これでオンドル焚いているんでしょうか。

それから4時半のオリエンテーションまで自由時間。
さっそくお寺を探検に行きます。

登山路が通っているので、登山服の方も多いです。

入口に戻って四天王門。


四天王門、入って右。


四天王門、入って左。


梵鐘楼。


観音殿。


観音様の説明。

宝物だそうです。

地蔵殿。


地蔵殿の横の燃やすところ。

左の仏さまはお地蔵さまのようです。

お手水。


大雄殿。


地蔵殿の後ろあたりに山霊閣、七星閣、微笑殿の案内文。


微笑殿。


ドアが開いてたので微笑殿の中。

これは羅漢殿ですね。

その上。
七星閣。


アップ。

前にいるのは誰かと案内のときに聞いたら、日光菩薩さまと月光菩薩さまだそうです。
最初、双子の七星さまかと思った...^^;;

さらにその右上、
山霊閣。


山霊閣もドアが空いてたのでチラ見。


降りてくる道、木蓮がきれい。


工事中、事務所のようです。


樹齢1000年越える銀杏の木。

逆光でどうしても綺麗には撮れません。ㅠㅠ

義兵戦闘地の案内。

植民地時代に抗日運動の根拠地となったことがあるんだそうです。

銀杏の木の方から大雄殿にあがる階段。

脇に「慈悲無敵」とあります。

正面から大雄殿。


左の方に売店。

法輪のアクセサリーを探しましたがなかったです。
独鈷はあるのに。


ぶらぶらしてから、休月堂に戻りオリエンテーション。
挨拶の仕方(合掌すること)、歩き方(手を前で組むこと)、礼の仕方(五体投身ってやつ)等々の説明を受けます。
動画を使って分かりやすいですが、英語です...

その後、境内をぐるっと回って案内を受けます。

梵鐘楼の後ろ。


微笑殿の前で説明を受けてるところ。

英語です...

食事の時間。

弥智院。

1階が食堂です。

盛り付けてるところ。

セルフサービスなので、自分の食べたいものを食べたいだけ食べれます。

食事。

盛り付けと撮り方が下手くそですみません。
やはり肉はない、お寺のたんぱく質はお豆腐!
いや、おかずの種類の多さにびっくり。
美味しいし~
終わったら皿洗いも自分でやります。

それから鐘撞き堂へ。

まずお坊さま。


次に太鼓を打つお坊さま。


次に魚の楽器(木魚)を叩き終わったお坊さま。

打ってるところを撮り損ねました。

次に、小さな鐘も打たれました。
鐘撞き堂にある楽器(?)は全部演奏(?)されたようです。

それから大きな鐘。最初の何回かは和尚さまが打って、それから二人ずつ鐘撞き体験。



それから大雄殿に行って読経(?)に参加。
お坊さんが立ったり座ったりするのに合わせて礼をしてました。

その後はお茶の時間、ということで、優雅なお茶会を考えてたら
なんと焼き芋にスイカ。

さっきの薪はこれに使うんだったんですね。
火の中にホイルで包んだ芋を入れます。

それから、火の回りにぐるっと座ると、お坊さまが目を閉じるように言います。
瞑想の時間です。
お坊さまが鐘を鳴らします。
チーン...
お坊さまの声に合わせて瞑想します。
あ、お坊さまの声も英語です....

その後、お茶とスイカと、瞑想中に焼きあがったお芋で座談。

お芋と蓮の葉茶。


星。

小さすぎて見えないですよね。
でも大きな星がひときわ綺麗に見えていたのです。

明日、朝のお勤めに出る方には般若心経のパンフレットをくれました。
発音がローマ字表記です。
参加は自由のようですが、一応出ることにしてパンフレットもらいました。

この後、部屋に戻って就寝。
部屋はオンドルで暖かく、すぐ寝てしまいました。
たぶん、午後9時ごろ。

続く。



○今日の気づき
瞑想の時間に。
何かすごくすっきりして、よ~し、とお星様を見てたのですが。

何を思ったのか思い出せない...


ジャンル:
神社仏閣
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 其の九十五の0. 龍門寺(行く... | トップ | 其の九十五の二. 龍門寺(2日... »