特上カルビの記のみ気のまま

韓国語教育を韓国の大学院で専攻した30代日本人男性が、韓国ソウルでの試行錯誤の日々を綴りました.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未来は前にあるのか後ろにあるのか?

2009-03-05 17:57:40 | チャンマル(雑談)
晴れ.最低気温5度. 最高気温11度.

“ネイティブ・アメリカンのホピ族の言葉では,過去は視界の前方にあり,未来は頭の後方にあるというのだそうだ.なぜなら,過去は近いものほどよく見え,遠いものでもかすかに見えるからだ.しかし,未来のことは頭の後ろにあって,何も見えない.
 僕ら現代の日本人は,未来は前方にあって,過去は置き去りにしてきたものとして後ろにあると思っている.きっと,未来のことも見えているように感じているのだ.”


上の文章は,先日読んだ,望月昭(もちづきあきら)著『こんなツレでコメンナサイ。』(文藝春秋)【写真】の中(p242)にあったものだ.

ちなみに著者の望月昭氏は『ツレがうつになりまして』(幻冬舎)で有名な漫画家,細川貂々(ほそかわてんてん)さんのツレ(ご主人)である.そのツレの手による,うつ病の闘病記を含んだ半生記のライト・エッセイが,先の著書『こんなツレでゴメンナサイ。』である.随所に細川貂々さんのイラストが入っていて楽しい.

望月昭氏はうつ病との闘病生活を振り返り,次のように結んでいる.

“未来は頭の後ろにある.そこには何があるのか,後ろに目がついていないから,ちっともわからないのだ.”(p246)

「なるほど,そうなのか!」と思わず膝を打った.
私は今まで“前を向いているようで,実際のところ後ろを向いていた”のだ.

うつの闘病記ものを読むと,今までの体験がフラッシュバックして,より陰鬱な気持ちになることもあるが,この本は『ツレがうつに―』同様,楽しく読めた.著者が1964年東京生まれという,同世代の同郷,同性であるというところにも親近感を覚える.

それに,世に言う「前向きに検討します」とか,「前向きに善処します」といった常套句が,全く逆の意味になる理由も,何となく解った気がする(ちと,違うか?).

この記事をはてなブックマークに追加

漫画『めぐみ』韓国語版を読む

2009-03-01 20:44:01 | チャンマル(雑談)
曇り一時雨.最低気温5度. 最高気温8度.

早いもので今日から3月.今月もすてきな一ヶ月となりますように.

こんなマンガを読んだ.

図書館の「新しく入った本」のコーナーで偶然見つけたのだ.
背表紙に大書きされた메구미というハングル文字が目を引く.
装丁が思いっきり少女マンガしているので,40歳のオジサンにはこのマンガを手に取るのにも,借りるのにもちょっぴり勇気がいった.私は普段マンガを読まないけれど,最近のストーリーマンガの装丁はこれが普通なのだろうか?

【写真】政府拉致問題対策本部が作成した漫画『めぐみ』の韓国語版

拉致問題に対する理解も深まったのと同時に,韓国語の勉強にもなった.
何といってもマンガはセリフの言い回しや,擬態語・擬声語を自然に学べるところが良い.
擬態語や擬声語がただ羅列されているだけではなかなか理解しづらいが,情景描写もされているマンガなら頭に入りやすい.

外国語版(中国語・英語・韓国語)の市販は行わず,国外からの賓客への贈呈,各国にある日本大使館や総領事館などを通じて世界中に配布されるそうだ.440ページ余りのマンガを読み終えて思ったことは,マンガを外国語に翻訳して国内外に配布する前に,そのお金と労力を拉致事件の抜本的な解決のために注ぐべきではないかということだ.

なぜなら採算の問題を度外視すればマンガの翻訳と国内外での出版や販売は民間の力だけでも十分できるからだ.,政府は,政府にしかできない国家間の外交交渉などに専念してもらいたい.そして一日も早い拉致被害者の救出と事件解決を実現してほしい.

この記事をはてなブックマークに追加

新聞批判をするのはいいけれど…

2009-02-28 22:37:56 | チャンマル(雑談)
曇り.最低気温2度. 最高気温10度.昨日(2/27)は都内にも雪が降った.

  

【写真左】麻生首相とロシアのメドヴェージェフ大統領との会談(2009.2.18.サハリンにて)
【写真右】麻生首相とアメリカのオバマ大統領との会談(2009.2.24.ホワイトハウスにて)

麻生首相が2008年2月27日の衆議院予算委員会で「(新聞は)偏った記事が多いように思う.それをうのみにしてはいけないと常に自戒している」と強調,「署名が入っていない記事は,見出しを眺めるくらい.自分のことを書いてある記事は大体違うので,あまり読まない」新聞批判を展開したと報道された.

私はこのニュースを聞いて,2005年にソウルで開催された第58回世界新聞協会年次総会の開会式辞で当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領「マスコミによる権力乱用をコントロールできるようにする制度的なシステムが非常に重要だ」と発言したのを思い出した.

【写真】韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領

世界の新聞関係者を前にした発言だっただけに,国の内外から様々な声が挙がったのを覚えている.当然ながら,その多くは大統領に賛同する内容のものではなかったが….

盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領も政権発足当初は韓国民から絶大な支持を得たが,政権末期は見事なまでに国民にソッポを向かれてしまった.麻生首相も果たして同じ轍を踏むのだろうか?

ただ,盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の場合,自国民からは相手にされなくなってしまったが,“北の国”とは最後の最後まで懇意な間柄だった.翻って麻生首相の場合,国内はもちろん国外でも懇意にしてくれそうなところが見当たらない点が大きく異なる

【写真】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(左)と韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領(右)(2007.10.04.平壌(ピョンヤン)にて)

ところで“北の国”では“南の国”のことを“米帝国主義による傀儡政権”と形容するが,盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の“南の国”は“朝鮮労働党による傀儡政権”のように思えて仕方がなかった…

この記事をはてなブックマークに追加

“倒す”が“使う”という意味になるとき

2009-02-23 22:29:47 | チャンマル(雑談)
のち曇り.最低気温5度. 最高気温9度.陽射しがないせいかとても寒く感じられた.

“お倒しになったお座席は元の位置にお戻し下さい”という文章を見れば,飛行機や列車の座席の背もたれを元の位置に戻して下さい.つまり,“お使いになったお座席は元の位置にお戻し下さい”と同じ意味になることが容易に推測できる.

  

【写真】某航空会社のファーストクラス用新【左】旧【右】シート

「辞書には載っていないけれど,なぜ“倒す”=“使う”という意味になるのか?」という質問が日韓の翻訳や日本語講師をしている韓国の友人から来た.

日本語能力試験の練習問題集に次のような問題があったらしい.

【問題】次の文章で“お倒しになった”と同じ意味のものを1~4のうちから選べ。
お倒しになったお座席は元の位置にお戻し下さい。

1.使った
2.壊した
3.負けた
4.取った


どうやら友人は,背もたれを後ろに傾けるのではなく,椅子自体を(すべて)床に倒す(転がす)と考えたらしい.混乱するわけだ.

「椅子の背もたれを後ろに“傾ける”ことを日本語で“倒す”というんだよ(의자 등받이를 뒤로 기울이는 것을 일본어로 쓰러뜨린다고 합니다.)」と言ったら,すぐに納得してくれた.
≪単語解説≫
등받이:背もたれ(ちなみにfootrestは다리받이)
기울이다:(物を)傾ける
쓰러뜨리다:(立っているものを)倒す,覆す,負かす

日本語母語話者なら何ら疑問も抱かないのに,日本語学習者には容易に理解できないことがたくさんあることに改めて気付かされた出来事だった.

この記事をはてなブックマークに追加

金(キム)・サムエル先生を想う

2009-02-21 21:51:18 | 祈り
晴れ.最低気温4度. 最高気温9度.陽射しはあるものの北風が強い冷たい一日

昨夜(2/20),なぜか突然金サムエル(김사무엘)牧師先生のことが思い出され,先生の名前でネット検索をしました.そして引き出しの奥に眠っていた手帳を開いてみると,金サムエル牧師先生が5年前(2004年)の今日(2/21),天に召されたことが記されていました

【写真】いつも神の愛と笑顔を絶やさなかった在りし日の金(キム)・サムエル牧師先生

以前ブログにも書きましたが,金サムエル牧師先生は私がイエス様と出逢うきっかけを作って下さいました.

韓国のオンヌリ教会が運営しているインターネット放送局の日本語番組を通じて,毎朝QT(quiet time)の時を持つようになりました.2000年冬のことです.その番組を担当されていたのが金サムエル牧師先生でした.それから1年も経たないうちに,韓国に留学し偶然にもオンヌリ教会に通う機会を得て,金サムエル牧師先生ご本人にお目にかかれるとは,その当時は想像だにしませんでした.私が先生の番組を通じてイエス様と出逢い,受洗に至るまでの話をしたところ,満面の笑みを浮かべ非常に喜んで下さったのを昨日のことのように覚えています.

受洗してから7年と5か月になります(2009年2月21日現在).決して平坦とは言えませんが,それでも現在まで私の信仰生活が守られているのは,天の父なる神と御子イエスに加え,金サムエル先生が私の信仰生活の監督者として天の国にいらっしゃるからかも知れません

主の聖名を賛美し全てに感謝します!

この記事をはてなブックマークに追加