八光流柔術 八方会

八光流柔術は体を巡る経絡について学び、自らの体でもってその仕組みを体感できる合気柔術です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

術理

2016-10-25 00:44:44 | 日記
本日の稽古では、先日、静岡直伝会にて
三代目が教えてくれた内容の復習をしました。
しばらくは復習会をしようと思いますので、本日参加できなかった人は
次回の稽古の際に技を教わって下さい。
特に、八光攻め、立当て、合気投げ、引き投げ、手鏡、松葉捕り等はポイントが分かりやすかったと思います。
今回の教伝において『武』という側面が多く伝えられたように感じました。
本来、武道というのは古流になればなるほど『武』の側面が強くなると私は考えています。
術理を正しく理解して学べば、ありとあらゆる事に応用がききます。
今後は『武』という側面についてもしっかりと説明していき、術理そのものを体現できるように
指導していきますので、参加者の方は宜しくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡直伝会 | トップ | 骨の使い方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。