宣セーショナル

宣承をひらく

ひぃばあちゃんからつむがれる心

2017-05-18 06:41:16 | 日記
先週は立て続けにご葬儀が3日続いた。どの方もご高齢のおばあちゃんたちだったが、ひ孫さんたちも参列し、泣いているシーンに続けてふれた私。外孫さんたちであってもそういう関係性を築けているところに西和賀らしい良さを感じた時間だった。

その中でも、特にも心にしみいったのが、ある中学校1年生のひ孫さんの言葉。それはお別れの言葉の中でのものだった。ここにその一文をご紹介したい。


大好きなTばーへ

Tばーは私たちの小さい頃の話を楽しそうに話してくれたね。
花の事や畑の事をたくさん教えてくれたね。スポ少の大会の日は、応援してくれて、負けても『がんばったね』とほめてくれたね。
そんなTばーが物忘れをするようになってからは、〇〇〇(介護事業所名)に行くのを毎日楽しみにしていたね。
『今日は踊りっこ観てきた。』
『友達と子どもの頃の懐かしい話をしてきた。』
など、楽しそうに話してくれたね。
なのに、自分が疲れて学校から帰ってくると、なんども同じ事を言うTばーに、うんうんとうなづき、顔も見ないことがあった。すると、さみしそうに自分の部屋に戻ってしまった。私はそのさみしそうな後ろ姿を見て、自分がとてもひどい事をしたと気づきました。

自分が小さい頃、いっしょに遊んでもらっている時、『もう1回、もう1回』と同じ事を何度もねだった。その時、忙しくても、私たちの話を聞いたり遊んでくれたのに、私たちは何度も同じ事を話すTばーに背中を向けてしまいました。すごく後悔しています。あの時はごめんね。
これからも、悲しい時や嬉しい事があった時、空に向かって話をいっぱいするね。これからも笑顔で応援してね。
Tばー、今まで育ててくれてありがとう。



泣きながら読み上げた13歳に、一同が涙した時間。

私たち大人が置き忘れてきたものとしっかり向き合う姿勢。
そして、何よりも、自分が幼少期にしてもらったいっぱいの愛情に対して、真逆のことをしてしまった…というところに結びつけられる感受性の深さ…。

こういう他をみて自分を内省していく姿勢こそ、私たちが日常で示さなければならない姿勢なのではなかったのか。

13歳に教わりつつ、今日というが存在する。

おかげさまです。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9分の1と9分の8 | トップ | 今だから語れること »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝から涙腺が… (大阪の川田)
2017-05-18 08:15:23
あきまへん、朝の通勤ラッシュの中、涙が溢れてしまいます。
13歳にしてこの感受性、きっとそれを育んだのは、ひいばあちゃんのおかげも大きいんでしょうね。
まさに、樋口さんの歌『手紙』の、何度も絵本をせがむ情景ですね。
子育てについて、親への恩返しについて、あらためて考える機会となりました。ありがとうございました。
ありがとうございました^_^ (鈴珠)
2017-05-18 17:05:48
突然のコメント失礼します。
今日は愛知県半田市での講演会に参加させていただきました。
看取りの現場から観てきた人間って何なの?という話を楽しく話してくださってありがとうございます。
人間は本当に一人十色ですよね。
そんな当たり前のことですが、
つい忘れてしまいがちなこと。
改めて気づかせていただきました。
このひ孫さんのお手紙の内容も今日話してくださいましたね。
涙腺ゆるみ、感動してホロっとなってしまいました。
今日、何故講演会に参加したかというと。。。
私も大谷大学出身で福祉の現場で働いた経験を持っていたからなんです。
同じゆかりを持つ先輩の話を聴いてみたかったのです。
人を思いやり、
人それぞれの目線に立つことのできる人間らしい人間でありたいと思います。
今日は講演会を聴く機会をいただき本当にありがとうございます。
Unknown (誰か)
2017-05-20 23:51:57
「背中を向けてしまった事を後悔してる。」を、読んだ時、何だか泣けてしまいました。私は、祖父を亡くした時(30代半ば)に、思いました。13歳にして、そう感じたという事に、素晴らしいと思ったと同時に、自分の気付きの遅さ、そして、後悔していながらも、未だに身近な人に背を向けてしまう事もあり、私自身まだまだだなぁと思いました。13歳の女性の方、そして、その出来事をブログに載せてくれた事、ありがとうございます。
そうでした (奇跡の星)
2017-05-23 21:59:45
人って大きくなると、小さいころ大切だった何かを忘れちゃうもんですね。そのひ孫さんのお言葉。大きくなった私たち大人にも大切な何かを教えてくれますね。
大阪の川田 さま (1000)
2017-05-31 07:17:16
返信が遅くなり過ぎまして失礼しました。

そうですねぇ、このお子さんは、本当にひぃばあちゃんに育てられた人だとひしひしと感じています。

心洗われた私…でも日常の一コマ一コマはそれを忘れて我を通している私もいまして。
要は、そんな愚かな私に、『大丈夫?前のめりになってない?』とブレーキを掛けてくれる効果なんだと感じ取っています♪
鈴珠 さま (1000)
2017-05-31 07:22:00
コメントが遅くなりごめんなさい。。。

そうでしたかぁ、ゆかりあるものがいくつか揃っていて、それだけで他人とは思えません(笑)うれしいです♪

どれだけ看取りの場面でお年寄りから教わっても、どれだけ13歳の子の手紙に心振るわされても、また、日常では我に振り回されている私です。

ですが、そんなちっぽけな私に、このたくさんのご縁が、ブレーキを掛けて下さる。気づきを与えて下さる。だから、私は今、この場で踏ん張れていると感じています♪
誰か さま (1000)
2017-05-31 07:24:27
誰かさんも気づいていらっしゃる…ステキです♪

『後悔していながらも、未だに身近な人に背を向けてしまう事もあり、私自身まだまだだなぁと』

なんて素直な吐露でしょうね。
私もそんな連続で暮らしていますが、それでも感激する心があるということが、そんなことだけど嬉しく思えています♪
奇跡の星 さま (1000)
2017-05-31 07:26:43
本当、忘れっぱなしの最近の私をまざまざと見せつけられた手紙でもありました。
むしろ、嬉しかった♪

仏教は、上も下もない関係性を教えてくれます。

若き純真な言葉に頭を下げられるように育てられて、私も、そして奇跡の星さんも、そのご縁、おかげさまですよね♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。