センソウの個人的思い出とかなんか色々

かくれんぼ同窓会における一大イベント「センソウ」の個人的な思い出等を綴ります。いわゆる「センソウ日記」とは少し違います。

大阪襲撃③〜潜入・捜索・立命館〜

2017-01-02 01:15:23 | 大阪襲撃(肥後之国、センソウ2...
0時過ぎてからヒッチハイクを始めたのでこれはやばいかと思いましたが、ありがたいことにいきなり東京インターのところから愛知県の上郷サービスエリアまで、長久手の方に拾っていただけました。感謝。この時、僕を乗せてくださった方はノンストップで上郷まで行ったので、肥後国の面々が乗ったインディカーを追い抜いていたようです。だから上郷SAでヒッチハイクを再開せずにインディたちに寄ってもらって同乗すれば良かったのに、なぜかそのままヒッチハイクをしてしまって一気にピンチになりました笑

 そこで無茶苦茶寒いなか二時間半くらい粘ってなんとか乗せてもらえましたが、乗せてくれた方が名古屋大学院生の綺麗なお姉さんだったので尚のこと嬉しかったです。タナゴの保護活動をしてらっしゃるとのこと。

 そして尾張一宮PAまで乗せていただきました。その次は運送屋さんで、養老SAまで乗せてくださり、さらにみかんを頂きました。ありがたやありがたや。そして、次に乗せて下さった岐阜在住のご夫婦が、なんと京都駅まで連れて行って下さりました。大津SAまで乗せて行っていただけたら、あとは自分で駅まで歩いて京都に向かおうと思っていたのに、どれだけ感謝してもしきれません。降ろして頂いた時点でまだ12時過ぎ。他の肥後勢はもう立命館大学に着いていましたが、LIVEは夜の開催なのでまだ時間的余裕があります。私はバスに乗って、立命館大学の衣笠キャンパスに向かいました。

 現場では、インディ以外の5人(もぐら、常駐さん、奈良池さん、アヴァンドゥール、ガテラル)がキャンパス内のロビースペースのようなところで待機していました。夜通し運転してくれたインディは披露と眠気の極致だったため、先に大阪に行って駐車して、車内で睡眠中のようでした。

 我々の計画をもう一度確認すると、失禁の尾行は発覚等のリスクが大きすぎるため行わず、失禁と一緒に行く予定の一般人Aさんを特定し、尾行をして失禁と合流したところで爆弾を撃ち込むというものでした。ツイッターやミクシィで確認できた情報(学部など)から、Aさんが授業を受ける可能性のある教室はある程度絞り込めており、時間的におそらく3か4限後に大阪城ホールに向かうと思われたので、それまでに本人を特定し、バレない(センソウのことは知らないと思われるので、正確に言えば迷惑をかけない。迷惑かけたらルールに抵触して襲撃自体が無効になってしまいかねない)ように後をつけていく手筈でした。

状況としては、Aさんが授業を受けているであろう棟の候補は学部からかなり絞れていたので、あとはそれらの棟の中で授業を行っている教室を確認し、その中のどこにターゲットがいるのかを特定する段階でした。ただ、それだけではターゲットの特定は不可能です。相手の顔を知っている人が肥後にいない以上、教室が分かってもその中の誰がターゲットであるのかは分からなかったのです。幸いにしてよう比較的少人数の教室で授業を受けているようでしたが、我々の持っている情報のみでは一人に絞り込むことはどうしても不可能でした。もうこうなると、残された方法は一つしかありません。

学生への特攻、つまり聞き込みですww

 しかし、これはかなり慎重に行わないと全てが水泡に帰してしまう、危険度も高いやり方でした。ターゲット本人やかなり親しい人物に突撃してしまったら元も子もないからです。失敗のリスクと隣り合わせの、危険な賭けでした。

この緊張極まる作戦を無事に遂行するのはかなの難易度でしたが、ここで大阪出身のアヴァンドゥールがファインプレーを見せます。ターゲットと同じ授業を受けていたと思われる人物に果敢にアタックし、同じクラスの同級生を発見することに成功したのです。しかも、そのコンタクトを取った相手がかなり絶妙な立ち位置の方で、ターゲットであるAさんを知ってはいるけどほとんど交流はないという人物でした。これが、もしかなり親しい友人だったりした場合は、Aさんに密告されて(実際、我々はむちゃくちゃ怪しかったと思います)しまう危険もありましたが、別に仲良い分けではないしそもそもよく知らないという男子学生であったため、その可能性を排除することが出来ました。これにより事態は大きく進展し、その我らが救いの神により、教室の外から「あの人だと思う」という風にこっそり教えてもらうことが出来ました。これで失禁とライヴに行くAさんをほぼ特定することが出来ました。あとは、Aさんを尾行して失禁と合流した時に撃ち込めば成功です。


我々の襲撃計画成功への道筋が、ハッキリと見えてきた瞬間でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪襲撃②〜作戦会議、そして... | トップ | 大阪襲撃④〜ハント・ザ・Aさん〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大阪襲撃(肥後之国、センソウ2...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL