センソウの個人的思い出とかなんか色々

かくれんぼ同窓会における一大イベント「センソウ」の個人的な思い出等を綴ります。いわゆる「センソウ日記」とは少し違います。

成田事変③ 

2017-11-17 04:05:36 | 成田事変(アメリカ合襲国、セン...
ブラアウが今夜7時に帰国し、それがスワームで公開されてしまっている・・・。


この突然の一報に、アメリカの平穏は一瞬にして跡形もなく崩れ去りました。セシルは翌日の19日に成田着と聞いていたそうですが、何らかの伝達ミスがあったようです。

アメリカを目の敵にしている四か国連合軍が、このチャンスをみすみす逃すようなことは絶対に有り得ません。恐らく、連合国は今頃成田に向かっており、ブラアウを合同襲撃する準備を嬉々として進めていることでしょう。

二倍期間に、電車賃が約1000円もかかる成田で合同襲撃を喰らってしまったらシャレになりません。相手方の準備次第では貯金が吹き飛ぶどころか、一気に最下位転落という事態も考えられます。


とにかく我々は、最悪の事態を回避するために集まれる国民全員で速やかに集合することにしました。車を手配して成田に集まり、うまく他国民に襲撃される前にブラアウを回収出来ればベストですが、税関とかの空港のゲートを抜けたところに敵国が張っていたらそれはほぼ不可能なので、撃ち合いになる可能性が濃厚です。そうなれば、まさにセンソウ2011の寒川事変の時のような状況であり、大ピンチには違いありませんが、こちらが多くの人員を確保出来れば勝機は全くのゼロというわけではありません。寒川事変でアルバニアが地獄を見たのも、人手不足で火力が圧倒的に劣っていたのが大きな要因でした。

急な出来事ですし、成田までの往復だけでもかなり時間がかかるので、人数を集めることは絶望的かと思われましたが、ここはやはりガチホモ国家と他国から蔑まれることで異様な団結力を培ってきたアメリカです。なんと、セシル、大佐、シャー、ぷりんちゃん(アラモード)、現場にいるブラアウ、私、さらにパイパンと、最大で7人が集まれることが判明しました。パイパンは来れない可能性も少なからずあるそうでしたが、6人いれば最低限のまともな勝負は出来ます。絶望モードから一転、アメリカの士気は俄かに高まりました。

とはいっても、相手がカード等も含め四カ国の総力を結集して撃ち込んでくる可能性を考えると、こちらの分が悪いことは否定できません。合同襲撃を回避することがベストなのは事実です。我々は作戦の話し合いや、知人に連絡をして車の手配を試みるなど激突に向けた準備をすると同時に襲撃を避けるべくブラアウにlineを送りまくりました。ブラアウは既に機上の人となってしまっていると思われ、連絡が全くつかなかったのです。本人が何も知らないまま不用意に空港を出て、襲撃されてしまうことだけはあってはなりません。ゲート内に籠城するとか、ゲートを出ずにそのまま他の飛行機に乗ってどこかへ行くとか出来れば何よりですし、例え撃ち合うとしても本人があらかじめ状況を把握して迅速な行動をとる事が出来なければ、その出遅れが命取りになってしまいかねません。しかもそれ以前に、我々がブラアウの帰国時間に間に合わない可能性もあり、それはブラアウが集中砲火を受けて、一発も撃ち返せないことを意味します。

飛行機に乗っている最中はラインを確認することが出来ないので、ゲートを出る前の無敵の聖域内で確認してくれることを信じるしかありませんでした。

ブラアウが聖域の中で携帯を見ないという事態も想定して、空港に電話をしてブラアウの乗っていると思われる便名と搭乗者氏名を伝え、伝言をお願いするか?などという案も飛び出しました。

ブラアウに、何とか事前に状況を把握してもらうこと・・・これが、我々が大敗しないための必須条件でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成田事変② | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

成田事変(アメリカ合襲国、セン...」カテゴリの最新記事