センソウの個人的思い出とかなんか色々

かくれんぼ同窓会における一大イベント「センソウ」の個人的な思い出等を綴ります。いわゆる「センソウ日記」とは少し違います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャノンさん決死のボルダリング

2015-01-12 14:36:09 | 西ドイツ(センソウ2008)
センソウ2008の西ドイツでは、中心人物だったキャノンさんがなぜか幾度も標的にされてしまったのですが、そんなキャノンさん被襲撃エピソードのうちの一つをご紹介します。マスター判断も絡んでくるので、少しでも参考になれば。

この時襲われた場所は、早稲田大学の17号館、つまり体育館付近。相手はハワイ(ギリシャ)でした。


フリーズされる前に相手に気付けたため、キャノンさんとハワイとの追いかけっこが始まるのですが、次第に追い詰められたキャノンさんは、体育館の横の広場にある階段を使って下に降ります。













その階段の下には非常口があり、そこを開けると深い落とし穴のような奈落の底に通じているのですが、キャノンさんは果敢にそこに飛び込み、持ち前のボルダリング技術によって壁をよじ登って上まで向かっていきます。





しかし、上(この画像の格子の外側。つまり撮影者の位置)にはハワイ軍団が待ち構えており、下にもハワイのカミソリさんがいたため挟まれた形になり、キャノンさんは穴の中間地点にある非常に狭い足場(上の写真でゴミが落ちている部分)に立ったまま身動きが取れなくなりました。   


ただ、上からは格子があるため襲うことが出来ず、下からもキャノンさんほどのボルダリング技術を持つ人間がハワイにいなかったため(本人談)キャノンさんに触れることが出来ず、完全に膠着状態に陥りました。


そのままキャノンさんはひたすら粘り続け、西ドイツのメーリスは大盛り上がり。みんな他人事のように楽しんでいました笑。


これがハワイの誰かが撮影した実際の写真。なんと6年が経過した2015年1月現在と全く同じゴミが落ちたままになってる(オレンジ色のやつとアルミホイル)ww





こうしてタッチもされないけど逃げることも出来ないまま、時間だけが過ぎていったのですが、キャノンさんが奈落の底に飛び込んでから1時間半が経過した頃、どうしようもなくなったハワイの軍勢がなぜかマスターに連絡し、非情なるマスター判断が発動。

なんと、全く触れられていないのにタッチが成立。ただある種の妥協案として、襲撃人数を一人減らすことで半ば強引に収拾が図られました。


マスター判断は絶対とはいえ、この裁定に西ドイツの面々は激怒。身体にタッチするという襲撃成立の最低要件を満たしていないにも関わらず襲撃成功扱いとなってしまったことに誰も納得出来ませんでした。


ただ、この緊迫感ある攻防のキャノンさんによる実況中継を存分に楽しんだのと、キャシーさんの

「膠着状態なのにマスターのベーション判断でタッチあつかいってこと?

へ~」


というメーリスでなんかちょっとどうでもよくなったので、最終的にはみんな受け入れました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスイベが当日に中止(セン... | トップ | 寒川事変(センソウ2011) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西ドイツ(センソウ2008)」カテゴリの最新記事