センソウの個人的思い出とかなんか色々

かくれんぼ同窓会における一大イベント「センソウ」の個人的な思い出等を綴ります。いわゆる「センソウ日記」とは少し違います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめに

2014-12-23 00:00:00 | 当ブログについて
当ブログでは、かくれんぼ同窓会最大のイベントである「センソウ」にまつわる、私が体験したり聞いたりした様々な出来事を記していきます。センソウ開始から終戦までの26日間のことを書くセンソウ日記ではありません。

そもそも、センソウでの出来事を記録に残したいのであればセンソウ日記を書けばいいじゃんという話しですが、私にはそのような根気もマメさも到底なく、これまでに一度としてセンソウ日記を書き上げたことがありませんでした。毎年書いてるFさんとかムッシュとか本当にすごい。

そうした自分の怠惰に抗うだけの情熱も出なかったので、せめて強く印象に残っており、後の代にまで残しておきたい事件を抜粋して書いてみようと思い立ったのがこのブログを開設したきっかけです。

センソウ日記は、その年のセンソウを体験していない後輩たちにセンソウとはどういうものなのかを伝えるために書かれるという側面ももちろんあるでしょうが、やはりそのセンソウを体験した当事者たちが、読み返して甘くて苦い懐旧の念に浸ったり、「あの時この国はこんなこと考えてたのかー」とニヤニヤするのが一番の存在意義かと思います。自国はもちろんのこと他国であっても、自分が参戦した年のセンソウ日記を読むのは本当に楽しいことです。

では、このブログは何のためにあるのか?というと、はっきり言って自己満です。自分が忘れたくないことを書いて、忘れた頃に読み返すことです。

ただ、前述のように、私が知っているセンソウ起きた強烈な事件を、その当事者ではない後輩たちに伝えたいという思いもあります。センソウは飽くまでもゲームですが、誰もがガチになり、悲喜こもごも入り乱れる一大ドラマでもあります。過去に起きたそうした様々なドラマが、時とともに忘れ去られていってしまうのはどうにも寂しいのです。もちろんそれは必然の宿命ではありますが、このブログはそうした定めへのささやかな抵抗です。

このような趣旨のブログなので、ここに書くことは、どうしても現役生が知らない過去のセンソウの話しがメインになると思います。具体的には、2008〜2011くらいです。2008年より前のセンソウについては、私が入学前の出来事なので断片的に幾つかのエピソードを聞いたことがあるくらいですが、それらも少しは書くかも知れません。また、2009年にソマリアで、2010年に神聖ローマ帝国で経験した26日間については、それぞれFさんとジャクソンさんが、詳細で素晴らしいセンソウ日記を残して下さっているので、あまり書かないかも知れません。


上述のように、センソウ日記は当事者たちのためにも後輩たちのためにも書かれるものですが、どちらかと言えばその当事者たちが読んでこそ真価が発揮されるものです。

しかし、このブログについて言えば、ここを発見してくれる奇特な方がいらっしゃるとしても、その殆どはここに書かれる事件の当事者ではなく現役生たちでしょう。隠退後もセンソウについて書かれたブログを探すような人はそんなに多くないでしょうから、昔のセンソウを闘った人々がここを見つけることはほぼ無いだろうと思います。


もちろん誰であってもここの記事を読んで下さるなら本当に有難いのですが、現役生しかここを見つけることはないと仮定して、今を生きるカクレンジャーがこの過去のセンソウの物語に果たして興味を示してくれるのか?このブログを発見しても、記事を読んでくれるのか?

このブログは、過去のセンソウの忘れ難き事件の数々が時とともに風化されていってしまう悲しき宿命への、私なりのちっぽけな挑戦でもあります。

楽しんで頂ければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加