千里山ブラウズ

SENRIYAMA BROWSE 千里山の商店街や街並みを散策しながら、素敵な人やお店そして風景と出会えれば‥‥

道産子三人娘の前田麻耶さんが初優勝!

2017-05-25 23:49:12 | 作詞・作曲


 過疎化で生徒数が激減している故郷の中学校の後輩たちに、より元気になって貰いたいと制作した『私の故郷』を、快く歌って頂いた北海道室蘭の女子高生竹野留里さんは、テレビ東京「THEカラオケ☆バトル」のU-18四天王として今年も益々その活躍が期待されています。
 そして、同番組を通じて仲良くなり一緒にライブなども開いている「道産子三人娘」の前田麻耶さんが、昨夜ついに念願叶い「全日本大学生歌うま王決定戦2017」で初優勝しました。
 予選で100点、決勝でも99.812点という他を寄せ付けない強さで、2月の「U-18歌うま甲子園 U-18四天王入れ替え戦」で留里さんが新・四天王になった時とデジャブ感のある勝利でした。
 100点に近い得点を出すには、音程とタイミングの正確さ、そして抑揚や表現力などの要素で完璧さが求められます。それを最後までキープしコントロールできるのは、生まれ持った才能とそれを信じ磨いてきた努力の賜物かと想います。さらにテレビカメラや聴衆の前で緊張しつつも、イメージ通りの結果を出すメンタリティーが必要です。
 前田麻耶さんは元々の安定感のある歌唱力に、大学生となってからのカラオケボックスのアルバイトで更に磨きが掛かったようです。
 番組でトップセブンと讃えられる先輩たちからも恐れられる最強コンビが誕生しました!
 これからは大人の思惑で、同郷の良きライバルとして予選で充てられる予感がしますが、二人のハイレベルな戦いを楽しく見守っていきたいと想います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ちさとの風』2017春号の発行

2017-05-03 10:50:33 | 千里山INFO

 千里山まちづくり協議会の会報『ちさとの風』2017春号が発行されました。
 各会員の自宅に配布された後に、駅改札口やちさと図書館、コミュニティ・センター、そしてご協力頂いている街のお店に置かせて頂くようになっておりますので、千里山のまちづくり情報などにご興味のある方はぜひ一度手に取ってご覧下さい。
 今回、表紙では駅周辺再開発において東側の工事が一段落し、新たに第一噴水までの道路のバリアフリー化と新ベンチの設置、またFree WiHi機能が楽しめる街角広場が作られたこと、次に西側でテーマとなる交番跡地周辺の再開発などについて触れています。
 また、昨年惜しまれつつ逝去された建築家の瀧光夫先生の追悼として、同じく千里山で設計事務所をされている中島祐三さんや、元事務所員だった田代善久さんが故人を偲び寄稿されています。代表的な作品やお人柄とともに、第一噴水の設計の裏側で瀧先生がどのような想いを込められたのかも良く分かります。
 その他、毎回100名近くの参加で歌を楽しめる「千里山ソングス」から第3回目開催のお知らせや、僕の編集者特権(?)でオリジナル曲『私の故郷』(歌:竹野留里)の紹介も掲載されています。
 穏やかな天気に恵まれたゴールデンウィークですが、散歩途中にコミセンなどに立ち寄られて『ちさとの風』をお読み頂けると嬉しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪急三番街リニュアル

2017-05-02 00:25:18 | Weblog

 阪急三番街がリニュアルのために多くの店が閉鎖されていたのが、ゴールンウィークの始まりと共に新しい装いで賑わっています。
 キディー・ランドとニトリ・デコホームが広いスペースで対面している、北館地下1Fフロアーは特に強力で、その脇で以前から営業しているナカイ楽器のスタッフに聞いても、オープンしてから多くの人が集まるのでショップに流れてくるお客さんも増えたとのことでした。
 生活雑貨のFrancfrancや画材のカワチもリニュアルし、また全国からセレクトした食材が揃う久世福商店などもあり全体に魅力を増しています。
 同じフロアにはLEGOのお店までが出店しており、マニア的な人や家族連れも多く訪れています。ミニ水族館があった通路にはLEGOの作品も飾られて楽しめます。
 また、紀伊国屋書店横の「うめ茶小路」と名付けられた通り抜けには、以前かっぱ横町にあった古本屋が引っ越してきていました。工事中はそのイメージから和の食事処が集まるところかと想って楽しみにしていたのですが‥‥。
 かっぱ横町にあった時には冷やかしに時々お店に入りましたが、今度は格調の高い雰囲気の内装になっていて、気軽に店内を覗ける感じでは無くなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有線放送に登録準備

2017-04-23 09:50:03 | 作詞・作曲

 故郷の徳島県美波町が過疎と高齢化で、中学校の生徒数も激減していることを知り、後輩の生徒たちにより元気になって貰おうと「サブ校歌というのか、卒業式の時や普段でも口ずさんで貰える愛唱歌」を作詞・作曲。そして、民謡全国大会一般の部で日本一に輝き、テレビ東京系の「THEカラオケ☆バトル」でU-18四天王として活躍されている竹野留里さんに歌って頂きました。また自主制作盤CDを作り卒業生や地元の住民などにお届けしています。
 その『私の故郷』を有線放送でも聴いて頂けるようにと想い、楽曲登録の審査(無料)を管理する「ユーズミュージック」にお願いしていたところ、CDや歌詞カードなど資料提出後2週間くらいして合格の通知を頂きました。
 実際に有線放送でリクエストして聴けるようになるには、楽曲の登録料を支払い個人的にも有線放送に加入し、そのための専用機器を設置する必要があります。加入・設置の初期費用は無料キャンペーンもありますが、やはり毎月の利用料は掛かります。
 なので今直ぐに登録とはいきませんが、一応ベースとして楽曲審査には合格しましたので、これから登録料や契約・利用料など資金を貯めて、何とか今年中にはお店などでリクエストして広く聴いて頂けるように頑張りたいと想います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kinko's 梅田店オープン

2017-04-22 00:12:54 | Weblog

 印刷・PCワーク・ステーションのキンコーズが25周年目ということで、乳白色の美しいクリアファイルが貰えたり、割引キャンペーンで安く資料づくりができます。
 一昨年から家のプリンターの調子が悪く、黒のみの印刷はできるのですが、カラーが駄目でキンコーズには時々お世話になっています。
 最近はデザイン・プレゼンテーションもPDFファイルで送信して、テレビ電話などで説明・打ち合わせすることも多く、プリンターを使うこともほとんど無くなりました。プリンターの修理も想った以上に高くつくので、どうしてもカラー印刷をする場合はキンコーズに行きます。
 印刷といえばプリントパックラクスルなどのWEB通販の印刷業者が一般的になり、キンコーズのような業態は厳しい環境となっていると感じていましたが、阪急梅田駅の近くに新しいオフィスが4月12日オープンしました。
 これまではホワイティー泉の広場から少し歩いた場所のキンコーズを利用していましたが、梅田駅を良く利用する僕としてはたいへん便利です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千里山 WiFi

2017-04-17 08:59:31 | 千里山INFO

 千里山駅の文化踏切対面で田村書店があった跡地に「千里山駅西側街角広場」ができましたが、置かれた清涼飲料水の自販機がFree-WiWiのステーションになっていて便利になりました。
 設置された石のベンチに座って早速インターネットを楽しんでみました。多くの人が行き交うスポットで日曜日の夕方ということもあり、途中に知り合いに会ってちょっとした会話も弾みます。
 これから夏に向かって気温が上がる季節なので、堅い石のベンチはお尻は痛くなるのを除けば、ひんやりとした感触が悪くなかったですが、秋から冬に向けてはクレームも出てくるのではないかと想われます。それまでに木質の“座布団”でも追加されると良いと感じました。
 何故か最近よく使っていたBiViのFree-WiWiサービスが不調で困っていたところに、新たなFree-WiWiのエリアが出来たことで大変嬉しく想っています。
 外国人旅行者のリクエイストを受けて観光地から始まった、自販機などとスポットを繋ぐFree-WiWiサービスがこれから街中でも多くなっていくのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四つ葉のクローバー

2017-04-16 09:45:23 | 千里山花物語り

 千里山団地の再開発で新たに造られた芝生の土手に、クローバー(和名:シロツメクサ)などの野々花たちが逞しく成長し始めています。
 最初は芝生を敷き詰めて美しく整えていても、自然の生命力は簡単に人間の想いを凌駕して行きます。
 徳島県美波町の母校に贈った愛唱歌『私の故郷』(歌:竹野留里)の歌詞にも、「それぞれの夢見て 探した四つ葉の庭で 友よ集い合おう いつか季を超えて‥‥」とあり、この部分は故郷に住む同級生との想い出話の中から採られた言葉です。YouTube動画のタイトルバックや自主制作盤CDのジャケットにも使いましたが、当時の木造校舎は建て変わっていても、クローバーの群生はしっかり同じ場所にありました。「きっと同じDNAのクローバーだよね!」と友人の電話の声は嬉しそうでした。
 道端で立ち止まり目を凝らして四つ葉のクローバーを探している人を見掛けます。何処からか桜耳にカットされた野良猫が人を怖がる様子も無く近寄ってきて、頭を撫でてやると目を細めて幸せそうに戯れてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸開港150年記念のお菓子

2017-04-13 17:42:25 | Weblog

 1868年に神戸港が開かれてから150年という今年、「神戸開港150年記念事業」として多様な企画や催しが行われているようです。
 神戸を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』は終わってしまいましたが、先日は人気番組「ブラタモリ」でも神戸港と街の成り立ちが、地勢と歴史の両面から放送され興味深く視ました。
 千里山駅前のスーパー阪急オアシスの100円コーヒーのレジ横に、凮月堂の「神戸開港150年記念ミニゴーフル」が売られていて、そのカラフルな缶が美しかったので想わず買ってしまいました。後でキャンディーか何かを入れる缶として使えるかなと‥‥。
 ホームページによると神戸開港150年記念事業の趣旨に賛同して、神戸風月堂が昨年11月より販売しているようです。
 上品で繊細な薄ウェハースで、バニラ・ココア・カスタードの3種のクリームをサンドした、お馴染みのゴーフルが6枚入って400円程でしたが、美味しくてあっという間に無くなりました。100円コーヒーには勿体ないお菓子です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新種の「クマノザクラ」

2017-04-11 22:25:44 | 千里山花物語り

 この時節、大阪造幣局で恒例となっている「桜の通り抜け」が行われ、今年は全国から134種の桜が咲いています。僕も一度ですが夕方に観に行ったことがありますが、多くの種類のヤマザクラなどが都会の真ん中で楽しめて良かったです。
 最近の関西のニュースによると、和歌山・奈良・三重県にわたる紀伊半島南部に、広く自生している新種の桜が発見されました。
 他の9種の「ヤマザクラと比べて葉が小さく、花がよりピンクがかっているなどの特徴があるということです。また、花が咲く時期も異なり、ヤマザクラが咲き始めるより前に満開を迎えるということです。」これらの地域ではヤマザクラが2度咲くと想われていたそうです。
 新種のヤマザクラと確認されれば凡そ100年ぶりで、葉が小さめで花も奇麗とのことです。
 最近は海外からの観光客も日本の桜の季節を目差して来ることも多いと言われています。既にかなりの範囲で自生しているようですので、明るい話題に各地に移植されて人気が出るかも知れません。
 千里山も団地の再開発で50年かけて成長した桜並木が伐採されて、その後は団地内を通る小径に20種以上の桜の幼木が植えられていますが、この季節が以前に比べて寂しくなりました。まだ成長には何十年も掛かりそうですが、早速に新種のクマノザクラもぜひ植えて貰いたいと想います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FM千里でおしゃべり!

2017-04-10 19:15:09 | 作詞・作曲

 4月10日(月曜)、北摂を聴取エリアとするコミュニティー放送局、FM千里の午後4時からの帯番組「北千里アワー」に出演し、「北摂伝言板」という15分間のコーナーで『私の故郷』(歌:竹野留里)の紹介をして頂きました。
 故郷の徳島県美波町が過疎と高齢化で、中学校の生徒数も激減していることを知り、後輩の生徒たちにより元気になって貰おうと「サブ校歌というのか、卒業式の時や普段でも口ずさんで貰える愛唱歌」を作詞・作曲。それを民謡全国大会一般の部で日本一に輝き、テレビ東京系の「THEカラオケ☆バトル」でU-18四天王として活躍されている竹野留里さんに歌って頂きました。また自主制作盤CDを作り卒業生や地元の住民などにお届けしています。
 FM千里の制作部に歌を流して頂けたらとCDをお送りしていたところ、出演のオファーを頂き情報コーナーで採り上げて頂けることに‥‥。
 出演までは想わぬことでしたが、月曜担当パーソナリティーの森本彩幸未さんの爽やかなリードのお陰で、慣れないラジオのおしゃべりも何とか無事に終えました。
 短い時間の中であれもこれも話そうとするので、自分でも早口になっているのを冷静に感じながら、少しの緊張の中でも楽しめたかなと想っています。
 録音があれば聴き直してみたいと想いますが、おそらく冷や汗ものに違いありません‥‥。でも、また機会があれば今度はもっと上手く話せると想ったりして、意外に“出たがり”な自分を発見しました(笑)

※ FM千里が10階に入っている千里中央のライフサイエンス・センターのロビーで少し時間待ちをしました。向こうに一本の満開の桜が見えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの試験勉強

2017-04-06 19:03:07 | Weblog

 社会人になってから久しい僕ですから、運転免許証の時以来で想い出せませんが、最近“試験”というものを再び受ける機会がありました。
 何の試験かは別にして、試験のために新しい専門用語を憶えたり、教科書の解説の意味を理解したりすることが出来るのだろうかと不安がありました。それでなくとも年齢と共に少し健忘症的なところは出てきているのです。まだ新たな記憶力(少なくとも試験が終わるまでは保持できる)や理解力が残っているのかと‥‥。
 先週行われた試験は学科と実技に分かれていて、自信の無かった学科は全て3択形式だったからか、思いの外良くできてクリアしましたが、実技の方でケアレスミスが出て不合格に、そして今週(明日)また実技だけ再試験となりました。次は多分落ち着いてできるだろうと想います。
 しかし、こういう刺激的で新鮮な経験をして、意外にまだ勉強をする能力が自分にも残っていることを知り、また何か新たに挑戦する積極的な気持ちが芽生えてきたように感じます。
 資格試験に嵌る人の気持ちが少し理解できます(笑)

※ 写真は個性派女優、吉田羊さんの公式ブログの記事「試験勉強」から拝借しています。

【追記】無事に実技試験も合格しました! 再トライすれば記憶もより確実な感じになり、自信を持って臨めました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレミアム・フライデーの過ごし方

2017-03-31 17:50:35 | 作詞・作曲

 先月から月末金曜日をプレミアム・フライデーと称し、午後3時に退社をして週末の過ごし方を豊かにすることが推奨されています。まだ大企業に実施が限られているようですが、アフター・ファイブならぬアフター・スリーで少しでも消費を伸ばそうという試みです。
 そして、今日は3月のプレミアム・フライデーになる訳ですが、僕はいつものように千里山駅前のコミュニティーセンターのロビーで、100円コーヒーを飲みながら歌作りの本を読んで過ごしました。昨日の陽気と違い冷たい雨模様が原因なのか、ロビーは閑散として久しぶりに読書に集中できました。
 今日は僕が帰った後の午後3時以降には、公共空間にも人がたくさん訪れたのでしょうか‥‥。
 以前に大阪で音楽セミナーをされて僕も参加させて頂いた、野口義修先生が『CD付き 楽しく体験レッスン作詞・作曲入門』という教則本の改訂版を出されたのでご紹介します。旧版の内容を引き継ぐだけに留まらず、新しいアイデアが詰まっていて楽しめます。この一冊で基本が幅広く学べるので、特に作詞・作曲に興味がある初心者の方にはお薦めします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『私の故郷』(歌:竹野留里)のCDを制作しました!

2017-03-29 07:30:01 | 作詞・作曲

 故郷の町が過疎化で、母校である徳島県美波町立由岐中学校の生徒数が著しく減少していることを知り、後輩の生徒たちにより元気になって貰いたいと『私の故郷』を作詞・作曲して贈らせて頂きました。
 テレビ東京系「THEカラオケ☆バトル」でU-18四天王として活躍されている、北海道室蘭市の女子高生竹野留里さんに歌って頂いたこともあり、街並や自然そして学校の風景と共にYouTubeにスライド動画をアップしたところ、幼い頃からの民謡に裏打ちされた郷愁を感じさせる歌声に、全国のファンの皆さんからたくさんのアクセスと温かい応援コメントを頂いております。本当に有り難うございます!
 その中でCD化へのリクエストが多く寄せられていました。当初から母校の生徒たちや町の住民の皆さんに、この歌に親しんで頂けたらという想いがありましたので、そんな声に後押しされて自主制作盤ではありますがCDを作ることに致しました。
 そして、CDプレス業者にも納期を頑張って頂き、3月10日の中学校卒業式の前日ぎりぎりに、役場のHさんのご協力で校長先生にお届けすることができました!
 ちょうど桜の便りが待たれる季節で、卒業・入学の装いが街に新鮮な彩りを添えています。制作したCDは一部これを機に各地のFM局や有線放送などにも送り、できれば全国のより多くの人たちに聴いて頂けたらと願っています。

※ 『私の故郷』(歌:竹野留里)のYouTube動画をぜひご視聴下さい! ・歌詞

【追記】4月10日(月)、FM千里の「北千里アワー」(午後4:00〜4:15)に出演させて頂きます。『私の故郷』の生まれた経緯(いきさつ)や今後の展開・予定などについて、パーソナリティー(月曜:森本彩幸未さん)とお話しします。15分間ですがその中で歌も紹介されると想いますので、北摂一帯からの反響も含めてとても楽しみにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千里山「桜ウォーク」のお知らせ

2017-03-20 09:01:17 | 千里山花物語り

・千里山まちづくり協議会「桜ウォーク」告知チラシ(拡大)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千里山まちづくり協議会・総会

2017-03-19 09:12:35 | 千里山人(ちさとのやまひと)

 3月17日(土)の午後6時から、千里山会館で千里山まちづくり協議会の総会が行われ、昨年の活動報告と会計監査、そして今年度の活動計画が話し合われました。
 山脇文庫での「川端康成と吹田展」のような主催イベントや、吹田市立博物館で開催された「田園都市・千里山〜大正時代の理想郷」や駅前再開発の完成イベント「千里山まちびらき」など、協議会や会員の協力という形で関わらせて頂いたものなど多様な活動報告がありました。春の散策会や秋の上方落語会「ちさと亭」など、恒例の行事も住民の方たちに喜んで頂いております。
 今年の活動計画も盛りだくさんですが、特に駅前再開発の一貫で時計台の設置がテーマとなりつつある(未定)中で、千里山に縁のある保富庚午さんの「大きな古時計」プロジェクトとして、住民の人たちに呼びかけ共に実現に向けて活動をしていくことになりました。先ずは春の会報『ちさとの風』(千里山コミュニティセンターや図書館・駅などで配布)に掲載予定です。
 本年も千里山まちづくり協議会の活動にご期待下さい! そして、どうぞよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加