千里山ブラウズ

SENRIYAMA BROWSE 千里山の商店街や街並みを散策しながら、素敵な人やお店そして風景と出会えれば‥‥

交通広場が見えてきました

2016-07-22 17:47:22 | 千里山INFO

 千里山駅前開発にともなう交通広場(拡大)の全容が見えてきました。
 ロータリーの白いルーフが眩しく連なる脚元で敷石レンガが貼り終わる頃には、中央に植えられた木立・植栽も根付いて緑鮮やかな葉で強い日差しを照り返すでしょう。
 阪急蕎麦店の前に移転させる交番の建物は、まだ鉄骨組みの状態で囲まれた中では内部工事の音が小さく聞こえています。こちらは8月いっぱいは掛かりそうな感じです。
 コミュニティーセンターの3Fから見下ろすと広い交通広場も、地平から撮影すると距離が縮まって意外にコンパクトな感じがします。
 とにかくこの暑さが終わる九月頃に、再び静かな駅前が戻って来るのが待ち遠しい想いです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

逢いたくて

2016-07-20 09:04:08 | 作詞・作曲


逢いたくて

「愛してるよ」と一言も無くて
貴方は旅立った
「幸せだった?」と確かめたくて
追い掛けて来たのよ

夢の中で微笑う貴方は
輝いて好きよ
あの日出会った頃のように
時めきをくれました

貴方へ忘れな草を
胸に挿して生きる


「お疲れさま」とお酒を注いで
祝った夜のこと
「苦労かけたね」と囁きながら
肩を抱いてくれた

今は一人開くアルバム
話しかけて見るの
穢れのない少女のように
涙脆くなりました

貴方へ忘れな草を
胸に挿して生きる


《 間奏 : Aメロ Piano 》

夢の中で微笑う私が
季を重ねても
伴に暮らした頃のように
温めてくれますか

貴方へ忘れな草を
胸に挿して生きる


作詞・作曲 : コバタイサオ
Copyright (C) 2016.Skyfull Stars. All Rights Reserved.

※ 忘れな草のイメージ写真は「ぶらり花暦」さんから拝借しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椿油が安く買えた

2016-07-13 22:04:44 | Weblog

 中高年になってくると白髪はもちろんですが、髪の艶がなくなるのが残念な想いです。
 そこで洗髪後は椿油を使ってしっとりした感じを保つようにはしていますが、女性の化粧品とは比較にならないでしょうけれども、小さな瓶でも結構な値段でやっぱり困ります。
 しかし、先日千里山駅前にできたスーパー・オアシスの食料品・油脂の棚でこの椿油を見つけて思わず買ってしまいました。
 食用の棚にあるので髪には向いていない商品かなと想いましたが、裏の仕様書を見るとちゃんと髪や肌にも良いと書かれています。
 オアシスでは僕は1,080円で買いましたが、帰って早速ネットで調べると壱岐椿油ということで1.500円となっています。
 それでも125mlの容量を考えると今まで使っていた大島椿などに比べてかなり安いと想います。
 大島ブランドに比べて壱岐の椿油は少しマイナーなのかも知れませんが、品質が変わらず安ければそんなことには構いません。
 壱岐の椿油お薦めです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積乱雲が覗きます

2016-07-05 16:04:18 | Weblog

 千里山駅前のコミュニティセンターのロビーで午後の休憩を取りました。以前には電力不足で省エネが叫ばれ、図書館等の公共施設に行って涼をとることが薦められていましたが、最近ではそういう人も少なくなったようです。
 僕はだいたい昼食後はどこかで1.2時間本を読んだり、時たま会った知人と喋ったりして過ごすので、今日はコミュニティセンターで最近買った音楽ソフトの本を集中して読みました。
 ふと見上げると、千里山の街の周囲に浮かぶ雲の帯の至るところに、夏本番を告げる積乱雲が沸き立ち始めています。
 昔、東京に暮らしていた時に作った『積乱雲』というオリジナル曲の歌詞を想い出しました。
 1番のAメロが「通り過ぎてく〜 初夏の風! 乾いた〜傘は 最後のひと雫!」で始まり、後の繰り返しで「通り過ぎてく〜 初夏の風! 乾いた〜空に ツバメは放物線」と描いています。
 毎年この季節になると、先日巣立ったツバメ達のことや積乱雲を見て、この歌を作った頃の想い出に耽る自分がいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう直ぐ巣立ちます

2016-06-29 18:07:09 | 千里山トラスト

 阪急千里山駅で産まれた5羽のツバメがそろそろ巣立ちを迎えようとしています。
 最近は改札口の辺りで写真を撮っている乗客がたくさんいて、その期待に応えてか羽ばたきの練習をする子ツバメも出てきました。
 よく見ると親鳥から餌を貰いにくい端の方のヒナは、まだだ小さくて少し格差があるようですが、今週中には無事に巣立っていくのではないかと話しています。
 先日、NHKニュースの中で「ツバメ通り」と称された商店街で、年々ツバメの巣作りが減ってとうとう今年は一つになってしまい、それを見守る住民の微笑ましい情景が流れていました。
 商店街がシャッター通りとなり人の賑わいが無くなると、カラスなどの天敵からヒナを守り難くなるために、ツバメは巣作りを避けてしまうということでした。
 千里山は団地の再開発で若い世代の住民も増えつつあるし、近くには餌となる羽虫などの捕れる田畑も少しは残っているので、これからも毎年ツバメは子育てにやってきて楽しませてくれると期待しています。

 ※ 支える物があってずり落ちないような所に巣を作っているのは、本能なのか分かりませんが賢いものだと想います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

改札口にツバメの巣

2016-06-15 16:44:12 | 千里山トラスト

 都会の片隅でも季節を感じさせてくれるものにツバメの飛来があります。
 特に大阪でも吹田市は緑が多く残されていますので、ツバメの巣作りや子育てに必要な自然の材料や羽虫などに比較的恵まれているようで、僕の住む千里山でも毎年お店の軒先や駐車場の梁などにツバメが巣を掛けているのが見られます。
 写真は阪急千里山駅の東改札口ですが、発券機の奥のドア上に掛けられた巣の中に、既に小さな雛鳥が2羽ほど観察できました。
 ある意味では街で一番に混雑する場所ですが、ツバメ夫婦にとってはカラスなど他の大きな鳥達からは守られた安全地帯なのでしよう。
 現在、駅前ロータリー開発の真っ最中で、東改札口も奇麗にリニュアルされるのでしょうか、駅も白いカバーで覆われています。
 時たま電車を利用しに訪れて、突然に飛び出して来るツバメに驚く住民の方もたくさんおられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『吹田の郷』のご紹介

2016-06-10 23:30:13 | 千里山トラスト

 吹田の自然や環境に関する調査や保護について活動している、NPO法人「吹田市民環境会議」の会報『吹田の郷』がなかなか面白いです。
 2ヶ月毎に発行されており、千里山でも図書館や公民館、コミュニティセンターなどで配布されています。千里山まちづくり協議会の松岡事務局長が『吹田の郷』の編集をされていることから、お会いした時などに直接手渡されることも多く、概ね楽しく読ませて頂いています。
 記事を投稿する「吹田市民環境会議」の会員の方も、豊かな専門的知識や経験をベースに分かりやすい文章で書かれています。
 例えば104号(2016年4月)では「私の本棚よりお薦めの一冊」と題して、生きもの委員の平さんが『唱歌「ふるさと」の生態学』(高橋成紀著)を紹介されていますが、「うさぎ追いし~♪」という歌詞の解説で、最近うさぎが減った原因は「萱」場が無くなったことにあることを知りました。茅葺き屋根が見られなくなった現代では、うさぎにとって猛禽などから身を隠せる「萱」場が里山では必要なくなりました。
 郊外都市として開発された千里山でも、高齢者で子供の頃うさぎ狩りをしたと言われる方がおられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ぶんぷく ばんぱく」のご紹介

2016-06-03 09:15:42 | 千里山ギャラリー

 千里山の画廊喫茶「ル・パルク」の裏で阪急電車の線路傍に建つ古いアパート文福荘を中心に、週末の6月4日(土曜)にイベント「ぶんぷく ばんぱく」が開催されます。
 オーナーの三原満里さんが多様な活動をされるなかで、周りに慕い集まってこられた若い世代の方達たちが、千里山や北摂地域を元気にしたいと願い企画されたと聞きました。
 地域情報紙『シティーライフ』にも取材・紹介されています。
舞台となるのは、元学生下宿だった「文福荘」。
昭和初期に建設されたこのアパートは、老朽化が進み、現在はほとんど使用されていない。
しかし、このまま寂れてほしくないという大家の思いに応えるため、「文福荘」を地域の人が集える文化施設へと再生するプロジェクトが2015年末からはじまった。
1970年の大阪万博をテーマにしたこのイベントは、昭和の香りが漂う文福荘と、千里寺を会場とし、ワークショップや、マーケット、ステージなどの催しが企画されている。
 今度の日曜日、散歩ついでに覗いてみては如何でしょうか。

告知パンフレット
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私の故郷

2016-06-01 00:16:33 | 作詞・作曲


私の故郷

春は菜の花みち
歩く君の背中
夏の花火は海を離れ
遥か宙(そら)に消えた

私の故郷は
今も此処にいます
懐かしい人たちが
愛し暮らした街並

友よ見つめ合おう
過ぎし季を辿り


秋は落ち葉の窓
映す君の瞳
冬の朝 白い薄氷
淡く風に解けた

私の故郷は
今も此処にいます
蘇る精霊(もの)たちが
守り伝えた山河

友よ感じ合おう
蒼い季の中で


哀しみに悩む日も
側に居てくれたこと
それぞれの夢見て
探した四つ葉の庭で

友よ集い合おう
いつか季を超えて
私の故郷は
今も此処にいます


作詞・作曲 : コバタイサオ
Copyright (C) 2016.Skyfull Stars. All Rights Reserved.

※ イメージ写真はこちらの素材集から紹介しています。
※ 母校である徳島県美波町の由岐中学校の後輩たちへ想いを込めて作りました。
  先日、同窓生で徳島市内に住まわれピアノ教室をされているO(旧姓S)さんが、寄贈されるキーボードを携えて母校を訪ねて下さり、この歌を生徒の皆さんを前に紹介して頂きました。その後、三浦校長先生からご挨拶のお電話も頂戴し、暖かいお言葉を掛けて頂きました。また、同窓生で教師をされているA君のご協力も頂き、『潮騒の街へ』のようにスライドショーにしてYouTubeにアップできればと想っています。本当に有り難うございます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラオケ月刊誌『ミュージック☆スター』

2016-05-28 09:40:21 | 作詞・作曲

 演歌・歌謡曲のカラオケ月刊誌『ミュージック☆スター』に、毎月オリジナル曲を投稿し始めて丸2年になります。
 一昨年の6月号に初投稿した『北風の章』という作品が、ビギナーズラックでいきなり優秀賞で掲載され、以降気分を良くしてこの雑誌を選び投稿を続けています。
 昨年から審査担当の先生が変わりましたが、審査項目を8項目に設定して客観的な評価をされるので、優秀賞から漏れてしまった時でもその評価ポイントがとても参考になります。
 今月号では昨年度の優秀賞24作品(毎月2曲が選ばれます)の中から、グランプリや優秀作品が作詞・作曲部門別に発表されていて、昨年12月号に掲載された僕の『風は涙色』という故郷を歌った曲が努力賞を頂きました。多くの実力者の常連さんがおられる中で、何とか頑張っているなと自分的にも想います。
 最近、故郷の合唱団でピアノ伴奏などをされている同窓生の女性に曲を聴いて頂く機会があり、親しくされている指揮者の先生に推薦して頂けるようです。もしかすれば『風は涙色』が運良くレパートリーになるかも知れません。
 この曲のDemo音源はソロで歌いましたが、途中から混声合唱も意識して作りましたのでそうなれば嬉しいですが、今回の努力賞もその後押しになればと秘かに念じています。
 カップリング的な意味で『帰郷 -home away-』という曲の、Demo音源を追加で仕上げて送らせて頂きました。ぜひこちらも合唱で聴かせて欲しいと夢想しているところです!

※ 他に『カラオケファン』や『歌の手帖』などがあり、現在『カラオケファン』は投稿コーナーを休止しています。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「“田園都市”千里山を歩く」

2016-05-22 16:24:23 | 千里山ウォーカー

 吹田市立博物館で4月23日から6月5日まで開催されている「“田園都市”千里山~大正時代の理想郷~」の企画イベントで「“田園都市”千里山を歩く」が5月22日午後1時~5時に行われました。
 快晴で初夏の日差しの下、阪急千里山駅西改札口前集合から4時間の長丁場でしたが、五月女学芸員を始め博物館の関係者の皆さんの解説と適切な誘導に時間を忘れ聞き入りました。
 ポイント毎に用意された昔の街の写真や、千里山がまちづくりの参考としたイギリスの田園都市の資料などと照らし合わせて、初めて見る写真や新事実を知ることも多く楽しい街歩きとなりました。
 千里山出身の漫画家田代しんたろうさんも、昨日の博物館訪問に続いて街歩きにも駆けつけられて、久しぶりにまちづくり協議会の人達とも親交を温めておられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『帰郷 -home away-』Demoを録音

2016-05-13 14:16:01 | 作詞・作曲

 数年前に作っていた『帰郷 -home away-』という曲のDemoを録音しました。
 ゴールデンウィーク中に故郷で開かれた小・中学校の同窓会で、僕が歌ってYouTubeにアップしている『潮騒の街へ』動画が、余興の一つとしてプロジェクターで映写され皆に視聴して貰えたのですが、それに触発されて連休終り頃からアレンジを進めていました。
 ようやく伴奏ができて、ここ2日間で暇を見つけながらボーカル録りを自分の部屋で行いました。
 タイトルが表すように故郷に久しぶりに帰省して、感じたり想うことを広げて歌詞にしました。メジャー調の中に哀愁を感じて貰える曲になったのではないかと想っています。
 故郷に住む友人の女性が地元の合唱サークルのピアノ伴奏をされるということで、僕の『風は涙色』というオリジナル曲を気に入って貰えて、指揮者の先生に推薦して下さっていますので、今回のDemoもお送りして聴いて頂く積もりです。
 この曲もラフスケッチ的な弾き語りの時とは違い、意外に合唱向きな感じもしていますので、レパートリーに採り上げて頂けると光栄に想いますが、どうでしょうか‥‥。

 ※ 個人版CD-Rのジャケットにはこちらの写真サイトの木造校舎の作品を拝借しています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

同窓会で『潮騒の街へ』を映写

2016-05-08 08:30:38 | 作詞・作曲

 大型ゴールデンウィークも今日が最終日になりましたが、先の4日に故郷の徳島県美波町で僕の小・中学校時代の同窓会が開かれました。
 前回は参加させて貰いましたが今年は都合で欠席しました。旧友たちには懐かしくそれぞれの無事を確認し、楽しい一日になったことと想います。
 出欠の葉書きの返信面に、ふと想い付いてオリジナル曲『潮騒の街へ』(YouTube)へのアドレスQRコードを貼付けて、携帯やスマートフォンで同窓生に故郷のスライドショー写真を見て貰うことにしました。
 数年前に歌と一緒にYouTubeにアップしたものですが、地元役場がプロに依頼して撮影していた街の写真を提供して下さったことや、地域サイトを運営されている方や、お遍路さんで故郷の道を通った旅人のブログなど、多くの人達からご協力頂いたことを改めて感謝とともに想い出しました。
 同窓会ではいつも幹事をして下さっている龍っちゃんがプロジェクターを役場から借りてくれて映写したそうです(スナップ写真はまた送って貰い次第アップします)。お世話になり本当に有り難うございました。
 みんな元気でまた会いましょう!

 
『潮騒の街へ』QRコード
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「“田園都市”千里山~大正時代の理想郷~」見学

2016-04-29 18:15:26 | 千里山INFO

 ゴールデンウィーク初日に、吹田市立博物館で4月23日から6月5日まで開催されている「“田園都市”千里山~大正時代の理想郷~」に行ってきました。
 特に今日は関連イベントとして「市民フォーラム」が午後から予定されていたので、天気も回復し行くなら今日が良いと想っていました。
 千里山まちづくり協議会の有志として協力されていた、中野さんと誘い合わせて博物館の傍を通る名神高速道路の、吹田サービスエリアにある「大阪王将」で昼食をゆっくり摂った後訪れました。サービスエリアは外からも入れますので、ちょっとしたドライブの旅気分が味わえます。
 展示は大きく英国のガーデン・シティーとして知られるレッチワースのゾーン、その影響を受けて日本各地で開発された郊外住宅地のゾーン、そしてメインの千里山ゾーンに比較され充実しています。大正から昭和初期の世界と日本の近代化に対して起きてくる、職・住環境の理想と実際の営みが立体的に紹介され、地域それぞれ展開の差異はあるにしても、興味深い街の歴史として感じられる展示になっていました。
 五月女学芸員の司会で午後1時半から行われた「市民フォーラム」には、パネリストとして千里山自治会から藤木会長を始めとして安藤・岩橋・川崎・瀧・山本の各氏の、懐かしいエピソードやこれからの千里山に望むことなど、四方山話も尽きずあっという間に2時間が過ぎました。
 明日も千里山の街の歴史についての講演があるなど、これからも盛りだくさんの企画があるようです。館長のご挨拶では今回の特別展は非常に好評とのことでしたので、ぜひ薫風の爽やかな連休に散歩がてら博物館を訪れてみてはいかがでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ちさとの風』春・26号が出ました

2016-04-27 07:30:54 | 千里山INFO

 千里山まちづくり協議会の会報『ちさとの風』春・26号が発行されました。
 千里山駅の改札口やちさと図書館、またコミュニティセンターなどのパンフレット・ラックに置かれます。街のお店にも配布に協力して頂いています(ぜひご連絡下さい)。
 今号では、千里山駅周辺でも西側の開発について市民の意見を聞こうと、先日開かれたミーティングに参加した有志の報告、浄水場の屋上広場の開放について、また山脇文庫で開催された「川端康成ミニ資料展」のことなどが掲載されています。
 千里山コミュニティー協議会の関西大学学生部会「ツナグ。」の活動紹介や、吹田市立博物館で開催予定の「“田園都市”千里山~大正時代の理想郷~」(GWスタートの4月29日の「市民フォーラム」には、まち協会員の皆さんも多数参加されます!)のお知らせも‥‥と盛りだくさんなので、ぜひご一読よろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加