チコのCOFFEE TIME

日々変わらぬ毎日、お茶を飲みながらふっと思いついたことを・・・・

大文字山は休日を楽しむ人でにぎやかでした

2016年10月10日 22時27分59秒 | 山歩き

 家人と大文字山に登りました。最近釣りに凝っていてあまり歩かない家人は乗り気ではありませんが一緒に登りました。運動不足を感じているようです。
 今日は体育の日で好天です。予想通り大勢のハイカーに出合いました。登り始めたのが少し遅かった(11時)ので、下って来る大勢のハイカーとすれ違いました。山道では登る人が優先ですので、すれ違いにくい狭い所では下って来る人が避けて道を譲ってくれます。お礼を言って通ります。所が家人は登り坂が苦手です。譲ってもらってもさっさと登れないので、譲ってもらうのも苦手です。なので下って来る人とすれ違いそうになると、少し手前で待っていて「どうぞ、どうぞ」と先に下ってもらいます。なのでとても遅いのです。離れ過ぎて何度も待ちました。なのでいつもよりかなり時間が掛かってしまいました。家人は「人の多い時はもう絶対登らへん!」だそうです。
  家人の思いとは全く逆で私はウキウキと歩きました。待ち時間はあったけどその間も周りの木を眺めたり、すれ違うハイカーの様子を眺めたり結構楽しみました。高い山、低い山、難しい山、楽に歩ける山、暑い時、寒い時、何時でもどこでも大好きです。

 コース 阪急・河原町~蹴上~日向大神宮~七福思案処~最高峰~火床~銀閣寺~京阪・出町柳駅  歩行時間約4時間

 
大文字山の登山道は木の根が多い道や岩が続くアップダウンの道など有りますが平で歩きやすい道が殆どです。前を歩いている若者のグループは「ここにもいてる! 捕まえた!」と言いながら歩いていました。「ポケモンGO」をしながら歩いているようです。それにしては歩くのが速いです。転ばないか気になりました。


大文字山最高峰では休憩する人で溢れていました。今日は眺望も良く、日なたでもそれ程暑く無く皆さんゆっくりと過ごしていました。


ママ達は食事が終わってもお喋りに花が咲いています。子供達は高い石の台に登ったり飛び降りたりして遊んでいました。

 
小さい子供と一緒に登っている人も多かったです。大きな子を背負ってフラフラになって友人に手を持ってもらって下る人や、嫌がる子の両手を繋いでなだめながら歩く祖父母など大変な思いをして歩いていました。


素晴らしい眺望を眺めながら火床まで細い階段を下ります。急なので足元もしっかり見ながら下らなくてはいけません。


日床で眺望を楽しむ人達です。スマートホンの地図を見ながら目当ての建物を探していました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地区の市民体育祭が行われました | トップ | 秋満義孝スゥィングコンサー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む