チコのCOFFEE TIME

日々変わらぬ毎日、お茶を飲みながらふっと思いついたことを・・・・

吹田市民登山「能勢・妙見山・ブナ林」を歩きました

2017年06月18日 21時45分07秒 | 山歩き

 先日(6月9日)に登った 能勢妙見山に登りました。今回は吹田市山岳連盟主催山の会です。
コースは前回と同じですが、今回はブナ原生林に立ち寄りました。歩きたかった原生林です。ブナ林は、近畿地方のように暖かい場所では1000m級の高い山にしか残っていません。妙見山は660mと
低山なのにブナが残っていて、大変珍しいのです。そして大阪府の天然記念物に指定されています。そしてブナ林を代表として妙見山中には杉や檜の大木が多く、自然に恵まれた妙見山・初谷コースは「大阪みどりの百選」に指定されています。

 コース 能勢電鉄・妙見口駅~初谷コース~妙見山山頂~ブナ原生林~上杉尾根コース~妙見口
 歩行時間 3時間40分

 6月9日に満開だったタニウツギは終わっていました。大発生していた蝶の姿もありませんでした。そして新緑が濃くなっていました。同じ山、同じコースを歩いても、10日足らずで山の表情が変化するのを感じました。何度も登りたいコースです。

 
前回は丸太橋を渡りましたが、今回は岩を飛んで渡渉しました。  妙見山への最後の登り坂です。


妙見山山頂(660m)からの眺めです。中山、六甲連山が見えます。


ブナ林を下ります。


巨大なブナの木を下から写しているリーダーです。


私も真似をして写して見ました。新緑のグラデーションが綺麗です。


全員で記念撮影です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 万博記念公園は「あじさいま... | トップ | 〈コンシェール阿倍野〉で平... »
最近の画像もっと見る

山歩き」カテゴリの最新記事