おじゃったもんせ

コーヒーなど召し上がりながらごゆっくりどうぞ

平成29年度「加治木ゆずり葉学級」(2回目)高齢者の健康づくり「筋膜ケア」・・・姶良市加治木総合支所(多目的ホール)

2017-06-22 16:09:45 | 高齢者学級

平成29年度「加治木ゆずり葉学級」(2回目)高齢者の健康づくり「筋膜ケア」が6月22日9時30分から、姶良市加治木総合支所(多目的ホール)で開催されました。

ゆずり葉学級は高齢者が、いろいろな学習や活動に積極的に参加し、お互いに交流を通して絆を深め、地域社会に寄与しながら、高齢期を人生の最も充実した時期として、明るく楽しく健やかに生きることを目指して、今年度は姶良市内の6箇所で開設されました。(加治木ゆずり葉学級には49名が参加)

講話が始まる前に参加者全員の血圧測定及び健康調査が行われた後に、鹿児島県民総合保険センターの保健師の仕事内容と自己紹介紹介があり、講演が始まりました。

【講話の内容】・・〇筋膜とは・・筋肉を取り巻いている膜で、血液が流れており、高齢になると柔軟性がなくなり血液の流れが悪くなるので、ケアが必要になる 〇筋膜ケアのポイント・・①リラックスする・・緊張すれば体も緊張して血液に流れが悪くなるので、リラックスすることが大切である。②出るもの拒まず・・気持ち、感情などに蓋をしないで出すものは出す→自分を大切にする

〇脳のはたらきを使うコツ・・①言葉のチカラ・・肯定的な言葉→自分が話した言葉は自分に帰ってくるので、良い言葉を使う ②イメージするチカラ・・なりたい姿→脳はイメージに反応する→イメージトレーニング ③自己の受容チカラ・・自分を嫌わない→自分のことを受け入れ自分を認める

【実技の内容】・・〇2人がペアになって向いあう・・相手と手を握りあう・・手が上→お姫さま・・手が下→王子さま・・(お姫さま)相手を観察して良いところを見つけて褒める・・(王子さま)・・相手を観察して良いところを見つけて褒める・・ほめたことによる、体と心の変化を感じる

〇筋膜ケアの実技・・①顔のメンテナンス ②肩こり・腰痛のメンテナンス ③足首のメンテナンス ④脚のメンテナンス ⑤背骨・骨盤のメンテナンス・・(内容は資料参照)

今回の高齢者の健康づくりプログラム「筋膜ケア」を受講してみて、高齢者が無理せずに自宅で実施できる内容なので、まず自分で実行してから、周囲の人にも紹介したいと思っています。

講演と実技の様子を写真で紹介し、資料をスキャンして添付します。

血圧測定

事務局の説明

講師挨拶・講演の開始

二人がペアになって相手を褒める

筋膜ケアの実技「肩こりのメンテ」

筋膜ケアの実技「顔のメンテ」

筋膜ケアの実技「脚のメンテ」

閉会のあいさつ

※写真をクリックすると拡大し左上の←をクリックすると戻ります。

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側溝の掃除と浄化槽について... | トップ | 小烏吹矢同好会248回目の練習... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (藤井)
2017-06-23 11:37:41
うなぎ登りの上昇している社会保険予算を抑制するため、予防による健康増進活動の推進がますます必要になりますね。有難うございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高齢者学級」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。