80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

引用文・・・新年のごあいさつ代わりに その1

2017年01月01日 21時53分03秒 | 考える
年明けに、一言ご挨拶。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


年頭に際し,昨年のブログに引用させていただいた文章を
ランダム(手あたり次第)に並べてみました。 (その1)  <敬称略>


六然観 (良寛) 
 1 超然として天にまかせ、
 2 悠然として理知を楽しむ、
 3 厳然として自らを慎み、
 4 靄然として人に接す、
 5 毅然として節を持し、
 6 泰然として難に処す
     ― 良寛 六然観 ― 

人は、ただ年を取るのではない。
詩人 サミュエル・ウルマンは「青春」で歌う。
 年を重ねただけで人は老いない。
 理想を失うときに初めて老いが来る。
 歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。  

ルソー「孤独な散歩者の夢想」
第三の散歩
死ななければならない時になって、本当は、どんな生き方を
するべきだったのか学んだところで、間に合うだろうか。

パスカル 「パンセ」より 
<194> ・・・欠陥と不確実とに満ちた私の存在のあり方なのである。
・・・
「いかなる確実性を彼らが持っていようと、それは誇りの種というより
むしろ絶望の種である。」
誰がそのように語る人間を、友として持ちたいとを思うだろうか?
誰がこのような人間を、自分のことを打ち明ける相手として選ぶ
だろうか?
だれがこのような人間に、悲しみの時、助けを求めようと思うか?
最後に、我々は、このような人間を、
人生のどんな時、どんな事に役立てることができるだろうか?

http://leadconsulting.jp/mail365/
小谷川拳次 「稼ぐ思考術」 は上記よりどうぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大晦日、ふと思ったことがある。 | トップ | 引用文・・・新年のご挨拶代... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL