80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

思いを語る ・・・ 夜明け直前に思う

2016年12月20日 18時41分02秒 | 考える
思いを語る ・・・ 夜明け直前に思う

人生に「遅すぎる」ということはない。 

・・・そう、思いたい。

過去の自分の行為、それが本当に役に立った事例を探してみる。
 

・・・・・無い・・・!! 

常に、楽なことばかりやって、やろうとして、無駄な行為を重ねている。


とは言え、無駄な行為を重ねていって知ることもある。 

自分の無力さ、そして必要のない行為を繰り返す愚かさ。

大体、意思疎通のないところに、有効な行為なぞ生まれようはずもない。 


たとえば食事、相手が食おうと食うまいと、人間として、準備だけは
せねばならない。
当然、そこに金がかかる、時間もかかる。
 

結果、相手が、私の用意した食事を取ろうと、取るまいと、 その行為が、
彼の行動に、そして当の自分にも、影響を与えていることは間違いない。
 

無駄を防ぐには、徹底した、互いの意思疎通しかあるまいと思う。

人は、存在を認知された時から、他人と関わらずに生きていくことなぞ
出来はしない。


他人の世話にならず、他人に関わらず、「孤」として生きるなどとは、
青春期の夢想、夢物語でしかない。

現実社会においては、言うまでもなく(?)、不可能なことだろう。

現在、12月20日(火)、午前6時10分
弟が出掛けてから、すでに1時間になろうとするが、まだ外は闇の中
部屋には暖房がつけてあるが、それでも、外の冷気が染み込んでくるよう
に感じる。
今日もまた、一日中、冬のど真ん中だろう。

70代、じっと現状に耐えていくことも、ひとつの勇気なのかもしれない。  
だが、私は、ただ待つばかりというのには、とても耐えられそうにない。

6時45分、ふと見れば、大分外が白んできている。
今日は、いい天気になる予感・・・。

夢かも知れないが、今日もまた、他人とのいい関わりを求めて生きていく。 

2016年12月20日 朝
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた夢の話など | トップ | クリスマスに想う »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今この時、記事の投稿と、多くの記事への感謝を。 (人生の素人)
2016-12-21 22:24:40
 …いつも、様々な悩みと、答えと、こういった記事を見ての出会いに感謝をこめて。

 私としては、過去も書いたのですが「こういった話を聞く機会がある」ことが本当に有り難い…。

 真剣な話題が多いので、私自身リアクションが遅れる+答えがでないのが申し訳ない真実ですが…

 今日はこの場と、この機会…やっぱり言葉にしないと伝わらないと思いまして。

 「いつも真摯な内容との出会いをありがとうございます!」

 …助言をできるほどエラそうな人間でもないので、悩みに関してこうすれば…なんておこがましいことはできません…すいません。

 でも、本当に思っていることです。「この記事を見て、何か心に残るものがある。だから、無駄なんてないんじゃないかな?」と。
 無駄の線引き始めるとどこまでも行ってしまう気がするので汗(自分だけですかね)


 最後に、長文失礼しました!
そしてオチと感謝を…このコメントの長さからわかるように…こう1ページでまとめる技術が本当に!羨ましい…
 (私は真剣に書くと5000字とか軽く超えて…全文読む気が失せる文章になる悪癖があるので汗)

 日常の真剣な話題と出会い、有難うございます!
 
 
いつもありがとうございます (風来居士)
2016-12-22 18:52:00
いつも私のブログをお読みいただいているようで、本当にありがとうございます。 

人それぞれ、誰もが、みんな真剣に生きているのだと思います。
ただ、自分の思うように、考えていたような結果が出てこないから、自分は、
本当は、もっと真剣になれるはずだ、こんなものじゃない。
もっと何か出来るはずだと、自らを追い込んでいる。
そんな気もします。

今現在、あなたと、そして私の、「この時間」との出逢いは、ただ一度きりのもの。
多少、自分の思ったとおりにならなくとも、その時間は決して無駄にはならない。
そうも考えます。

もともと、ブログを始めたきっかけが、自分の考えを、頭の中から追い出して、他人
の眼で見直してみるということだったのではないかと、今は考えています。
考えを、文章にして、自分を見直してみることは、決して無駄ではないと思います。

もっとも、さらによく思い直してみると、それ以前に、多少、いや、かなり自己顕示
の場として考えていたような気もしないではないのですが。
コメントへの…ちょっと書きたくなったので笑 (人生の素人)
2016-12-23 10:03:20
 凄く謙虚で、真摯で、そして最後のように「ブログを始めたきっかけは、自分を他人の目で見直してみる」
 …素直に、その志と、今もなおそのことを思いだし、その上で最後に自戒も忘れない…。

 それをできる事が…俗語にはなりますが”エラい”と想います。

 私のブログを始めたきっかけはもっと腐ってましたか汗
 「自己顕示」どころなく、

「自分がこの世界にいた証かつ遺書」

…他人の事なんかまったく考えず、ただ”このまま死にたくない、自分の最期にやりたい我儘やってから”

 今も腐れた方針(趣味だけではアクセス伸びないので、ゲームの記事も書いたり)でやっていたりします…。

 ”だからこそ、尊敬します!”
…こんな腐れた人からの言葉で、申し訳りませんが…汗
再度返信 (風来居士)
2016-12-23 15:52:12
人目に触れる文章なので、ちょっぴりカッコを付けてみただけだろう。
本当はどうなのかね?
どこかからそんな声が聞こえてくるようです。
が、ブログでも何でも自分の思いを表現して、外から見直してみる。
他からの意見に、じっと耳を傾けてみる。
まぁ、それはそれでまたよい機会なのではないかとも・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL