80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

風来流想記 ― 日々に想う ― (1) 共同生活

2016年10月27日 20時50分23秒 | 考える
★ 2016/10/23(日)
共同生活って、一体何なのか?

たとえば、家庭・・・。
私と嫁さん、それに子供一人の三人暮らし。
嫁さん、一生懸命、子育て中。 
私は夜遅くまで働いて金を稼いで帰る。
そういったパターン。
・・・が、今では、既に、はかない夢想でしかない。

蒼春に、閑古鳥 一羽、声なき声で啼く。
閑古鳥、肩に止まって、人寄せつけず。
閑古鳥 歓呼鳥とは、何故書かぬ。
 

お茶漬け、コーヒー、各 1 杯。
薬は少なからず、毒だ。
毒を以て毒を制す・・・か。



雲が流れる、窓の外、白む。 
午前5:30 ・・・。

読書するフクロウ。

私が、眠っている間は、ずっと読書、
こちらが目覚めれば、入れ替わりに眠りにつく。

二人して、交代で、一日中通して見張らねばならぬべきものなど
何も無いと思うのだが・・・。

私は私、彼は彼・・・。
などと言いつつも、結構気にはしているんだぜ。


すっかり目が覚めてしまった。
ふと、レンジを覗くと、昨夕、温めていた飯が冷めてしまっている。 

忘れていた・・・!! 

彼が入れ替わりに眠りに入る。
本当か・・・?
案外、私と話すのが、嫌で、おっくうで、寝たふりをする?
どうも、このところ、私はひねくれた考え方をする。

まぁ、それも、大いにあり得るパターンだが、
互いに大人だ・・・ 。 (どうでもいいことだとも思う。)
・・・まぁ、そこまではしないだろう。


いずれにせよ、いちいち気にかけすぎる必要もなかろう。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋に、一人思うこと (4) ... | トップ | 風来流想記 ― 日々に想う ―... »

コメントを投稿

考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL