80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

引用文・・・新年のご挨拶代わりに その2

2017年01月02日 05時59分30秒 | 考える
年頭に際し,昨年のブログに引用させていただいた文章を
ランダム (手あたり次第) に並べてみました。 (その2)  <敬称略>


人間は壁にぶつかると、ひとつの解決法しかないと思い込んで、
ほかの可能性を考えない。
しかし視点をふと変えることができると、こんな見方もある、
こんな広がりがある、と考えられるのです。
 多湖 輝 (心理学者)   

自分一人で石を持ち上げる気がなければ、
二人でも石は持ち上がらない。  ゲーテ 

常に時間はたっぷりとある。
うまく使いさえすれば。  ゲーテ  

月 天心 貧しき町を 通りけり  与謝野蕪村   

できるなら、手前が死んだだけのことで、世話になった人を
寒空の下で立たせたくはない。 
大人の流儀6 「不運と思うな」 伊集院 静  

善人は気楽なもので、父母兄弟、人間どもの虚しい義理や約束の
上に安眠し、社会制度というものに全身を投げかけて平然として
死んでいく。だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠
野を歩いて行くのである。悪徳はつまらぬものであるけれども、
孤独という通路は神に通じる道であり、善人なおもて往生をとぐ、
いわんや悪人をや、とはこの道だ。キリストが淫売婦にぬかずく
のもこの曠野のひとり行く道に対してであり、この道だけが天国
に通じているのだ。何万、何億の堕落者は常に天国に至り得ず、
むなしく地獄をひとりさまようにしても、この道が天国に通じて
いるということに変わりはない。
坂口安吾 「堕落論」より  

今を素直に受け入れる。
人が総ての意味を理解できるわけはない。
すべてがわかるはず、わからねばならないと思う傲慢を認める。
宮部みゆき 「小暮写真館」より  

http://leadconsulting.jp/mail365/
小谷川拳次 「稼ぐ思考術」 は上記よりどうぞ。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引用文・・・新年のごあいさ... | トップ | 引用文・・・新年のご挨拶代... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL