80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

貴女は眠り、私は旅に出る。 (その2 )

2017年06月19日 05時41分14秒 | 考える
未来は、誰もにとっても未経験。
だから、何事も可能であるはずだ。


それなりのことをやりさえすれば。

してもらうことを期待していると、不満がつのって、つい愚痴が出る。
老人の愚痴は、他人も自分もみじめにするだけで、いいことは一つもありません。
「老いの才覚」 曽野綾子


そもそも、誰かのためになどと考えるのが、間違いなのだろう。
それこそ、私の思い上がりだ。


弟が、私と、生活の時間帯をずらすのは、おそらく、私と相対すると、面倒で、
気詰まりなのかも知れない。
その辺りを、私は、よくよく考えて、生きていくべきだろう。

このまま、今のまま生きていくという選択肢。
現在、70歳、いずれにしても、これ以降の人生は未経験・・・。
私としては、死ぬまで、このまま生きていくより仕方がない。


しかし、「本来は、違うのだ」 ・・・という感覚は、常に持ち続けたい。
で、なければ生きる意味が無い。
もがきつつも生きる。

しかしまた、何も考えず、ただ単に生きていく。
そういうのも、またいいのではないか・・・という感覚も、どこかにある。

人生は、常に多面的だ。
と言って、今さら振り返ってみても、過去は何も変わらない。
どうしようもない。

しかし、過去を捨て去るわけにもいかない。
自分の過去は、確かな現実だから。

としたら、それらを踏み固めて、その上に立つしかない。
  

人生にブレーキを掛けるな。
ひたすら駆け抜けろ!!


人は、いつだって後悔する権利がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴女は眠り、私は旅に出る。(1) | トップ | 貴女は眠り、私は旅に出る。... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼 (にのみや あきら)
2017-06-19 07:44:23
初めまして。お礼の返事が遅くなりました。読者登録ありがとうございました。私の方も登録しましたので、よろしくお願いいたします。
詩は、我流で拙作ですが、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
新作を、毎日一篇、と私の詩の解説も投稿しております。午前10時前後に投稿しております。解説の方は、7月2日で終了します。
お歳が、同じ年のようでね? 改めて、よろしくお願いいたします。お互いに、頑張りましょう。
こちらこそよろしくお願いします (風来居士)
2017-06-20 08:36:25
毎日、新作一篇というのはすごいですね。
詩も、時たま書いていますが、なかなか、
私ではとても続きません。
今後とも、読ませていただきます。
同い年ですか?
当方、昭和21年(1946年)7月生まれです。
謝罪 (にのみや あきら)
2017-06-21 05:48:07
ごめんなさい。年齢の件ですが、勘違いしてました。
貴男のプロフールに「あと何か年で80歳」と書かれているのを、「あと何か月」と読み違えました。僕の方が、ずっと年上です・
お節介 (にのみや あきら)
2017-06-21 07:25:16
詩を創られているようですが、一言。
貴男のブログのコメントを最初に拝読した時、これは詩になる、詩にした方がいい、と感じました。
ある考えを詩にするには、ちょっとしたコツです。卑下しないで、頑張ってください。
私のほうこそ勘違いしました (風来居士)
2017-06-21 08:39:15
申し訳ありません。
どうやら誤解させてしまったようで。
70過ぎたら、10年くらい、あっという間だ。 
そういう意味で・・・。

ブログを読ませていただき、、
私よりお年は上じゃないかと・・・、
そんな感じはしていました。 

ご指摘ありがとうございます。
頑張ってみます。 

コメントを投稿

考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL