80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

2016年5月21日(土) の記録より

2016年09月23日 16時54分08秒 | 日記
平成28年5月21日(土) 晴れ

誰でもが、時折は本音を吐きたくなる時がある。
そんな時、じっとそれを受け止めるだけのパワーを持った人間でありたい。


今、私が生きているのは、決して他人のためではない。

それに、いつまでも、他人の稼ぎを当てにしているようでは、何も進まない。
年金とは、言ってみれば、他人の稼ぎを分けてもらっているようなものだ。

考えてみれば、そういう事だ。

自身の声に耳を傾けろ!!
決めて、そして始める。

「何が何でもやってみせる・・・!!」
そう決めた瞬間に人生が変わる。

失敗というオプションは切って捨てる。
「失敗しなかった。」 とは、「決断しなかった。」 という事だ。


今の私、一体、何が信じられる?
何を信じていいものか?

人生に、期待なぞするな。
期待とは、常に絶望との背中合わせだ。

今後に、一体何を求めているのだ。


人生、寄り道しようにも、すでに、その場も、時間も、何より金が無い。


伊勢崎から電話があった。

会いに行く。
・・・後悔しないように。


思うに、今を乗り切ったら、道がまた拓けるような気がする。

・・・・・・・

もう一度、お袋と、どこかに行きたかったな。
出来たら家族全員で・・・。

・・・って、今さら。


人生には思わぬことばかりが起こる。
まぁ、考えてみれば、私の人生、いつだって初めてなのだから。

今までも、そしてこれからも。

今、私が生きているのは、断じて、他人のためなぞではない。



この記録は一部分、2016年5月21日(土)に書いたものなんだよな。
当日は、晴れだったらしい。
ちょっと手を加えてみたが、もしかすると重複しているのかも知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どちら様ですか?

2015年12月23日 07時20分40秒 | 日記
話が後先になったが、
12月12日(土)の朝ピンポンッという音で目が覚めた。

朝・・・時計は5:50 を指している。 

一度だけの音だったのか、
夢の中の音だったのか。
それとも・・・。

耳を澄ますが、次の音は聞こえてこない。 

玄関に行って、ドアミラーを覗いてみる。

・・・誰も・・・見えない。 

玄関のドアを開ける。
当然かもしれないが、誰もいない。

まぁ、朝の6時前にドアホンをならす人はあまりいない。
よほどの緊急時でなければ・・・。

多分、夢だったのだろう。 


ふと見ると、台所の蛍光灯が切れかかって点滅している。


もしかすると、あの音は、
蛍光灯の断末魔の声だったのかもしれない。

蛍光灯が「ピンポンッ」はおかしいって? 

そんなことはない。
蛍光灯にだって、蛍光灯の言葉があるはずだ。

蛍光灯は人間ではない。
蛍光灯が「ピンポンッ」 と悲鳴を上げていけないという理由はない。

言うまでもなく、人間同士でさえ、いろいろな言語を使い分けている。


とにかく、私ばかりではない。
総てのものに寿命があるということだろう。

どうやら、今回は、蛍光灯に先を越されてしまったらしい。
まぁ、こればっかりは、先を越されても何の文句もない。

どうぞ、どうぞ、お先にどうぞ・・・だ。

さぁ、今日も70歳に向けて、一日が始まる。

それにしても、あのピンポンは、どちら様でしょうか・・・???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バス定期を落とす。

2015年12月01日 21時06分07秒 | 日記
霜月、11月30日(月) 「バス定期」を落とす。

好天・・・。
いつものように街に出る。

バスセンターに着いて、降りようとして気がついた。
向こう隣の席にリボンか落ちている。

その席に座っていた女の子のものに違いない。

とっさに拾って、追いかける。
間に合って、お母さんに礼を言われた。

いい気持ちだ。

降りる人たちの列の後ろに並んで、ポケットに手を入れる。

ポケットに定期券がない!!

乗客は降りていく。
どんどん私の順番が近づいてくる。

いつもなら、このバスセンターが終点、
従って、ゆっくり探している時間が取れるのだが、
ついてないことに、このバスは、まだ先がある。

やむを得ず、急ぎ、現金で支払って、降車。
金、240円也。

きっと、アパートに置き忘れたのだろう。
迷ったが、一旦アパートに戻ることにする。
・・・・・
再び、金、240円也。
これは、どうにも、やむを得ぬ出費。
と、同時に無駄な出費でもある。
・・・・・

アパートの部屋に戻って、探すが、どこにもない。
と、いうことは・・・やはり、バスの中に落としたのか?

とすれば、早いところ、手を打たねばなるまい。

240円・・・やたら、無意味な出費が重なる。

「本来、あるべきものは、紛失すべからず!!」

再び、バスに乗る。
町にとんぼ返り。
定期券売り場のおばさんに「落とし物はないか?」と確認。
ここには届いていないようだ。

おばさんは、心得ていて、すぐに「中央センター」に問い合わせ。
おばさんの予想どおり、「中央センター」に届いているらしい。
おばさんに感謝、感謝・・・!!

「中央センター」まで、290円

センターの担当者曰く、
「今、電話しようと思っていたところだ。」とか。 
受取証にサインして一件落着。

帰りに290円。

240円×2+290円×2=1,060円の無駄遣い!!!


実は、これで2度目だ。
注意、注意。


明日から、師走。
今から、惚けている暇はない。
(頭の上から、もう惚けてるじゃないか・・・の声。)
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夢を見た・・・・らしい? (夢2題)

2015年11月04日 19時12分16秒 | 日記
飯を買いに・・・・・ (その1)

「ちょっと飯を買ってくる。」

そう言い置いて、弟が出て行った。
私は、ちょっと、うとうとしたらしい。

水を飲もうと身体を起こして、ふと横を見ると、
隣の部屋から弟の長い足が覗いている。

「あれっ、いつの間に帰っていたんだ?」 
「何だって・・・?」

「だから、今、飯を買いに出たんだろ?」
「えっ・・・・?」

「たった今、飯を買いに出るって・・・。
 俺、眠っちまったのかな?
 にしても、いつの間に帰ったんだ?
 全然、気がつかなかった。」

「何言ってんだ?
 今日はまだ、どこにも出掛けていないぞ。」

・・・???

「て、事は、オレ、いつの間にか眠ってて、夢を見ていたって事か・・・?」
「・・・じゃないの。」

どうやら、ちょっと横になって休むつもりが、
いつの間にか、眠りこけてしまっていたらしい。
 

初冬から、ちょっぴり秋に戻ったような、暖かな昼下がりの事。
もっとも、今現在、このパソコン入力が、夢の中でなければの話だ。
 

人は、おもしろがる (興味を持つ) ことで、進化する。
    (最近、ネットのどこかで見たフレーズです。)
(少しは、進化するといいがなぁ!!)



バスセンターにて (その2・・・翌朝)

バスセンターで、以前、お世話になった、前の会社の社長と奥さんが、
二人並んで、バス待ち顔で立っていた。  

その気になりさえすれば、行って会えるはずなのに、
何故か、そのままバスに乗って帰って来てしまう。 

しばらくして、気になって見てみると、まだ同じ格好で立っている。
 (今思えば、お二人の様子が、私に見えているのが不思議。)

今からでは、行き違いになるかもしれないが、会いに行こうと思う。

そこで、目が覚めた。

考えてみると、お二人は、とうに亡くなっておられたのだと気がついた。
今さらながら、あの時、あのまま、お声をかけていれば良かったなと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

町田時代祭り 2015

2015年10月26日 22時49分45秒 | 日記
10月25日(日) 快晴

今日は「町田時代祭り 2015」ということで、小田急駅の北口辺りを
時代行列、鎧甲に身を固めた男女が、旗指物を背に通りを練り歩く。 

それを見たさに、11時近くに家を出た。
バスで町田駅まで行って、北口に向かう。
少し遅れたかなと思ったが、北口広場は、いつもの通り人が集まっている。
11:20だった。

しばらく、そのままで待っていたが、時代行列が始まる気配がない。

「ひょっとしたら、時間を間違えたのかな?」 

そんなことを考えて、ぶらぶらと街の目抜き通りを歩いて行くと、
男の人が、道行く人に、チラシを配っている。
もらってみると、それこそ「町田時代祭り」のチラシだった。 

行事
11:00~ 時代行列
(町田商工会議所・原町田大通り・芹ヶ野公園)
12:00~ 開会式
12:30~ 流鏑馬
14:00~ 古武道演武(居合抜刀・柔術)
15:00~ 砲術

とある。

つまるところ、時間を間違えたということらしい。
すでに行列は、通過してしまった後だったわけだ。

ちょっとがっかりして、通りを流していたが、
せっかく出掛けてきたのだから、残りの行事だけでも見ない手はない。
そう思い直して、芹ヶ野公園まで足を伸ばすことにした。

チラシには地図があったが、自慢じゃないが、私は方向音痴だ。 
多分、こっちだろうと、北(?)に向かって、ぶらぶらと歩を進める。

前を、二組の親子連れが歩いている。
さてはと思い、後をつけていくと、やがて人の流れが出来た。
どうやら、皆さん、目的地は一緒らしい。

街を外れ、急な山道を登って降りると、そこが会場だった。

ちょうど開会式の挨拶の最中だった。


やっと挨拶が終わり、演武の開始だ。

[流鏑馬]  
飾りをつけた4頭の馬に、鎧姿の男女が乗って走る。
各自が、こちらと向こう、2個の的の前を駆け抜け様、矢を射る。

紙の的なので当たると穴が空く。
なかなか難しいようだ。
的に当たると見物客がどっと湧く。 
外れると溜息が漏れる。

4度繰り返して、次は的を板に変えてた。
今度は当たると、バンッと派手な音を立てて割れる。 

[居合抜刀] 呼吸なんだろうな。
パッと一息で抜いて、一呼吸して鞘に収める。
行動がスムーズだ。

巻きわらを斬る。
斬り下ろし、斬り上げ、再度斬り下ろし。
他にも何通りかの斬り方を見せてくれた。 
外人さんも参加していた。

[柔術] ちょっと遠すぎて細かいところまで見ることが出来なかったのが
ちょっと残念だった。 

[砲術] 火縄銃演武
火縄銃を実際に撃つところを見たのは初めてだったので、新鮮だった。
 

久しぶりに堪能した。


肝腎なところが抜けたレポートになってしまったが、細かいところは、
「町田時代祭り」で検索してみてください。

(本当は、今回の、生の映像か、せめて写真でもあれば良かったのだが)


平成23年(2011年) 第2回 町田時代祭り 居合演舞。
https://www.youtube.com/watch?v=P54G51SydhI

2012年の町田時代祭りの様子です。
http://homepage3.nifty.com/kazuchan-hik/page3-27.html

【町田時代祭り 2014】 流鏑馬・居合い・砲術
https://www.youtube.com/watch?v=d9-Vs2rwWJs
コメント
この記事をはてなブックマークに追加