明日がある社長ブログ(不動産ブログ)

H18年からブログを書き始めて10年が経過しました。<不動産のこと、家族のことなど話題が盛りだくさん>

焼却炉

2017年01月17日 | 不動産屋のエコ生活
断舎利の応援を始めて1年以上が経過した。
最初は大物のピアノの処分から始まって、使わなくなったルーム
ウォーカー、家具・家電類、鍋・食器などかなりの量になる。
大きなものは丸ノコで切断したり、ハンマーで細かく粉砕したり
、前回は鉄をサンダーで切断したりもした。処分品は、乗用車に
10回以上は乗せて分別をしてゴミ処理場にも行ってきた。

昨年の暮れ近くに、断舎利の応援に行ったときのこと。
おじいちゃんが、不機嫌そうにブッチヤーかあさんに言った。
「掃除機持って帰っただろう。あれはいるんだったのに」
「えっ、いらないと言ったから持って帰って処分したのに」
おじいちゃんは、昨年90才になったので物忘れがひどくなっ
たようだ。でもあれだけのことを無料報酬でやってきたのに、
あの一言で一瞬にさめてしまった。

おばあちゃんがゴミとか燃やすために焼却炉が置いてある。
その焼却炉には、30センチ程の大きな穴が開いているので火の
粉が飛んだりしたら危ない。もう燃やさない方がいいのだろうが
、その仕事は長年やってきたものだからやめられそうにない。
近所のホームセンターに電話をすると、焼却炉は配達まではする
が、古くなった焼却炉の処分はできないと言うので頼めない。

おじいちゃんから使用中の焼却炉の寸法が書いた手紙がきた。
そして、焼却炉はすでに使わなくなった赤錆びたものもあるので
、合わせてふたつの焼却炉を処分して欲しいとある。
前回のことがあるので、今回は割り切って有料報酬とさせてもら
うことにしよう。そうすることで気持が吹っ切れそうだ。


今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
下松市 賃貸不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷凍もち

2017年01月16日 | 平凡な出来事
若い頃は炭水化物の食べ物が好きでよく食べていた。
炭水化物はごはん、麺類、もちなどあるが食べ過ぎると太る原因
となる。10年ほど前までは、よく食べていたが太って心筋梗塞
一歩手前までなり、それからはあまり食べなくなった。
若い頃はよくカップめんやラーメンをおかずにして、白いごはん
を食べたりしていたが最近はこんな食べ方はまったくしない。

冷蔵庫の冷凍室には、炭水化物の仲間のもちがたくさん入って
いる。あちこちから貰ったもちなのだが、一度には食べられない
のでブッチャーかあさんが気を利かして冷凍室に入れた。
しかし冷凍室に入ったもちは、人の目に触れなくなり、おまけに
炭水化物ということであまり食べられなくなってしまった。
せっかく人様からもらったものを、おいしいときに食べなければ
もらった人に失礼であるし、不経済きわまりない。
ということでブッチャーかあさんに言って、昨日はさっそくお昼
の弁当のごはんの変わりにもちを持っていった。

事務所には弁当を温めるために、コンパクトのレンジがある。
もちは冷凍品になっているが、こんなものにも役に立つ。
冷凍もちをレンジであたためて食べるには、小皿に小さじ半分
ぐらいの水を入れて1分ぐらいあたためるとよいとある。
しかしそれでやると反対面はかたかったので、表と裏を30秒
ずつに分けてやった。すると今度は、均等に熱が伝わりもちが
べちゃ~となって、皿にくっついて食べにくくなった。
何かいい方法はないかと考えた。もちの両面にのりを乗せて、
両面にレンジでチンをすれば皿にはくっつかないはずだ。
そうだ、今日はこの手でやってみよう。

今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
下松市 賃貸不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

充電器の寿命

2017年01月15日 | 不動産屋のエコ生活
この冬一番の大寒波が山口県にもやってきた。
朝自転車で出かけるときは、さすがに冷たいので今年初めてマフ
ラーも首に巻いた。上から耳あて、マスク、マフラーの防寒具で
首から上は装備して、靴下はハイソックスを履いて出かけた。
この寒さで桜のつぼみも縮み上がっているに違いない。でもこの
寒さを体験した桜達は、春には息の長い花を咲かせてくれる。

今日は賃貸担当者が休みなので、私が2件の案内を引き継いだ。
賃貸担当者は一度案内などして面識はあるお客さんだが、私は
初めてお会いすることになるので失礼のないように下見をするこ
とにした。実は2件とも一度は行っているアパートだが、下見を
することでお客さんの質問などにも答え方が変わってくる。
案内する私が初めて見るアパートでは、お客さんへの対応力も
少なく、納得のいく話もできるはずがないからだ。

自転車には充電器がついているが、最近使ったことはない。
使うときはライト点灯用として、暗くなって帰宅する時ぐらいし
かない。ところが昨日の北風は半端ではなく、一生懸命にペタル
を踏んでも前に進まないのでついに充電器を使うことにした。
しかし充電器があっという間に減ってしまった。自転車は買って
7年になるから充電器は、ぼちぼち寿命なのかもしれない。

充電器の品番をネットで調べると、2万5千円もする。
充電器だけで安い自転車ぐらいなら買える値段だ。でも自転車
本体はまだ充分に乗れる。7年前買ったときは、確か7万円以上
したので材質も安物とは違うのだろう。充電器は買い替えること
にして、自転車本体はケアをいつまでもして乗り続けよう。

今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
下松市 賃貸不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中古住宅の補助金

2017年01月14日 | 不動産を探す
総務省は、5年ごとに「住宅・土地統計調査」実施する。
平成25年の全国の空き家数は820万戸で、住宅総数6000
万戸に占める比率は13.5%となった。人口は5年前と比べて
95万人の減少となり、1億2711万人となった。

東京都心など大都市周辺では、施工費の高騰で住宅価格が高止ま
りして、新築住宅の購入に二の足を踏む人が多い。このため、
国土交通省は給与所得が伸び悩む若年層にターゲットをしぼり、
中古住宅を購入して省エネや耐震改修などのリフォーム工事を
行った人に、最大で65万円を補助する制度を作り、2月にも
申請の受付を始める。補助対象者を40才未満に絞り、子育て
世帯など若年層の住宅取得を後押しする。

対象となるのは、中古住宅を購入した40才未満の人で、専門家
に建物の劣化状況などを検査してもらうインスペック(住宅診断
)を受けることなどが条件だ。
住宅診断と省エネリフォームにかかる費用について最大で50
万円を補助し、耐震改修を行う場合はさらに15万円が上乗せ
される。補助金は宅建業者などが住宅購入者に変わって国に申請
をし、購入代金から補助額を差し引く仕組みだ。
国土交通省は1万戸以上の利用を見込んでいる。

このほか年齢制限のない支援策として、持ち家の省エネリフォー
ムを行った際には最大30万円(耐震改修も行う場合はさらに
15万円上乗せされる)が補助される。

今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
H29年モール前不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バァ~」

2017年01月13日 | おもしろブログ
晩酌を週2日制にして2ヶ月近くがたった。
最初はむずかしいかなと思ったが、コツをつかめば何とかなるも
のです。晩酌をする曜日を決めれば、それなりの心の準備ができ
そうです。晩酌の曜日以外で一杯飲みたいときは、その時だけ
グッと我慢をして気持を切り替えています。

昨日は2日ぶりの晩酌の日だったので、久しぶりにブッチャーか
あさんと外食に出かけました。ジョッキーで飲む生ビールが、お
腹にしみわたりとてもうまい。ビールを飲んだ後、赤ワインをち
びちびやっていると、ママ友4人と幼い赤ちゃんが私たちの前に
座り食事を始めた。赤ちゃんは最初はおとなしくしていたが、飽
きたのか椅子から降りてうろちょろ始める。そして私たちのテー
ブルにやってきて「バァ~」を始めだした。

赤ちゃんは1才半になるかわいい女の子。ブッチャーかあさんの
あやし方がうまいので、赤ちゃんは調子に乗り右に行ったり左に
いったり「バァ~」を繰り返す。私が手を差し出して「おいで」
というと、首を振ってイヤと意思表示をする。「バァ~」を何度
かしていると、誤ってテーブルの角にほほ骨を「ガツン」。
痛そうと思ったが、赤ちゃんは一瞬べそをかいただけだった。
遊ぶことに夢中で痛さなんか、どこかに飛んでいったようだ。

お腹一杯になったので、ぼちぼち帰ることにした。
すると先ほどの赤ちゃんと、お母さんがレジの前で遊んでいた。
赤ちゃんがかわいかったので、思わず抱っこしてしまった。
「ばぁ~、おじいちゃんですよ~」。
ちょっと酔いが回って、自分の孫とよその赤ちゃんの区別がつき
にくくなってしまいました。

今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
H29年モール前不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加