釣り?Ⅱ

中二病懐古厨

【PV】THE HIGH-LOWS 日曜日よりの使者 歌詞つき

2014年11月30日 19時09分58秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

【PV】THE HIGH-LOWS 日曜日よりの使者 歌詞つき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキマスイッチ / 雨待ち風

2014年11月30日 18時35分33秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

スキマスイッチ / 雨待ち風

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-11-30 16:08:39

2014年11月30日 16時08分39秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

アヌビアスナナ20141130




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-11-30 12:11:37

2014年11月30日 12時11分37秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★


やっぱり寒くない



予約可のお知らせが

一気に四冊分も来たのも

外へ放り出せた理由か



不可なら不可なりに不満になり

可になったらなったで不安になる

どうしようもない自分にあきれつつ安心



今までで一番人が多いんじゃないかと思うくらい
人が多い

建物の中は暖房が効いていてさらに居心地が悪かったので

予約のだけを借りて速攻外へ出た

煙りを吐く場所も人が多い




私は私自身のしあわせとやすらぎのために~を許します
~さんありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳はなにかと言い訳する 池谷裕二

2014年11月30日 11時37分37秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

笑顔の原型は、相手に「自分は今申し分のない状態にあります」ということを伝えるために出来たのではないか、安心を伝える




「言い訳」も根本をたどると、「自己の維持」「恒常性の維持」への本能ということになってくるでしょう。人から聞いた情報や意見にすぐになびいてしまうのは、自己崩壊につながるわけです。





スポーツを一時間やってストレスを解消したてしても、残りの23時間はやはりストレスを感じている訳です。この意味では、ストレス解消になっているとは考えにくい訳です。
つまり、重要なことは、ストレスを解消するかどうかではなく、解消する方法を持っているかどうかです。そして、それ以上に重要なことは、「別にストレスを感じてもいいんだ」と考えることです。




ストレスを克服するのは場なれ
この環境はストレスに感じる必要はないという自分に変化するのが、ストレスを克服したことになる
「馴れ=記憶」なのです。馴れは、ストレッサーを感知しなくなること。つまり、感受性を修復し、それを記憶することが、いわゆるストレス克服なのです。




脳は思い込みが強い
そうだと思い込んでしまったら、その思い込みから逃れることの出来ない不自由さ、先入観に機能がしばられてしまう

快楽よりも恐怖や不安を強く感じるのはなぜか
不快な情報は、快楽よりも、先入観や思い込みによって、より増強されやすくなっている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-11-30 09:49:52

2014年11月30日 09時49分52秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★


タバコを吸いたい衝動を利用して外へ



全部寒くない



この場所は人が多いのは

なんとなく理解していたはずだったが

今の自分とは遠くかけ離れた次元で生きているであろう人たちの

活動的な音がどうにもしっくりこない


世の中の大多数が自分みたいなクズではない証拠だからヨシとしよう


音楽プレーヤーを忘れたのが敗因



本を読み始めてしばらくしたら

辺りが急に静かになった
どうやらエサの時間らしい



こうして太陽光を浴びていると寒くないどころか暑いくらいに感じる

おそらくは紫外線なんかも真夏のそれと大差ないはずなのに

人は日傘を差していないし帽子もかぶっていない

謎だ



しばらくしたら

辺りがまた騒がしくなってきたのを

移動せよ

の合図ととらえて移動


の前に煙りをふかす


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間旅行 - DCT

2014年11月29日 18時43分22秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

時間旅行 - DCT Dreams Come Ture Wonderland ドリカムワンダーランド 2011

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘でもええから運が良いて思うんや

2014年11月29日 18時31分36秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

自分にとってうれしゅうないことが起きても、

まず嘘でもええから『運が良い』て思うんや。

口に出して言うくらいの勢いがあってもええで。

そしたら脳みそが勝手に運がええこと探し始める。

自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出すんや。

そうやって自然の法則を学んでいくんや

(運が良いと口に出して言う)

『夢をかなえるゾウ』(ゆめをかなえるゾウ)とは、日本の男性作家・水野敬也の著作による書籍である。飛鳥新社より2007年8月29日に刊行。2012年に第2弾『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』が発売されている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Munchkin the Teddy Bear gets her exercise

2014年11月29日 15時46分42秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

Munchkin the Teddy Bear gets her exercise

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生に意味はあるか 諸富祥彦

2014年11月29日 02時21分59秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★


いろんな人の答えを、「この答えはいい」「これはダメな答えだ」だけで終わらせていくのは、もっともくだらないことです。人生の意味をあくまで「自分の問題」として捉え、「自分の答えを追求していく」、その刺激としてさまざまな「答え」は受け取られるべきです。


私が得た答え、私が得た人生の意味と目的は、体験的な真理です。それは「知るもの」ではなく「目覚めるもの」です。
自分自身で「人生の目的と意味」を探し求め続ける。この「求め」続ける体験によってしかわからない。





ビクトール・フランクル
人間は人生から問いかけられている存在
私のなすべきこと、私がこの世に生まれてきた意味と使命を実現していくのが人生だ


意味とは何を意味しているか

今、ここでの、この私の意味
今、ここで実現せよ、この意味を満たしうるのはあなた一人しかいないし、この意味を実現する機会は今この時をおいて他にはないのだから

人間は人生からの問いに正しい答えを与える責任がある。ある人生の状況の真の意味を見出すことに責任がある。

どんな時にも人生には意味がある。自分を必要とする何かがあり、自分を必要とする誰かが必ずいて、自分に発見され実現されるのを待っている。そして自分にも、その何かや誰かのために、できることがあるはずだ。




ニーチェ永劫回帰

この世の向こう側に「ほんとうの世界」があるわけでもなければ、この時間の果てに「永遠の生命」が与えられるわけでもない。この世界にはそのような「目的」も「終わり」もない。一切はただ、永遠に、意味もなくぐるぐると回り続けている。
たった一度でもいい、人生の中で心の底から震えるような「至福の瞬間」を味わうことができれば、たとえ一切が無意味な繰り返しでしかなかったとしても、私たちはそのすべてを肯定することができるはずだ。


西谷啓治
我々自身が無になりきる立場、虚無のリアリゼーションの立場を説き、さらにそのような「有の否定としての虚無をも否定した立場」としての「空」を説いた



生きることに意味もクソもないし、まして、生きなきゃいけない理由なんてない。生は端的に無意味。
宮台真司



「人類はいつか、消えてなくなる」
すべてはチャラになる。何もしなくてもいいけれど、何をしてもいい。


私の死のゆえに私の生はむなしいという感覚、人類の死滅のゆえに人類の歴史はむなしいという感覚は、くまなく明晰な意識にとっては避けることの出来ない真理のように思われるし、私の生の時間が一瞬にしかすぎないという視座をとる限り、すなわち、永遠を視座にとる限り、人類の生の時間もまた一瞬にすぎないはず
時間の比較社会学、真木悠介


宇宙的ニヒリズム
人はそれぞれ根拠なく生まれ、意義なく死んでいく



人間は何をするのも許されているが、何をやっても無駄な存在だ

人生は無意味だ、だから生きる




ただただ空虚で、ただただ無意味な人生。そこから逃れたくて、ある人はリストカットなどの自傷に走り、別の人は買い物依存やギャンブル依存などの依存症にはまっていきます。強い刺激に自分をさらすことで、見たくない現実を見ずにすませようとするのです。
すべてが空虚で、はかなくて、中途半端な刺激だけが漂っていて。



「人生には意味がある」と思うことで前向きに生きていくことのできる人が多くいる一方で、「人生に意味などない」と考えることで、より前向きに生きるエネルギーを感じられる人もいるわけです。




自分の人生の目的を見つけるのが、人生の目的である。
五木寛之、人生の目的

去年の宝くじと知りながら、買い続けるようなもの


頑張って欲張って、死ぬまでに何とか満足を得ようと命を燃やすことがなくては、人生の本当の意味も、真の幸福もつかむことは出来ない。求めて、求めて、求め抜く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加