釣り?Ⅱ

中二病懐古厨

【HTBニュース】道東を中心に今季全国一番の冷え込み 手稲山でも初冠雪

2016年10月11日 12時37分42秒 | ★★★★★チラシの裏★★★★

【HTBニュース】道東を中心に今季全国一番の冷え込み 手稲山でも初冠雪

2016/10/10 に公開
http://www.htb.co.jp/news/
HTB北海道テレビで放送されたニュース動画です。

 

Q&A「手袋を履く」という表現の妥当性

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418345959

Q服を着る、靴を履く、手袋を( )。( )に何を入れますか?
私は「手袋をする」です。正しい日本語は「手袋をはめる」なのかなあ?とは思うのですがあんまり使わないです。
皆さんは普段なんと言ってますか?
季節外れですが、ふと疑問に思ったので・・・。

 

A「手袋をはく」という表現に違和感はありませんが、共通語としては「はめる」でしょうね。

NHK 「ことばおじさんの 気になることば」によると、
2005年1月27日(金)「手袋を○○○」
関東甲信越・東海・近畿・中国・九州など広い範囲で「はめる」「する」。
北海道・東北・信越・近畿・四国・沖縄では、手袋を「はく」。

ということです。

平山輝男ほか編 『現代日本語方言大辞典 全9巻』(明治書院)によると、
礼文島、八戸で「ハグ」(ハクの濁音化か)。
岩手、安代、宮城、福島で「ス」「シ」「スル」。
三重、岸和田、奈良、和歌山、岡山で「サス」。
滋賀、大阪、岡山、高知で「スル」。
兵庫、徳島、香川で「ハク」。
大分で「ヌク」(貫く)。
などの語形が挙げられています。その他はほとんどが「ハメル」です。

各種の国語辞典では、「はく」の漢字は「佩く・帯く・着く・穿く・履く」などがありますが、手袋を「はく」としている例は見当たりません。私の知る範囲では、『新明解国語辞典』が「穿く」の語釈を「下半身や手首から先を保護する物を身に付ける」としているのが唯一の例です。この意味の場合は「着く」とも書く、とあります。


「手袋をはく」のほかにも、関西方言で「帽子を着る(帽子を被る・冠る)」、「傘を着せる(傘を差し掛ける)」という表現があります。これも、知らない人には違和感を与えてしまうようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「flood alert」の意味 | トップ | remain seated とは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。