S.C.NOTE

存在するのは解釈だけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最初は病院

2017年06月09日 | Weblog
さてさて、肩こり解消法についていろいろと書いてまいりましたが、最後に、急な肩こりに襲われて二進も三進もいかなくなった、あるいはこれからいかなくなるであろうあなたに、アドバイスを。

まず病院へ行ってください。

専門の科は整形外科ですが、意外と内科でも診てもらえます。普通の町のお医者さんで大丈夫。

整形外科ですとレントゲンを何枚か撮られますが、肩こりの場合は残念ながら何も写りません。

しかしそこでがっかりしてはいけません。

何も写らなくてもお医者さんは肩こりを認識してくれます。

そして薬を処方してくれます。

主に痛み止めと筋弛緩剤です。(あと胃薬)

飲みましょう!

飲まなくても日常生活が送れるならいいのですが、痛みが生活に支障をきたすレベルならば迷う事なく飲みましょう!

まずは痛みを取り除かないと、自分が今後どうすればよいのかも判断がつきません。

痛み止めと筋弛緩剤はいろいろな種類があります。処方してくれる先生の好み(傾向?)もありますので、この薬いまいちと思ったら先生にお伝えして変えてもらったり、別の病院へ行くのも手です。

そうして痛みから解放されて、初めて次の一手が出せるのです。

そこから先はそれぞれが自分に合った解消法を。ここの記事がお役に立てば幸いです。

では、皆様のご健康とご多幸を祈って!

(最終回ではない)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈願 | トップ | 敵は世界 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL