☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

千手音・ゴールデンウイークもやってます☆ 

2014-04-26 13:36:12 | 日記
「千手音、ゴールデンウイークもやってますか?」
と、時折お問い合わせをいただきますが、
全くいつも通り営業しております。

うちは夫の仕事が、
盆暮れゴールデンウイーク、全く休みでない業種なので、
連休というのは、毎年、人に言われて初めて気づくのが常です。

なので、大型連休などには、遠方にお住いの方や、
こちらに帰省された方がお越しになることも多いです。

なので、お気遣いなくご予約、お問い合わせ下さいませ。

千手音よりお知らせでした。

この記事をはてなブックマークに追加

寝ても寝ても眠れる~zzz

2014-04-25 15:01:45 | 日記
ここ2日ばかりこの症状が続いている。

寝ようと思えばどんだけでも寝れるのだが、それではさすがに阿呆になりそうなので、
一応テキトーに起きて庭の草むしりなどしている。

こういう時は体や心に、何らかの調整が入っていることが多いので、
いろいろ気にせず、できるだけのんびりすることにしている。

予定があれば、嫌でも動かずにいられないわけだから、
ゆっくりできる時というのは、ゆっくりしていい時なのだと思う。

まあ、現実逃避や怠けているだけというのは、まずいのかもしれないけれどね。

陽気も春爛漫、
木立の影に腰をおろして、ぼーっとしていられる時期というのもあと僅かなので、
(もうすぐ蚊が刺すようになる
存分にうらうらと過ごさせてもらっておこっと!


とはいうものの、実は先週あたりは、逆に何だか眠れない日々を過ごしていた。

夜中に1時間おきに目がさめたりする。

左耳で、ピーピピピーピピと、機械的な音が鳴り続けていたり、
オドロしい夢を次々見たり…。

目が覚めてからも、いわゆるとっても悪魔らしい顔をしたものが消えてくれないので、
仕方なく起き上がって悪魔祓い?をしたり…。

(↑この場合については、悪さをするものの感じではなくて、
道に迷ったというか、帰るに帰れなくて
困ってるような感じだったので、全然怖くはなかったんだけどね。

シャガールのヤギさんみたいな緑色した顔が眼前から消えてくれないので、
「悪魔なの?」って聞いたら、ジッと私を見たまま肯定も否定もしなかった。
だから確証はないけど、もし悪魔だったとしたら、そんな存在に話しかける経験も初めて。

浄化の後、いなくなったから、人助けならぬ悪魔助けしたのかしらん…?


まあこういう症状も、浄化の1例だよね。



※本日の総括※

眠れる時も眠れない時も、くよくよ考えずに
何か必要なことが起こっているんだろうなぁと思って、
状況に逆らわないでいるのが良いんじゃない?
自然な流れを信頼しましょう

この記事をはてなブックマークに追加

Windows 8がやってきた!

2014-04-17 14:45:58 | 日記
ついに我が家にも、新しいパソコンがやってきた

去る9日のことである。
夫は久しぶりの休日、
その、リビングにだらしなく寝そべる姿を横目に見ながら、
隣でオヤツのおかきをポリポリ食べていた私の耳に、
突然、テレビのアナウンサーの声が飛び込んできた!

「Windows xpのサポートが今日で終了となり……」

 (はっ?!なに?)

「ええ~っつ!!! 今日で終わりになるわけ?」

と、その事実を何も知らなかった私が、
思わず後ろを振り返ると、

「そうなんだよな~。困るよな~。」

と対して困ったそぶりもなく答えるヤツの姿が…。

その瞬間、
プチっと内なる何かが切れた私は、
怒涛のごとく非難の言葉を浴びせつつ、
そのノリのままボヤケタ夫を引きずり、家電屋にナダレ込んで行ったのだった。

これまでの人生で、夫のナマクラな〈事なかれ主義〉というか、
〈なんとかなるさ主義〉で、結果何ともならず、
たくさんの尻拭いをしてきた私としては、
今度ばかりは何としても、問題の事前回避をしたかった訳である。

家電量販店では、増税前の売り尽くしセールも終わり、
店内も閑散。
売れ残りのパソコンでお得なのを選ぶしかなかったのだが、
出遅れたんだから仕方ない
店員さんがお勧めしてくれた展示品だけど条件の良いパソコンを、
しぶしぶ買うことにした。

ら、何と!、最後に入荷されてたものが、
たまたま一つ残ってたということで
思いがけず真っ白なノートパソコンを手にすることができたのだった。
(←展示品は暗い赤色のものであんまり好きじゃなかったの。)

ということで、
7年ぶりくらいに新しいパソコンを手にしたわけだが、
その性能の違いには目を見張るものがある!

私なんて、もちろん全然使いこなせてないんだけど、
まあ~接続の早さから、機械の音の静かさから、
ともかく段違いに良い!
マウスがコードレスなところで感動してたら、
あっさりタッチパネルでも使えて、
なんじゃあこれ!って感じ…。

なるほど、弟がうちのパソコンを「オールド、オールド」と
馬鹿にしていた訳がこれでよくわかったのだった。

結局わたし的には、8とxpの違いが何なのかは全くわからないんだけど、
それはまあいいや。


それにしても、ここのところ私の周りの物事の流れが早くてとても目まぐるしい。

【昨日】の時点では、
新しいパソコンを買っているなんて想像すらなかった【今日】が、
あれよあれよという間に展開されて
その流れの中で長年わが家の懸案だった、
古いテレビの引き取りまであっけなくカタがついたのだ。
(←パソコンの値引きの代わりに、引き取り代金をタダにしてくれた。)

他にも、
最近肩が凝るのでヨガをしたいなぁと思っていたら、
友達にヨガ教室に誘われて、すんなり通うことになったりなど、
先週には見えてなかった未来に立ってる自分に、びっくりしていたりする。

地球の時間も展開もきっとますます加速してるんだね。

楽しみながら、優雅にその波に乗っていきたいものだ

この記事をはてなブックマークに追加

識別と判断

2014-04-01 19:44:03 | 日記
みなさん、【識別】と【判断】の違いって、わかる?!

どちらも似たような意味の言葉に思えるけど、
実は大きく違うもののような気がするんだな、私。

例えば
【識別】だと、ただ淡々と
「はい、これは赤ですね。そしてこれは青。」
みたいな感じのものが、

【判断】になると、
「これは赤と思われる。これは青かな…。」
みたいな感じ?!

要は、【識別】は事実を単に述べたり、
事象をそのまま認識することだったりするのに対して、
【判断】はそこに、人の意思や感情が入っている感じ。

【識別】は言わば科学者が実験の数値を実測するような、客観的なものであるのに対し、
【判断】は個人個人の経験や信念などによって基準の変わる、
極めて主観的なものであるということ?!

なんでこんなマドロッコシイことを、ちまちま言っているかとゆうと、
これが、意外に重要なことだと思うから。


【好悪】【善悪】【幸・不幸】などはみな【判断】だけど、
人によってどっちにも転ぶような不確かなものは宇宙の真実に非ず。
よってそれらは人を翻弄し、
新たなカルマ(←ここでは撒いたものを刈り取るの意)の種になることが多い。

自分の首を自分で締める結果を呼び込むこともあり、
【判断】したことで、結局は自分の苦しみを増やしているのだとも言える。

まして【判断】は【分離】に繋がり、【分離】は【愛】を遠ざける。
そして【愛】から離れるほど人は波動を落とし、どんどんと【苦悩】が友達の人生になってくる。

こんなにイイとこ無しの【判断】なのに、実は私はこれがやめられないタイプの人間で、
これまで随分苦労してきた。
長年培われた自我の癖を改めるのは本当にむつかしい。

「人生の決断するのに判断が必要ってこともあるじゃん!」

なんて息巻いたこともあった気がするけど、
そういうことじゃないんだよね。

人生の分かれ道みたいな時こそ、
冷静にこれは自分に必要か不必要か【識別】して、
【選択】したのち、【決断】すればいいわけなのだ。

そして【識別】に意思が関わるとすれば、それは自分の【魂の意思】だけだと思う。

最近やっと【判断】の癖から抜けつつある私。

そうなるために必要だったのはやっぱり【愛】だった。
それまでの私には【自己愛】が欠けていた。
自分を癒す必要があったとも言える。

その【愛】とは【聖なる母の愛】
【無条件で赦し育む愛】

よくスピリチャル本で、
『自分に優しく。自分を許して愛してください』
とか書いてあったりするけど、
自我のレベルでそれをやろうとしても、そんなの無理。
自我にそんな愛があったら、もともとこんな風になってやしない

大事なのは、宇宙の神聖で広大な愛に繋がると決めて、
その【愛】を自分のハートへ息と共に吸い込むことらしい。

イメージで構わない。

吸う息と共に、自分が聖なる愛のピンクの光で満たされると思いながら、
【私は愛です】
と言い、

息を吐く時には、愛が内から外へ広がっていくイメージで、
【私は愛します】と宣言するというワーク。(←本で読んだ
これを1回に5分間ぐらい(もっと長くてもいいよ)続ける。

実行してみたら何だか効果あり
だったので、お試しあれ。

例えば私の場合は、
いつもなら、怒りの炎がメラメラ上がる場面でこれを試したら、
一気にバケツで水をザッと掛けられたみたいになって、
拍子抜けしたみたいな感じになった。

たまたまだったかもしれないけどね

この記事をはてなブックマークに追加