☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慈悲心

2012-05-07 11:21:38 | 日記
わたしは、はなはだ不完全な人間だ。

自分は、慈悲心は、持っていると、長い間思い込んできたが、
それが全くの勘違いだったということに、最近気づいた。


慈悲心とは他者を思いやる心ではない。

それは単に思いやりや共感と呼ばれるもの。


慈悲心とは、何でもお前のすることは正しいと、
真実を捻じ曲げて溺愛することでもない。

そしてもちろん、「おお~可哀想に可哀想に」と、
やみくもに抱きしめて涙することでもない。



慈悲心とはその字のとおり、【慈しむ心】。
【愛おしむ心】

善悪を超えて、嫌悪を超えて、
ただそのものを、愛すること。

2元性を超えた、もしくは包括したところにあるもの。

何事にも囚われない、フォーカスしないという、
判断、批判の無い境地。
【赦す】という行為も存在しない。


もっと大きなもの。



愚かさも間違いもすべて分かっている、
怒りも悲しみも感じる、
だけれど、
またそれが、ある視点から見れば、
実態がなかったり、
用意に、姿形を変えるものとも知っている。

ただ見つめ、ただ知り、
ただ慈しみという愛を向ける、
どうもそれが、慈悲心というものらしい…。


そう思い至った時、我ながら自分の無知に、
つくづく呆れた。
私が慈悲と思っていたものの、
なんと薄っぺらかったこと!

人間の思い込みはかくも深いのだ。

そこに悪気なさが加わると、
いっそう始末に終えない。


私は、蟻一匹、草の葉一つの命も愛し、
尊いと思ってきたつもりだったけど、
それが【慈悲】だと思っていたけど、
そんなものは慈悲でもなんでもなかったのだ。

愛らしいもの、美しいものに、愛しさを感じるのは、
当たり前のことで、
慈悲とは、
その対極にあるもの、
憎々しい、巨悪といわれるものにさえ、
理由なく、ただ流れていく光。

強制的にではなく、ただ自然に…。


…ここでふと思った。

涙を流すマリア象は、
人間の愚かさを儚んで、
嘆きの中、
ほろほろと泣かれておられるのだろうか…?!
それは慈悲?!



否。
私は違うと思う。
私の知っているマリアさまは、強い。
とても清々しく凛とした感じ。

聖母といえど、感情はお持ちのはず。
悲しみを感じられれば、
涙が流れることもある。

でもそれだけなのだ。
それは自然現象みたいなもの。
行為としては、
すべてを包みすべてを抱いて、
愛を、発しておられるのだと思う…。
それは無量光…?!



私は、好きなものは好き。
嫌いなものはとことん嫌い。

それを越えて、
なお自然自発的にただ愛することなど、
あと100年かかってもできそうにない。

まあ、そのことを思い知ったことが、
まずもって進化への、第一歩なのかもね。


私だって、
CMの宮崎葵ちゃん(だったっけ?)みたいに、

「私は、次に生まれ変わる予定はありません!」

って言ってみたいけど、
それを決めるのは自我じゃなくて魂なんだよね…、
悪いけど!


あ~やだやだ。道は遠いなあ~




この記事をはてなブックマークに追加

千寿音からお知らせ☆その2 (個人セッションについて)

2012-05-03 14:18:47 | 日記
新設?の個人セッションにつきまして、
内容は、従来のセッションとほとんど変わりないのですが、
一応ここで、大体の流れをおさらいさせていただきたいと思います。



 個人セッション  2時間 10000円(延長なし)



①来店いただきましたらまず、
 ハーブティー等お飲みいただきながら、お名前生年月日などご記入いただきます。(任意)
               
                  ↓

②アロママッサージ(手、腕のみ)の後、
 全身のヒーリング、浄化、エネルギー調整などを行っていきます。

                  ↓

③本日の肉体及びエネルギー体の状態、ヒーリング内容などをフィードバックさせていただきます。

                  ↓

④その際、損傷の原因となっている過去生などのトラウマや、
 クライアントさんのハイアーセルフや守護天使などからのメッセージがあれば、お伝えいたします。

                  ↓

⑤残りの時間は、質問等、何でも自由にお話いただく時間になります。




他に、お知らせとしましては、
電車でお越し下さいます方に関し、
最近は、可能な限り、
名鉄柏森駅までの、自家用車による送迎を行っております。

電車ご利用の方は、
ご予約時にその旨をお申し出下さいませ。


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします




この記事をはてなブックマークに追加