☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

危機は回避?!

2012-01-20 08:37:39 | 日記
今朝、目覚めると雨だった。

ベッドの中で、微かな雨音を聞きながら、
何故だか、内から力が湧いて来るのを感じた。

そして、生れて初めてと言っていい何か。
理由無き喜びと幸せというようなものが、
胸に広がってきた。


???…

窓を開けると、
暖かで慈愛に満ちた雨の空気が、
部屋いっぱいに、なだれ込んできて、
確かにこれは『愛』?


(…今日の雨は、いつもと違う…)

私の中で、何かが変わっていた。
外側の世界も変わったのかもしれない。
きのうまでとは、決定的に違う何か…。


(もう大丈夫。最悪の未来は起こらない。)
無理なく、そう思えた。


実のところ私は、ここ2~3年の間、
ずっとある種の危機を感じてきた。

 【日本存亡の危機】といったようなもの…。


最悪の場合、

「遥か昔、大陸の東に日本という国があったそうだ…」と、

かつてのアトランティスのように、
後世の人々に
伝説として語られてしまうことも有りと、思っていた。
常に
(今、本当は、ぎりぎりの所に私たちは生きている…!)
そう思ってもいた。


それが今朝、突然にチェンジした。

それは、単なる私の思いすごしかもしれないし、
ある一定の波動を越えた人が必要数に達して、
全体の意識レベルが一気に引き上がった結果なのかもしれない。
【百匹目の猿】現象みたいに…。


何にせよ、私の中に、
このことに関する、【理由無き安定】が生れたことは確かで、
それは本当にありがたいことだと思う。


初めて人の偉大さを、
創造主から与えられた、
人類の知恵を信じる気持ちが起きてきた。


(原発の問題も、きっと解決される日が来る!)
なんだか希望がわいて来た。

この確信が、本物でありますように☆

















この記事をはてなブックマークに追加

夢もいろいろだね

2012-01-07 18:37:08 | 日記
朝方、庭の柘榴の枝に止まっていた雀が、
窓ガラスを突き抜けて、家に飛び込んできた夢をみた。

私にぶつかりそうになりながら部屋を飛び回る雀を見て、
(どうやって入ったんだ?!)と訝りながらも受け入れてる自分がいた。
まあ、いつものことだが…

その後充分に朝寝坊し、
モゾモゾとベッドを這い出してきたころには、
そんな夢は全く忘れていたのだが、
ボーっとしながらキッチンの横を通りすぎた時、
柘榴の木に雀が1羽こちらを向いて止まっているのを見て、
はっとした。

「あースズメ!!」

おそらく真相はこうだ。

冬、雪が降るような寒さになってくると、
朝、どうしても雀が不憫になり、
いまだにお米を一掴み、庭に蒔いてしまう私。

きのうなども、カーテンを開けるとすぐに、
10羽程集まってきて、
夏には近づいただけで逃げるヤツラが、
空腹には勝てぬのか、
私に飛び掛らん勢いで近づいて来て、
せっせとお米をついばんでいた。

然るに今日の私は朝寝坊。

ぐーぐー寝ている私を他所に、
彼らは相当腹が減っていたにちがいない。

ついにはそのイライラ?の想念(←意識体?)が私の夢に入り込んで来て、
早くエサをくれと、催促していたのだろう。


そんな事とはつゆ知らず、
まことにスマヌことをしたと思ったが、
そのあと用事があったので、その場はそのまま出かけてしまい、
誤りながらお米を撒いたのは、結局夕方だった。
(ホントにゴメン、許せ)

「お米まいたよ~、ごめんね~遅くなって」
と呼びかけ、想念を送ると、
30秒ほど?で、どこからともなくバタバタと、
数羽の雀がやってきた。

思うに自然の生き物は、
創造主と分離していないので、
主に直感によって、食事にありついているらしい。

(なんかこっちに飛びたいな~。あ、いいものあった♪)
みたいな☆

おそらくその傾向は、高等なものほど薄れていくのだろうが…。


というわけで、一応めでたく?雀は朝の分を夕方食べたというわけだ。
(やっぱりスマヌ




ある時はこんなこともあった。

私が自室で瞑想状態になっていると、
飼い犬のエルが私のそばに来て体をなすりつけてきた。
(しまった!部屋の戸がきちんとしまっていなかった?!)

と一瞬思ったが、

(いやいやそんなハズはない、
ドアはちゃんと閉めたし、
私は今、目をつむっているのにエルの姿が見えているということは、
これはエルの意識体《←要は霊体》なのだな…・)
とすぐに思い直した。

(へえ~、エルすごいじゃん
と感心しながら、

しばらくして、通常の状態にもどりあたりを見回すと、
やはり犬の姿はなくドアもしまっている。

スタスタとリビングに戻り、
ソファーでコーヒーを飲んでいた夫にさりげなく、

「私が向こうの部屋にいた時エルどうしてた?」
と聞くと、

「ママの部屋の前でずっと寝てたよ」という返事…

(やっぱり)


このことにより、
ヤツ(←エル)も寝ている間、
意識体となってあちこち飛んでいることが確信できた。

その時のエルのリアルな感触は、
今朝の夢の中の雀のものと、同じだった。

夢?もホントにいろいろだと思う。

昼間の印象からくるものや、
体の状態を反映するもの、
天からのお便りらしきものもあるが、
中にはこんなのもあるよ
という、今日のお話でした。




この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2012-01-06 21:33:58 | 日記
全く遅ればせながらですが…。
今日から寒中見舞いになると、テレビのアナウンサーも言っていましたが…。
あけましておめでとうございます。


昨年12月は、久しぶりに風邪をひいたり、
家電や家の設備が次々壊れたりで、
修理の業者さんが入れ替わり立ち代り、
我が家に出入りで大忙しなんてことになっていたので、

「よし!今回は冬至までに浄化十分
万全で新年を向かえられるぞ!」

などと思っていたのですが、
やはり現実はそう甘くなかった…。

元旦から腰が痛くなり、
不思議だなぁと思っていたら、
3日から、両手足にびっしりと湿疹が発生。

特に腕の内側と太ももの裏側が酷く、
焼け爛れたように赤くゴワゴワに腫れた皮膚の上に、
小さい水疱がびっしり出て痛痒い。

「ああ~久しぶりに出たなあ~。
2002年のオーストラリア・スピリチャルツアーから帰国した時以来だ…。
あの時は爛れて膿も熱も出て、あんまりヒドイからついに皮膚科に行ったっけ~」

…その時の医者は、原因不明と診断して、
とりあえず薬をくれた。

確か治るのに、2週間ほどかかったっけ…?!

今回は、それに比べれば痒くないし、熱もないので、
もっぱら家で、薬草?による自然療法をすることにした。

※大体、湿疹が出るということは、
体が毒出しをしている状態なのだから、
出るものを止めてはいけないのである。
止めたらまた他で出るだけなのだ。
出さない以上、毒はなくならない。

(だからさ…12月の風邪の時、いつもは症状に耐えるところを、
珍しくズルして、さっさと買い薬を呑んで快適に治したせいなのかも…。)←心の声


何はともかく、
ビワの葉をお風呂に入れて薬草浴にし、
患部にはビワ焼酎を塗ってからラベンダーオイルで保湿。

なるべく食事を軽くして、
ドクダミとケツメイシを煮出したお茶を飲み、
お菓子はやめ、
油物や、甘いものも控えていたら、
今日は大分腫れも引き、
症状も落ち着いてきた。

植物さん、それと神さま、
ほんとに有難うだ。


まあ、こんなことは些細なことだが、
今年は本当に、何が起きてもおかしくないと思う。

『何が起きても、必ず大丈夫』と、
ともかく腹をくくるしかない。

腹さえくくっていれば、
何かが起こった時も、

「こう来たか!」と、
取り敢えず、受け止めれられるはずだ。
まず、そのままを受け止めることが大切。

自分の一番見たくないものや、
避けてきたことに直面する人もあるだろう。

何故こんな目に?と嘆くことになるかもしれない。

でも、必ず、それを超える手立ては、
誰でも天から与えられているから、
何をおいても、ブレナイ自分でいること。
すべてに最善を信じて、自分の力を尽くすこと。

それによってみんな、次なる段階へと進んでいけると、
私は考えている。

天はみている。
奇跡は実在する。
もちろん【救い】はもたらされる。

自分の自我が、受け取るのを邪魔さえしなければ、
すべての人が、天恵にあやかることができる。

あきらめないこと、絶望しないこと。

私たちはこの時代を選んで生れて来た。
乗り切る知恵も強さも、
本来持ち合わせている、勇気ある者たちなのだ。

なぁ~んちゃって、

そうはいっても、全員が全員、
苦労すると言っているわけではないからね。

【力】、はいりすぎると疲れるから、
その辺はほどほどに…

【何があっても大丈夫

これさえ忘れなければ、まあヨシだと思います

最後になりましたが、
今年もよろしくお願いします













この記事をはてなブックマークに追加