☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

お相撲

2011-11-19 19:09:22 | 日記
10年程前に祖母がなくなってから、急に相撲好きになった。
どうも、相撲好きだった祖母のせいらしい。
私を通して、お相撲観戦してる?!

最近は場所が開催されるのが、楽しみでしょうがない。
だから、テレビの中継がされなかったりの今年は、
わたし的には、本当にがっくりの年でもあった。

それはそうと、先日、本屋で、
スピ系の雑誌をパラパラ見てたら、
相撲は古来、地震の鎮めの為にも行われていたとあった。
だから今年、開催されなかた場所があったことが、
3月の震災にも関係しているのではないかとも…。

【四股を踏んで地面を固める…】なるほど、それもありだなと思った。

横綱は神だというと、笑う人もいるが、
これは、
横綱である人間が神であるということではなくて、
横綱が、古来からの儀礼に則った動作をする時、
彼に神の力が降り、
神の意を成しているという事だと思う。
要は、神官やチャネラーと同じ。

大体古来から行われていることには、
ちゃんと意味があるのだ。
とくに相撲はもともと神事なのだから、
その所作などには、
四方の邪気を祓ったりなど、
一般には知られていない大事な意味合いもあるのに、
今、単にスポーツとして、
そういった中身が失われつつあるのは問題かもしれない。


少なくとも、大関や横綱ともなろう人は、
自分の勝ち負けや、昇進だけでなく、
そういった神事的側面や、
日本人の心の文化なども理解した上で、
関取として活躍していただきたいと思うのであった。


話は変わるが神事といえば、
天皇陛下のご入院で、
今年の新嘗祭は、
皇太子が務められることになりそうな気配…?

一般の人は、
皇室の神事は、形式的なただの儀式であり、
誰がやろうが、どう執り行おうが、
大差ないと思っているのだろうが、
それはまちがいだと、
私は思っている。

以前、
今上天皇が新嘗祭をされてる映像を、
ちらっと、
テレビのニュースで拝見したことがあるが、
まさしく陛下に、
神が降りておられるということが、
一瞬で理解できた。

「陛下は、日本の神職の長としてのお役目を、
まっとうに果たされている!」

ご年齢のことを思うと、
まことに頭の下がる思いがし、
心からありがたいと感じた。


神官は必ずしも、霊能力がなくとも良い。
神を敬う気持ち、感謝する気持ち、
自我を捨てて、高次なるものに仕える気持ちがあれば、
十分に役が果たせる。

日本の神々をお祀りすることは、
実はとても重要なことなのだが、
一般的には、
時には宮司さえもそれを知らず、
ただ機械的に儀式を行っている。

それが、全国の神社の荒廃(波動が下がる)
原因の一つにもなっている。

あの天皇だからこそ、
この国難の続く時期、
これでも、この程度の被害で、
色んなことが収まっているのだということも、
私はみんなに知ってほしいと思う。


日本の神々が、
日本のため、日本人のために、
力を尽くそうとされても、
その神の遣いとなり、より代となり、
神意を伝えたり、
エネルギーを降ろす導管になったりする人間(神官)
がいなくては、どうにもならないという現実もある。


私は(これもテレビの映像でだけれど、)
戦没者の冥福を祈って陛下ご夫妻が、
海に向かって、
頭を垂れられた時、
沢山の亡くなった方々の霊が、
感謝する声が画面から?聞こえ、
呪縛から解放されて、
天に上がって行かれた姿を見たことがある。
(その時は、雲間から昭和天皇もご出現になり、
天への道を開き、
人々を導く役を果たされていた。)

それは本当に感動的な光景で、
私は、涙が止まらなかった。

※ ちなみにその時人々が、泣きながら口々に叫んでいた言葉は、
 
 『もったいない。もったいない。』
 『(私たちのために天皇陛下様に頭をさげさせるなど)申し訳ございません…。』
 『お悲しみをお与えして、本当に申し訳ございません』
 など、
 今の人には考えられないような、
 陛下のお心を気遣うものばかりだった。

  その一方で、そこには、

  『確かに天皇陛下のはずなのに、自分達の知ってる方ではないが…?』
 みたいな困惑もあった。

 そのせいなのか何なのか、
 崖下の海から上がってきたものの、
 今上天皇ご夫妻が、頭を下げられている高さのあたりで、
 お2人を見つめて、
 行き場を失ったように、うろうろしていた群集に、
 その時、
 上空から光を投げられたのが、
 昭和天皇だった。

 (記憶に定かでないが、
 たしか、龍神のような、お姿でもあった気がする…。)

 一斉にわっという歓声が上がり、
 昭和天皇を目指し、
 人々は列をなして、
 喜びの中、天へ上がっていかれたのだった…。


 …その場所は、【バンザイクリフ】と言われている外国のある場所で、
 第2次世界大戦の激戦地であり、
 敵に追い詰められた日本人が、
 「天皇陛下バンザイ!」と唱えながら、
 たくさん身を投げた場所らしい…。
 そこに慰霊に赴くことが、
 長年の陛下のご意志であられたと、
 ニュースの中でアナウンサーが言っていた。

 こんな所で、たくさんの人々が、
 何十年経っても成仏できずにいたんだと思うと、
 本当にお気の毒なことではあったが、
 このことにより、
 陛下が、日々、
 皇后様と共に成されていることの、
 目に見えない真実の一端を、
 見させていただいたのかと思うと、
 ありがたい天の計らいとも感じた出来事だった。
 



まあ、こんなこともあり、
私は、
昭和天皇ご夫妻もさることながら、
今上天皇ご夫妻が、
日本が平らかに成るように、
ひたすらその国民のために、
今まで、
身命を賭して働いてこられたのだと、
確信している。

誰にでもできる仕事ではない。

ウソだと思ったら、
一回やってみればいい。

人のために、1年365日、
ネガティブな想念もかぶりまくり、
プライベートもなく、
ただただ
影日向に、力を尽くすのだ。

私はこのお2人は、
日本に、
この困難な時期が来ることを知り、
それを皆が乗り越える手助けするために、
降りてこられた魂なのだろうと思っている。


宮中で一般人に知られず行われている神事は、
数あると聞く。

でも、陛下もよる年波にはかなわない。
今まで十分にお働きいただき、
私達国民を護ってきて下さったのだから、
激務から、ここらで解放してさしあげたいのだけれど…。
できれば、
楽しく気ままな隠居生活をしていただきたいものなのだが、
神事に関しては、
役目をお譲りになられたとして、
この先それが、ちゃんと成されていくのか、
イマイチ不安なのは、私だけだろうか…?

皇太子ご夫妻に、
神事の正しい?認識があることを祈る…。













この記事をはてなブックマークに追加

ヒーラーの心得?!

2011-11-01 16:00:29 | 日記
2日続けて似たような夢を見た。

1日めは、自宅が知らないうちに温泉旅館になっていて、
知人友人も含め、たくさんの人が泊まりに来ている夢。

2日めは、ベッドの周りから私に向かって、
無数の手が伸びていて、
私にすがりつこうとしている夢。
これに関しては、
当然?ながら、うなされるように目を覚ました。
時刻は午前4時。
一瞬、魔界からの攻撃?!
などと思ったものの、
いやいや、
ヨガナンダジの講和集(本)が枕元にあって、
それはないだろうと、
すぐに思い直し…。

その場は、とにもかくにも、
まず、
この重い?エネルギーを取り除かなくてはと思い…。

即座に、(神さま助けて!)と叫んでみたが、
いやいや違った、
自分の内なる神、
キリスト意識と繋がって、
そこから、エネルギーを発してみようと考え直し、
実行して見ると、
周りは鎮まり、クリーンに戻った。

やれやれだ。


…どうも、寝ている間に、
私のところに、複数の人々の【助けて想念】が来ていたらしい。


こんなことは、時々ある。


そういえば、人から言われたこともある。
怖い夢を見ていた時に、
私を呼んだら助けられたとか、
困った時に、
助けて下さいと、
私に何度も祈って救われたとか…。

それほど信頼してもらっているのかと思えば、
ありがたいのだけれど、
本当に私が役に立ってるのかどうかは、
はなはだ疑問で、
おそらくそれはない、と私的には思っている。

そうして、その都度、
私にはそんな力はないと話すのだけれど、
わかってもらえたのかどうかは、
どうも怪しかったりする…。


実のところ私は、
まだまだまだまだ未熟者で、
聖者の域には、
はるかヒマラヤほども程遠く、
当然、何を頼られても、
大したことはしてあげられない。


私の与えられてる仕事は、
今のところ、
天と人との仲介役、
いわば【通訳】みたいなものなので、
私自身が、【無限力】を発揮できるわけでは、
もちろんないのだ。


そうはいうものの以前は、
私も人間なので、
時には、
人のあまりの窮状を見過ごせず、
必要以上に感情移入してしまい、
(なんとかしてあげたい!)
と願いながら、
ヒーリング等、してしまうことがあった。

そして、そういうセッションをしてしまった時には、
必ずその後、体に痛手を負って、
自分の不遜さと、勘違いを戒められることとなった。

ある時は、爪が割れ、
ある時は、歯が腫れ…。
下痢や腹痛は、普通だったこともある。


そういう体験を積み重ねてはじめて、
【自力は無力で不要】、
【自我意識も無用】のものであることを、
理解させられた感がある。


【如何に空(から)になるか…。
でも、自らの魂を、あけ渡してしまってはならない。】

ヒーラーやチャネラーと呼ばれる人達必然の、
心得なのでしょうね~。















この記事をはてなブックマークに追加