☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自我。

2009-08-27 20:41:47 | 日記
突然ですが、おそらく私ほど自我の強い?人間も少ないだろうと思います。

前回のブログを読んで下さったかたは、
「あれ?自我中心でなく、魂に委ねる人生を生きてるんじゃなかったっけ?!」って思われるかもしれないですが…。

そう、最近は以前と比べれば、大分、魂が主導になってると思うけど、
だからといって自我が失くなるわけでなし、ジタバタしている時も多々あるわけです。


<どこまで行っても自我は失くならない。この世に生きて肉体を持つ限り…。
そして自我と魂の意志が離れている人ほど、葛藤多き人生になる…。
それは、今生を始めるにあたってあらかじめ決めてきた設定なので、今更変更は不可能。>


というわけで、【葛藤多き人生を選んできた私】としては、【それと向き合い融合させていくコト】も、
今生の目的の一つとなるわけです。

もともと私の自我と魂は、数年前まで北極と南極ぐらい離れており、
ベクトルもまるで逆。
超ネガティブで保守的、自己主張大の【自我】。
不屈の強さと豊かな愛あふれる【魂】。

何か一つ物事を決めるにも、まるで違った反応を示してくる両者。
これまでどれほど、自我の【死ぬほどの恐怖】と【抵抗】を押しのけて、
魂に従ってきたことか…。


そういえば、3年前にギリシャ&トルコに行った時も、『行かなければこの先の人生はない』とまで魂に言われ、
泣く泣く、今度こそ本当に死ぬかもと思いながら出かけたっけ…。
家族にも、
「生きて帰れるかどうかわからない。でも行かなくちゃならないからイヤだけど行くんだ…。」
なんて泣き泣き挨拶したりして。言われた方は、まるで分けわかんないよね、全く。

私の場合、その当時は、体が、行く場所によってはどうなってしまうか分からない危険があったので
自我の言う事も、あながち大げさでもなかったのですよ。ホントなんだから!!

実際トルコでは、テロで外国人観光客が乗ったバスが爆破され、数十名が亡くなくなった直後の港に降りたり、
やっぱりテロで火を点けられ、マル焦げになった山々の間を、バスで通ったりしました。あたりはまだ焦げ臭く、所々煙が出ていましたね…。


そんな中でも、決死の思いで行ったため、準備は万端。
できるだけの事前の備えもあり、
体調崩しながらも何とか乗り越え、無事帰国できた時には涙、涙でした。

はっきり言って、自我にとっては途方もなく恐くて、辛いだけのツアーでしたが、
その時受けた恩恵は、
【ツアーで大事な友人に出会えたこと。】【グラウンディングがより出来るようになったこと。】【女神と繋がれるようになったこと。】
【アトランティスの叡智をどこかのレベルで受け取ってきたこと】などが挙げられます。

やっぱり魂のいうことには間違いはない…、でも自我的にはホントにしんどい…。

それでも段々に様々な経験を重ねるごと、
自我の抵抗も短期間で終わるようになり(←速やかに【降伏の白旗】をあげるようになった…魂に勝てっこないと分かってきたため。)
こだわり、捕われる時間も少なく済むようになり、
最近では、【自我ってそんなもんなんだ】と見れるように…?なったかな?!。

ネガティブな思いや感情が起こってきても、それをただ眺めることができるようになれれば、
人生はブレなくなるようです。
まだまだですけどね。


ちなみに魂はふつう、言葉で語ってくることはありません。
【感覚】で伝えてくるか、【事象】で伝えてくるか…。
ハイアーセルフを通して、言葉が降りてくることはあります。
何にせよ大切なのは、【ハートで感じる】ことのようですよ。


…本当は自我も魂の一部なんですけどね…。
これを言い出すと、またまた話しに収拾がつかなくなっちゃいますので今日はこの辺で。







この記事をはてなブックマークに追加

音というもの。

2009-08-25 19:08:04 | 日記
音というものは不思議だ。
科学的にみれば音は波であり、光も波。
音の周波数が高くなると、光になるとも聞く。

波といわれたところで、肉眼で見えるわけでなし、触れられるわけでなし…。
その点に関しては、(ふーん…そうなんだぁ。)の世界で終わっているけど、
ヒーリングに関していえば、特定の音によって【癒し】を起したり、
【浄化】をなしたりというのは、確かに【有り】だ。

だからさ、神社で鈴を鳴らしたり、お寺で鐘やリン、ドラを鳴らしたりするのだって
ちゃんとわけがあり、実際効果があると、分かる人には解っていたから続いてきた伝統なのだと思われる。



さてさて、何でこんなことを書いてるかというと…。


先ごろサロン名を変更するにあたり、毎日その準備でバタバタしている中で、
突然天からこんな指示が降りてきた。


『千寿音の【音】を、【実際の音】としてその空間に流すこと。
 紫乃に【千寿音の音】を降ろしてもらい、曲にしてもらいなさい。』



…紫乃さんといえば、いわずと知れた北海道在住のヒーリングピアニストで、
普段から大変お世話に、且つ親しくさせていただいている方である。

私の今までの、セッションスタイルは、
【音】に関しても、クライアントさんによって毎回必要なものの指示がくるので、
その都度、この方はこのCD、次の方はあのCDという具合に、
人によって違ったものを流すのが常であった。

だから、【千寿音の音】と言われた時に、正直ちょっと驚いた。
しかしすぐに、【千寿音のエネルギー】というものが、高次元のどこかに用意されていて、
天はそれを【紫乃さんと私という媒体】を使ってこの空間に降し、それを必要とする人々のために使いたいのだと思い至った。


※   ※   ※

何年か前の私は、【ヒーリングで人の役に立つという私のビジョン】を天が後押しして、サポートして下さっているのだと思っていた。
それでこの仕事ができているのだと…。


それが最近では、【考え違いだった】と思うようになる。

この仕事は、私の【自己実現】のためではなく、
【大いなる意志(私の魂でもある?)】が、【私という一つの媒体】を使って、表現されたいことがあり、
私はただ、【そのツールになることを承諾してここに生れてきたにすぎない】と、
つくづく感じるようになったからだ。


わかっていたようで、わかっていなかった真実?だったのかもしれない。
だって自我というものは何より 【自分】=【大いなる源より自ら分かった者】 を主張したがるものだから。



例えば、【幸せになりたいという気持ち】でこれを説明するとする。

真に天を、宇宙を、信頼しているのであれば、
【絶対の愛】であるものが、
私を不幸?にすることなど、するはずがないということは容易に推察される。
そう考えれば、どんな物事も、【すべては何らかの祝福】であり、【常に幸せ】であるわけなので、
殊更、【幸せになりたいなどどいう願望】は起きてこないはずである。

でも現実はそうならない。というより、私はいつも幸せと思って生きている人は僅かだと思われる。

それは何故か?

そこに【自我】があるからだ。

自我は、【思い込みや判断】などで人を縛りつけている。
そうして人は、その自我の声を自分の声と思い込み、幸せになったり、不幸せになったりしているのだ。

そして大事なのは、もちろんそれが悪いわけでもなんでもないこと。


それは、この人生をどのように生きたいかという、【魂の選択のなせるわざ】であり、
感情を体験するには【自我】はなくてはならないものだし、
霊性の成長の上でも、【必要不可欠なもの】ともいえるだろう。

すべては、【何を経験したいか】という、魂の選択によるものなのだ。
私はそう思っている。

※   ※   ※


話しを戻すと、
そんなこんなで、それからすぐ紫乃さんに連絡をとり、【千寿音】のCDを制作してもらう運びとなった。

私には、彼女なら、ちゃんと【千寿音の音】を降ろしてくれるという確信があった。

そして、天より指定された8月17日に、曲を弾いてもらい、8月20日の新月の日にそのCDはわたしの元に届いた。


届いてすぐ、出来上がったCDを聞いてみた。
その感動は大変なもので、有難さに涙がいっぱいこぼれた。

彼女は確かに【千寿音の音】を降ろしてくれていた。

(よくぞ、降ろして下さった…。)と、ただただ感謝の涙だった。


電話でその旨を報告させていただくと、紫乃さんいわく、やはり、かなり大変な作業だったらしく、
朝から、なんと9時間ぶっ続けでピアノの前に座り、気がついたら夜になっていたという状態で曲を完成して下さったらしい…。
それをうかがった私は、「本当にご苦労さまでした」と、重ねて感謝の気持ちでお礼を申し上げるばかり…。


☆   ☆   ☆


まずまずそんなわけで、あらたに【千寿音の音】に満たされた空間で、クライアントさんをお迎えできるようになりました。

今後の展開がどうなって行くのかわからないけど、
私としては今までどおり、示されたこと、出来ることをただやって行くだけです。


あと今回のサロン名変更にあたった、【一番の功労者(お世話になった方)】のことも
書かねばなりますまい。

それは、先程の紫乃さんのご主人で【Blue pool】の代表でもある【崇光さん】のこと。
彼は紫乃さんの演奏会やCD制作などの仕事を専門的にされるようになる以前は、コンピュータ関連の仕事をプロとして長年されていた方で、
以前より、私のサロンに関するホームページや印刷物のすべてなど、パソコン関係ものは全部彼に作っていただいていました。

パソコンや電磁波が苦手だと、再三ぼやいている私が、なぜあんなホームページを持ち、サロンのパンフレットを皆さまにお配りできるのか疑問に思っていたあなた!
そうです!私にそんなこと出来るわけがありませんすべて崇光さんが引き受けて下さっていたのです。


というわけで、今回も素敵なパンフレットや名刺を彼に作っていただきました。
紫乃さん同様、彼もとてもスピリチャルな方なので、【千寿音のエネルギー】を損なわない形で私の想像どおりの、素晴らしいものを形にして下さいました。

余談ですが【物を形にする、創造の仕事】を人にお願いする時は、引き受けて下さる人がどんな方なのかがとても重要になります。

チャネリングと同じで、その媒体になる人を通してそれが形になるので、
間に立つ人によっては、エネルギーが変化してしまうことが多々あるからです。

それは物を買う時でも同じ。
そのお店のエネルギーが入るので、見た目は同じ商品でもエネルギー的には【月とすっぽん】みたいになることがあるのでご注意を。

その点、今回も崇光さんは、天の信頼に足るものを形にして下さいました。
本当に感謝しています。


私のように、パソコンのことを【未知なる星のわけのわからん代物】のごとく思いながらも、
ブログやってみたいなぁと思っている方や、自分の名刺つくりたいんだけど…とか、
インターネットに自分の作品を載せたり、販売したいなぁと思っている右脳派の人たちって、世の中に意外に多いんじゃないかしら…。
そうだとしたら、そういう人達のために、彼の才能を使わないのはもったいない!
と思いついて、その旨を彼に伝えたところ、
嬉しいことに、今月からそういう仕事の受付も、インターネットでして下さることになりました。
これでどなたでも、気軽に印刷物の製作やパソコンの相談の仕事をお願いできます。
崇光さんは、とても控えめで、女性的細やかなエネルギーも持った男性ですので、興味のある方は安心して問い合わせをメールでしてみて下さいね。
(このページのブックマークから、紫乃さんのホームページに入れます。)
誠実に対応して下さると思います。
お値段もお値打ちに設定して下さるようですよ。


秋風さえ感じるような爽やかな天気の続く今日このごろ。
行楽にもよい季節がやってきますね。
甘いものはいけないと知りながら、中津川の和菓子屋さんに、知る人ぞ知る?【栗汁粉】を食べに行きたいと、今から心踊らせる私です。








この記事をはてなブックマークに追加

覚せい剤はコワイ…。

2009-08-19 14:19:55 | 日記
さっき昼のワイドショーで、覚せい剤から立ち直った人の体験談を放送していたのですが、
それをしっかり観てしまった私…。
覚せい剤はコワイという認識を、あらためて深めました。


今まで、覚せい剤使用により、具体的にどのような症状に見舞われるのかということまでは、知らなかったので、驚くことしきり。

その人の体験ではだけど、
覚せい剤を使用すると、とてもハイテンションになり、
自分がまるでアーティストになったかのように、部屋の壁とかにペインティングをしたりしたそうで、
テレビに映し出されたその当時の写真をみると、確かに悪魔の館のようなオドロシイ装飾の、部屋の様子になっていました。
クラブの中みたいな、ブラックライトに照らされた蛍光塗料が怪しく光る世界。
クスリの常習者はみんな、暗いところを好むようになるとも言っていました。

(日の光を嫌がるなんてまるで吸血鬼みたい?)と思ったけど、まあそれだけなら、趣味の域。
それで終わらないから問題なわけで…。


症状の一つとして、かなりハッキリとした【幻聴】が聞こえるようになる…。常に耳元で人の声がするらしいのです。
まるで現実にすぐそばに人がいて、話しかけてくるみたいに、姿無き声が自分の頭の中の考えに呼応して会話をしかけてくる。

例えば、

「今何時かな?」
と頭で考えると
「9時だよ」と、女の声が耳もとで聞こえる…。

「9時じゃないだろう!?」と怒ると
「ワハハハ、引っかかった!!ばーか ばーか」

 …みたいな感じなんですって。


これが24時間延々と続くと、かなり辛いですよね…。
自分一人の時間、精神的にプライベートな時間がなくなって、のべつまくなし、
誰かのおしゃべりを聞かされることになる…。


それを聞いた私、
この状況、理由なく高次のチャクラだけ、パッカリ開いてしまった人の状態に似ていると、感じました。


声の正体が、自分の想像の産物か、憑依によるものか、はたまた自己の暗い側面なのかはわからないけど、
5重人格になって、精神科の薬にお世話になるしかない状態になった霊能者さんに会ったことがあるし、
知り合いの中にも、ある日突然似たような状況になり、苦しんでた人もいました。


覚せい剤の成分の中には、古代、シャーマンが精霊と繋がる儀式を行うため使ったものもあると、何かの本で読んだことがあるので、
それを思うと、クスリのせいで幻聴(霊との会話?)が起きてもおかしくないですよね。
然しながら、そういうクスリによる効果で、シャーマンでもない人たちが繋がるとしたら、
せいぜいそこらへんにウロツイテいる、下級霊や未成仏霊ってことになるから
これまた、たちが悪く…。人が困ることや、苦しむことが大好きだったりするので一度繋がると、つきまとって中々離れない…。

クワバラ、クワバラです…。


あと覚せい剤の症状として、共通して現れるのが、【誰かに見張られている】という感覚だそうで、
監視され続けているという恐怖がつのり、それはそれは恐ろしいのだそう…。

それから逃れるために、その体験談の男性は、高速道路を逆走したり自殺未遂を起したりの、地獄のような毎日。

禁断症状もあってか、辛くても覚せい剤はやめられず、
ついに、『クスリをやめるか、死ぬか』の
どちらかしか選択の余地がなくなり、やっとの思いで民間の更生施設に入り社会復帰したのだとか…。

現在の奥さんの、愛と支えがあってこその更生だったようです。

でも今でも戦いは続いていて、誘惑に負けて再びクスリに手を出さないように、日々ご自分を戒めておられるのだとか…。
いや~聞きしに勝る、大変なことなのですね、覚せい剤を止めるということは。


解説者の話によると、
1 ともかく1度やったら、仲間もできてしまうのでやめられない。(常に誘惑の悪魔のささやきが…)
2 クスリを買うのにお金がいるので、借金を重ね、ローン地獄になったあげく、強盗犯や殺人犯になるケースも多い。
3 なにより最近は、大学の構内や普通の住宅地でも、覚せい剤が簡単に出回っていて誰でも手に入りやすくなっている。(うそ~!!)

ということで、
【最初は興味本位で始めた…】というのが殆どのようですが、それから逃れるのは並大抵ではない。

また、【自分は簡単にやめられる】と言っている人ほど、ハマリやすいので、注意してほしいとのことでした。

ダメと言われるものほど、手を出してみたくなるのが人間ですが、
払う代償の大きさを考えて、【君子、危うきに近寄らず】の態度で、
何といわれても、ともかく手を出さない、
得たいのしれないものは口にいれない
(←金平糖のようなお菓子のタイプもあると聞いたことがあります…。どこかの駅で配っていて、子供が知らずに食べたとかなんとか…。
事実かどうかは、わかりませんが。)、
というのが大事かもしれませんね。

自分には関係ないと思わずに、【備えあれば憂いなし】のつもりで過ごしているといいのかも。





この記事をはてなブックマークに追加

梅干 完成!!

2009-08-13 12:20:50 | 日記
ジャーンみなさま、やっとでございます…やっとのことで梅干、完成いたしました

【梅干先生】がいて、合否の判定をしてくれるわけじゃないから、これでちゃんと出来たといえるのかどうかわからないけど、
ともかく、形は梅干になりました。

こうやって自分で作ってみると、出てくるのは今まで手作りして、分けてくれた人への【感謝】ですね~。(私の場合は祖母)

振り返れば、梅干作りの行程…。

まず、青梅が黄色く熟すまで待って、1個ずつ竹串でへたを取り、塩漬けにする…。
…梅が熟すと、あんなに甘くていい香り(まるでスモモみたい)がするって知らなかったし、
甕の中で水が上がってからも、赤シソを加えるまではずっと、フルーティーな香りが漂っていてすごく幸せを感じました。

その後何日かして、洗って水気を切った赤シソを、ビニール袋に入れて何度も手でもみ、出てきた黒い灰汁を捨て、
最後に、ボールに取り分けた白梅酢(塩漬けで上がってきた液体)の中に、その揉んだ赤シソを加えた時、
目の覚めるような美しい赤紫に発色してくれた感動
それから、赤紫に染まった梅酢と揉んだ赤シソを、甕に戻し入れて土用を待つ間、今度は、赤シソのいい香りで、やっぱり幸せ。

ところが、そこまで順調だったのに、その後長引く梅雨に翻弄され、土用になっても天日に干せず、初めてのことなので随分気をもむ事態にも見舞われ…。

そしてついに、先日ブログでもお伝えしたように、8月になってやっと梅を干すことができ、念願の完成に至ったわけです。

今回私がトライしたのは2キロだったので、大体この写真に写っているビン、2個分。なので、あまり、多いとはいえませんね。
量としては、梅干用に売られている盆ザル1つで全部干せるくらいでした。
なので、出来としてはちょっと十分とはいえず、来年は倍の4キロ漬けようと、今から心に決めている次第です。
(あの母にも分けてやらねばならずですし…)


昔ながらの製法で作られた梅干は、古くなればなるほど薬効が高いので、作りすぎて余分ということはなく、
昔の人は、梅干が出来上がると、これでまた、家族元気に暮らせますと手を合わせて感謝し、保存したそうです。

梅干は血液サラサラ効果が高く、風邪や腹痛の時には、食すとよく効き、
頭痛や咳のひどい時に、患部に外から貼り付けると、症状を和らげてくれたりもします。
(ただし塩分にかぶれ易い人は注意)

その中でも特に、梅干を煮詰めて作った【梅肉エキス】は薬効が高い。
私もうちの息子も、これを数回服用するだけで、下痢も熱もすぐに快方に向かいます。
我が家では、ビワ焼酎(ビワの葉を焼酎につけたもの。外傷全般によい。)と共に、【ビワさま】、【梅肉エキスさまさま】で、大変助けられています。

ただどうも、普段から玄米菜食など、自然の体にいいものを食べている人の方が、薬効が現れやすい傾向があるみたいで、
万人に素晴らしい効果があるかというと、人それぞれとしか言えませんが、少なくとも体によいことだけは確かだと思います。

そうは言えども市販のものは、化学薬品で日光にも当てずに作ったものが殆どらしく、そういうものでは逆に体に悪いこともあるとか…。

梅干作りの一つ一つの行程を、手間隙かけて、愛情かけて作るからこその効用もあるかもしれず…。
そう思うと、生前、毎年毎年、家族や親戚のために梅干を作り続け、配ってくれた祖母のことをイヤでも思い出し、
こうやって梅干、作ってくれていたんだなぁと実感することで、ますます感謝の念でいっぱいになり…。


先祖代々、女は、母は、家の中でこうして家族のために梅干だけでなく、
味噌やら漬物やら、ただもくもくと手作りをして、
蔭ながらどれだけ多くの者の健康を守り、救いや支えになってきたのかと考えると、
そんなことに気づくこともなく、私たちは、なんとそれを当たり前に生きていることか…。
こんなところからも、生かされているという事実の一端を垣間見せられたような気がしました。

昨今は、女性も働く時代で、専業主婦は肩身が狭い風潮すらあるような気がしますが、
家にいるから遊んでいるということにはならない。
家の中には家のなかの大事な仕事があり、それは外に出ているかいないかの問題でなく、やるかやらないかの問題なのだと思います。
当然家にいる方が時間があるから、いろいろ出来て当たり前という人もいるかもしれないけど、
家事はやりだしたらこれでいいという、終わりの決められるものではなく、
例えば家庭菜園から何から、なんでも手作りしている人にとっては、朝から晩まで物凄く忙しいはず。
そしてもちろん、外で働いていても、時間を上手に使って必要なことをこなしている人もある。

大事なのは、女性が、外に働きに出ているかいないかではなく、
家族とって、自宅が安全で安らぎの感じられる場所であるかどうか、
特に子供とって、親や周りからの愛情を、十分に感じられる場所であるのかどうか、
ということでなのではないでしょうか?!

夫婦にしろ、親子にしろ、そこに愛情がなければただの同居人。
家庭の温かさは、人間にとって生きる活力の元ともいえるかもしれません。
それは、家族みんなの思いやりや協力があってこそのもので、
そこで女性が、母として妻として果たす役割は、大きいように思います。


そうやって考えた時、愛情が形になったものの一つとしての【手作り】というものの大切さを、私はしみじみと思うのです。

そして、主婦として母として、まだまだの私ですが、
この体験でまた一つ大切なことを実感させてもらった気がし、
月刊誌、『あなたと健康』によく出てくる、

「なんでも、やってみなきゃわからんよ。」

という常岡先生のお言葉が身にしみたのでございました。


それにしても、この梅干、なんだか食べてみるのが恐くて、まだ試食してないんだけど、大丈夫かしらん…。
食べた途端、ひゃあ~ショッパイなんてことにならないでしょうね…。
どうも、【塩】が多すぎた気がしてるんだよなぁ…カビるのが恐くて…。







この記事をはてなブックマークに追加

やっとのことで、土用干し。

2009-08-11 14:31:52 | 日記
ちょこちょこお伝えしている、この夏初チャレンジの梅干作りですが…。

シソ漬までは上手くいったものの、その後土用になっても晴天に恵まれず、
毎日ヤキモキしておりました。

かろうじて、8月に入って何とか梅雨明け。
でも週間天気予報では、梅雨明け後も晴天は2日しか続かないという予報だったため、
大事をとって干すのを見合わせたところ、予報に反して3日間晴れてまたまた雨。
こんなことなら干せば良かったと後悔したものの、
8日からはずっと晴れの予報だったので、信じて待っていたのに、
今度は晴れたのは8日だけで9日は曇り、その後台風の影響で雨…。

こんなんじゃ、天気予報なんてあてにならないじゃん!
こりゃあ、台風が通り過ぎたらなんとしてでも干すしかないと決意して、今日、やっとのことで土用を過ぎた【土用干し】にとりかかることができました。

本によれば、なんでも晴天の続く3日間、干し続けることが必要らしく、10時と2時に裏表を引っくり返して、夜はそのまま夜露に当てるのだそうです。

【塩漬けの梅と一緒に赤シソも干し、これは日中の暑い時間帯に、カリカリに乾いたところで家の中に取り込み、すりこぎで擦ってふりかけ(ゆかり)にします。】
とこれまた本に書いてあったので、先程この作業は終え、早々に(ゆかり)は保存用の袋にしまいました。

赤梅酢も日光に当ててから保存だそうで、これは現在まだ日光浴中。

気温35度以上の猛暑なら、干すのは2日でもいいらしく、なんとか明日で干しあがってくれればいいなあと思っているところです。
なんせ、【台湾】を破壊してきた【台風8号】が、日本も狙って?接近中らしいので、またいつ天気が崩れるかわからない…?。やれ恐ろしや!
なんちゃって、本当に、困った天候の夏ですね。

この記事をはてなブックマークに追加