☆マリアのスピリチュアル?あれこれ☆

日々の暮らしの中で起こったちょっぴり不思議な出来事とか、発見!など、
ハートからシェアしちゃいます♪

《人を救おうとすることは、その人の神性を軽んじるということ。》

2016-10-01 16:13:18 | 日記
【人を救おうとすることは、その人の神性を軽んじるということ。】

これはそれ以上でもそれ以下でもない真実だと思います。

【救う】のと【助ける】のとは違います。

【助ける】のはサポートするということ。
出来ることで力をかす、手助けをするということです。

それに比べて、【救う】とは、上から目線が入っている気がします。

人を救おうとする時、【可哀そう】が入っていませんか?

けれど本当にそれは【可哀そう】なのでしょうか?
人はより大きな自分に成長するために、
あえて困難を引き寄せることもあります。

魂の視点で見ないと分からないことも、
たくさんあるのです。

それを、ただ表面的な自我の世界からのみ判断して、
救ってしまったのだとしたら、
それは、その存在の進化の邪魔をしてしまったことになります。
チャレンジと成長の機会をつぶしたことになります。

そしてまた、【救う】という意識が、
【救われるべき人】を創り出してしまう危険もあります。

本来すべての人に、神なる光が宿っており、
その力、ポテンシャルは無限であるはず。

人生に起こって来ることは、初めから自分の中に、
それを乗り越える力が有るということなのです。

その力に気付くのに、
その力を使うのに、
自分だけでは難しい人のために、
【助ける】という行為、
【導き】という恩寵があるのです。

勘違いすることの無いように、
気をつけないとなぁ…と思います。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遅ればせながら…「君の名は」... | トップ | 粉末ショウガ、いいね!☆ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む