信貴山千手院 毘沙門天王と銭亀善神 ご祈祷 修行 宿坊

信貴山千手院(しぎさん・せんじゅいん)は奈良県生駒郡にあり、毘沙門天王(びしゃもんてんのう)と金運招福、銭亀善神を祀る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『加持祈実践連続講座』第5会

2016-11-05 17:23:11 | 案内

『加持祈実践連続講座』第5会

来る11月29日(火)、講師として

小山盟央僧正を迎え『御幣の切り方』『法楽太鼓の打ち方』を開講します。

寺院で用いる『御幣』は修験道や両部神道から生み出されたものであります。

その源泉は神前での供物や祓いの道具とされた幣束であることは、いうまでも

ありません。それはまさに、日本固有の神仏習合の思想と習俗を背景とする

特異な存在であるといえましょう。

また『法楽太鼓』は日々の勤行を活気づけ、加持祈祷の場においては

檀信徒との連帯感と厳粛な雰囲気を高めるために欠かせない梵音具です。

小山僧正は御幣を、新四国曼荼羅霊場第58番・峰興寺前住職(興福寺長老)

故橋詰周明師より学び、新義真言宗総本山根来寺では法楽太鼓と

吹螺を指導されており、実践的で判りやすい講習をお願いしてあります。

各位におかれましては、この機会に挙って受講されるようお薦めします。

        

 信貴山千手院教務部

 *御幣の講習では、御幣の基礎知識・切り方・折り方から始め、最後は

  護摩で用いる天蓋御幣と四方幣、さらに諸尊諸天幣(型紙図付)を

  受者と共に作成します。(必ずハサミをご持参下さい。)

  法楽太鼓は心経・各種御真言はもちろんのこと神道の祝詞に合わせた

  太鼓の実修を披露していただいた上で、基本的な技術を習います。

 

 

   【講習会要項】

 

日 時    平成28年11月29日(火) 10:30~16:00

道 場    信貴山大本山千手院 

講 師    小山盟央僧正

資 格    僧籍をお持ちの方

              *各本山から僧階または教師資格を授与されている方。 

衣 体    改良衣・折五条(輪袈裟)

支具料    16,000円(昼食代、材料費(奉書・半紙・幣串等)が含まれています)

              *郵便振替で振込、または現金書留でご送金ください。

(郵便振替 信貴山 千手院 00900-9-39909)

資 料    『御幣の作り方』『各種御幣型紙図』『奉書紙』『半紙』『幣串』

              *当日配布します。*ハサミは各自ご持参ください。

申込み    *希望者はfaxかハガキで、11月29日受講の旨、住所、氏名、寺院名、電話番号、携帯電話番号、支具料送金済みの有無、

             宿泊希望者はその旨を明記して千手院まで連絡下さい。

締切/11月25日(金)

主 催    〒636-0923

              奈良県生駒郡平群町信貴山

              信貴山大本山千手院教務部「多聞会」

              電話0745(72)4481 FAX0745(73)9686

宿 泊    千手院宿坊に宿泊可能(一泊二食・七千円〔税込〕)

           

小山盟央僧正略歴

昭和43年熊本生れ。伊羽山盟聖寺(熊本市)住職

三宝院流・中院流にて加行灌頂。新四国曼荼羅霊場第58番峰興寺前住職(興福寺

長老)故橋詰周明師に師事。現在、新義真言宗総本山根来寺にて

法楽太鼓と吹螺を指導。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「チベット・ボン教のお話と... | トップ | 銭亀善神 開運厄除 金運招... »
最近の画像もっと見る

案内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事