そんざい

往年の名画「生きる」黒沢明監督、志村喬主演でのブランコの場面が印象に残る。

胃カメラ

2017年06月14日 | 日記
朝一番胃カメラの準備。注射、飲み薬と結構つらい。
口からの胃カメラはすんなり入っていった。胃の中を空気で膨満させるが、これはすきっ腹にきつい。
20分くらい?で終わり。暫くベッドに寝て安静。診察室で写真の説明。

これはガンの診察。ガンについては全く問題無し。
但し胃壁が年齢相応に荒れて?いるそうな。

1枚目の左上の写真の真ん中が「幽門」その右の写真が十二指腸の中へ入った所。
2枚目の左上の写真は「噴門」の所。胃と食道の境目。食道がんは大概ここに発生。
(4枚一組で1枚の写真)

胃の内壁を見ると毛細血管がよく見える。これは胃の中の壁がすり減っている証拠。胃がんはここに発生。
これが胃の中が「荒れている」証左だそうな。(聞き間違いはないと思うけど)

80歳以上の年寄りのガン進行は遅いそうな。
ガンが見つかって手術と言われても、その手術を実行しても、しなくても寿命はそんなに変わりないであろうし手術した後に苦しい思いをするならば「手術NO!」で行こうと我は思う。

来週は順天で一昨年の上行結腸がん手術の予後検査。先日の大腸検査の結果と合わせて、今日の胃がん検査を報告し診察してもらおう。

疲れ果て12時頃の朝食の後2時間午睡。14時昼食。今パソコン。

夜半身体右半分の痛み激し。3時前から4時半まで新聞読み、それからまた2時間ほど居眠り。

晴れ&曇り。
1枚目

   2枚目
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショック | トップ | 特記事項無し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。