千石屋 CA65+

※ご利用は自己責任で。

CA65で車載動画その2

2008-05-26 | ステムマウント
XactiCA65でバイクの車載動画を撮影する実験その2。
ステムマウント編。


CA65はステムシャフトに固定、三脚の雲台部分を流用。
さすが雲台はアングル調整がしやすいです。
前回のヘルメットマウントと違い、目の前にCA65があるので操作もしやすいです。
自作ワイコンは前回同様ピットマルチ2とビニールテープで固定。
というか前回から付けっぱなしです。
車載動画を撮るときはずっとこのままでいいかも。


撮影モードはTV-SHQ(640*480でCA65の最高画質)、手ぶれ補正はOFF、
フォーカスは自作ワイコン装着のためスーパーマクロ、
フォーカス方式はスポット、測光方式は多分割、音声ウィンドNRはOFF。
風切り音対策でマイク部にマスキングテープ。

と、前回同様の設定で撮ったわけですが・・・予想外の問題が発生。
CA65がバイクに近くなったせいか、マイクが電磁ノイズを拾って酷いことになってます。
うを~~~!電磁ノイズ対策ってどうするんだっけ~!アルミホイルで包むとか?
調べて対策とらないとな~~~っと。

で、撮った動画が以下です。
音声ノイズが酷いので音量注意。


あいかわらずClipLifeは画質が悪いのでマシなのをこちらに。

心配していた振動やブレは問題ないレベル。
というかヘルメットマウントよりこちらのほうがブレが少なくて見やすいです。
視点としてはヘルメットマウントのほうが好きなんですがこれはこれでありですね、

・・・電磁ノイズをシールドすることが出来ればという条件付きで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CA65をステムに その1 | トップ | CA65で車載動画その3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノイズ・・・ (noja)
2008-06-01 22:44:06
ども。
私の方もハンドルマウントを作ってみました(記事はそのうち上げます)

で、走ってみたんですが、タンクマウントより調子がいいです。なにより邪魔にならんし

が、こちらでもノイズを拾うようです。
そちらのように常時というわけではなく、
回転数で消えたり入ったり。

常時発生するパルス源というとやはり点火パルスとかFIとかですかね。
まぁFIは私の方は関係ないですけど。

それではまたー
Unknown (千石@ブログ主)
2008-06-02 00:56:56
>nojaさん
現在電磁ノイズ対策試行錯誤実験中ー!です。
それなりに成果は上がってるんですがノイズを完全に消すまでには至らず・・・詳しくはまた記事に書きます。

ノイズ発生源は点火パルスっぽいですね、エンジン回転数に同調してるので。
プラグコードにこんなの↓
http://www.oyaide.com/i_home/emc/felaitcore.htm
付けてやろっかなと思ったらCBR600Fはプラグキャップ内にイグニッションコイルがあってあまり効果なさそうなのに気付いたり。
発生源で抑えるのは難しそうなのでマイクをノイズから守る方向でやってます。

>ハンドルマウントを作ってみました
スライドレール&RCダンパーが面白かったのに!
あれ、ステンレス板とタンクの間に詰め物してブレを抑えてもダメですかね?
あとダンパーの固定側をステンレス板上ではなく別の場所で固定するとか。
かなり手間かかりそうですけどw。

でもシンプルなほうがいいのかも?
記事楽しみにしてますねー。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
バイク用車載カメラを考える その9:カメラステー編6 (気の向くまま)
前回、タンクよりもトップブリッジの方が元の振動が小さい事に気づき、 ハンドル固定式のカメラステーを試してみようと思い立つ。 元はといえば千石さんところのテスト動画見振動少ないなーと思ったのがきっかけ。 と、いうわけで早速作ってみた。