ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

奈良の仏像 法隆寺 「地蔵菩薩像」

2008年09月26日 | 京都案内
法隆寺 「地蔵菩薩像」 国宝

像高さ173cmの木像 平安時代の作品 本地垂迹思想から神仏混合であった江戸時代は大神神社の神宮寺の仏像であったが、明治維新の廃仏毀釈(神仏分離)で仏像である地蔵菩薩は法隆寺へ避難した。地蔵さんは宝珠と錫杖を持つのが特徴であるが、右手は印を結んでいる。堂々たる体格には圧倒される。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米原子力空母ワシントン 横... | トップ | 秋の草花写真集 「秋冥菊 白」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それはおそらく日羅像 (千田寛仁)
2012-02-28 22:47:57
地蔵菩薩ですが、

三輪山平等寺にあった像です。
江戸時代に大神神社なんて無い (とおりすがり)
2014-01-17 11:44:16
あまり嘘を書かないように。

むかしは

三輪皇太神宮

三輪明神

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む