ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

奈良の仏像 法輪寺 「薬師如来坐像」

2008年10月19日 | 京都案内
法輪寺 「薬師如来坐像」 重要文化財

像高さ110cmの木像 飛鳥時代7世紀の作品 重要文化財 姿形は法隆寺の釈迦三尊の釈迦如来像に似ている。着衣の衣紋に多少違いは見られる。法輪寺は法隆寺の北1Km 西に存する。聖徳太子の病気平癒を願って山城の大兄王によって創建されたと云う伝説がある。いずれにせよ聖徳太子一族の寺であった。聖徳太子は百済の王族と深い血のつながりがあった。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地方財政は使い切れないほど... | トップ | 秋の草花写真集 「ぴらかん」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む