ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

文藝散歩 「旧約聖書の世界」

2009年12月31日 | 書評
ユダヤ民族のカナン移住からローマ時代までの民族史 第22回

「旧約聖書 創世記」 関根正雄訳 岩波文庫 第6回

(第4代 ヨセフの時代)

47:ヨセフ、エジプトへ来る
ヤコブは父イサクの地カナンに住んでいた。ヤコブの子の中で下のヨセフは兄弟と仲が悪るかったが、夢占いの才があり、自分が11人の兄弟のトップに立つことを宣告したので、兄弟はヨセフを憎み落とし穴に落として殺そうとした。兄弟の仲でルベンとユダの立場は微妙で、ヨセフと助けようとユダは通りかかったイシマエル人の商隊にヨセフを売った。イシマエル人はヨセフをエジプトに連れて行った。
48:ユダとタマル
ユダの因果な話が語られる。ユダはカナンの娘を嫁に貰って長男エルを得た。ユダは長男エルのためにタマルという嫁を迎えた。エルが早死にすると、タマルを弟オナンに嫁がせたが、恐れをなしたオナンは交わらず、彼も早死にした。タマルはティムナの父の家に戻されが、ユダがティムナに牧畜のために来るというので、遊女に変装してユダを誘った。そして印と杖をユダから貰ってユダと交わり双子の子をなした。タマルが淫行をなしたという噂が広まってユダが問い詰めると、タマルは印と杖を見せユダの子であることを明かしたという。
49:ヨセフとその主人の妻
イシマエル人はヨセフをパロの侍従長のエジプト人に売った。ヨセフは神の恩恵を受けているのでやる事が悉く上手くゆき、主人のエジプト人の寵愛を得て、主人の家の全財産の管理を任されるまで信頼を得た。ところが主人の妻が寄席オフに関係を迫ったが、これをヨセフが断ると妻は逆に訴えた。主人はヨセフを獄に入れたが、獄においてもヨセフは絶大な信頼を得た。この辺は「人間万事塞翁馬」のような按配に逆風が幸運に転がってゆく話に似ている。
50:ヨセフ夢を解く
エジプト王の酒人と膳人が罪を犯して獄につながれた。彼らが見た夢から二人の運命(一人は釈放、ひとりは絞首刑)を占ってその通りなった。
51:パロの夢とその実現
エジプトの王パロが、7頭の肥えた牡牛を7頭の痩せて醜い牡牛が食い尽くす夢を見た。この夢の謎を解くものがいなかったので、ヨセフが呼ばれた。ヨセフがいうには、これは7年の豊作と7年の飢饉を預言しているので、豊作の年にエジプト全土で収穫の1/5を買い上げて備蓄すれば飢饉に備える事ができると王に助言した。そしてヨセフが長官となって備蓄を遂行したのである。これで7年の飢饉の時もエジプトは助かった。
52:兄弟らエジプトへ
ヤコブが住むカナンの地の飢饉もひどかった。ヤコブはエジプトに穀物がある事を知り息子達に穀物を買いに出かけるよう指示した。当時ヨセフはエジプトの国の支配者となって、すべての民に穀物を売る責任者になっていた。ヤコブの息子たち(ヨセフの兄弟)がエジプトにやってきてヨセフに面会した。ヨセフは兄弟が自分に気が付いていない事をとってある仕掛け(意地悪)をした。「あなた方はスパイかもしれない。人質にシメオンをおいて、一番下の弟を連れてくるように」といって、代金の銀を足らずに穀物を与えカナンに返した。父ヤコブはひどく落胆した。
53:第2回のエジプト旅行
カナンの飢饉はさらに翌年も続いた。そこでまたエジプトに穀物を買いに出かけることになったが、今度はユダが一番下の弟ベニヤミンを連れてエジプトに向かった。ヨセフに面会し、2倍の銀を払って穀物の買取を願った。まずは歓迎の宴が開かれた。
54:銀のコップ
そこでヨセフは又ある仕掛けをした。穀物の袋の一つにヨセフの銀のコップを忍び込ませて、ユダを泥棒に仕立てる事である。これに引っかかったユダは平伏しヨセフに許しを乞うた。ユダが一人エジプトに残って兄弟は帰らせて父の落胆を除きたいと申し出た。
55:ヨセフと兄弟たち
これを聞いてヨセフは一人号泣し、自分がヨセフである事を兄弟に明かした。ヨセフは兄弟をエジプトに送ったのも神の思し召しだろうから、一族がエジプトに来て暮らしたらどうかと提案した。カナンのベエルシェバに帰った兄弟は、父ヤコブに報告した。
56:ヨセフと父
ヤコブ家はあげてエジプトに移住する事になった。エジプトに来たイスラエルの一族は70人であった。ゴシェンでヨセフとヤコブ(イスラエル)は面会した。ここで羊飼いを始めたのである。
57:謁見、飢饉
ヨセフはヤコブと兄弟をエジプト王パロに謁見させた。パロはエジプト移住を認め、ラムセスの地を与えた。エジプトの飢饉は長くひどかったので、エジプトの民は穀物を買うために全財産の銀を使い果たし、全部の土地を国に売り、そして奴隷になった。
58:ヤコブの終わり(1)
ヤコブは衰え死の床にいた。ヨセフは二人の息子長男マセムと次男エフライムをヤコブの枕元に立たせたが、ヤコブは手を次男エフライムの頭に載せ繁栄の祝福を贈った。こうしてヤコブは死の床で後継者選びをした。
59:ヤコブの祝福
ヤコブはさらに子らイスラエル十二支族の祝福を祝った。
60:ヤコブの終わり(2)
ヤコブは死んだ。エジプト流にミイラにして葬儀を執り行い、カナンのエフロンの墓所に葬った。
(続く)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月並み自作漢詩 「除夜作」 | トップ | 読書ノート 岩井克人著 「2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書評」カテゴリの最新記事