株式会社パワーランド社長のブログ

日々変化する内外の経営・経済・社会環境に対し、自分の意見を適宜適切に表明したい。もちろん社業の宣伝も行います。

株式会社パワーランド

2008年01月31日 | Weblog
人の本性は性善か性悪か

中国からの輸入餃子を食べてお腹をこわした方が十数名発生との報道があり、またか との思いをもたれた方が多いと思います。原因は殺虫剤とのことですが、普通は農家はそれほど多くの農薬を使わないと思います。もし農薬が原因なら、餃子を食べたもっと多くの人があたっていたと思います。額に汗して餃子の元になった野菜を生産した中国の農家の人の心を私は信じたいと思います。

問題は商業主義に侵された加工業者にあるような気がしてなりません。洋の東西を問わず、行き過ぎた儲け主義は人の命など虫けらのように軽んじます。早期の原因究明を願いたいものです。

それにしても日本国内の業者の対応は今回はまれに早かったようです。偽装に明け暮れた昨年来の学習効果があったものと思います。これは立派です。でも、これは本来は当然の対応なのです 

いろいろな事件が起こるけれども私は人は性善であると信じ続けます。たまに出会う性悪と思しき人とは、きっと相性が悪いだけなのです。そう思って今日も楽しく業務推進します 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月30日 | Weblog
またまた勉強会に出ました

いくつかの勉強会グループに所属しています。仕事が忙しくてその全てに参加することは不可能ですが、参加したのは今年になって3グループ目でした。今回はサブプライムローン問題とグローバルファイナンス。

大きな会社に勤めていた頃は定期的に情報が入ってきたのもですが、起業すると特定のルートでしか情報は入ってきません。しかも、1~10まで全て自分で行動し処理しなければなりませんから、異常な時間不足に陥ります。それをやりくりしてとにかく真正面からただコツコツとの歩みで正確に仕事をこなせるのは、自分の意思の堅さもさながら、自分を取り巻く人々のお蔭です

感謝しながら拝聴し、問題の根源を理解しました。何でも現象があればその原因があるわけですから、原因を突き止めることは重要です。サブプライム問題は、証券化と人の欲が原因でした。証券化されていない国々では直接的な被害は0。全くありません。欲がどんなにあっても、投資先が無いからです。投資先があってもあることを知らなければ無いのと同じ。というわけで、先進諸国の機関投資家が集めたファンドで買った証券の中に紙くずが入っていたという次第。

最近の世相として、情報の迅速な開示が好まれていますが、これも曲者。真相は真相として結構なのですが、さざ波も波というわけで、うねりとさざ波の区別がつかないうちにさざ波に振り回されて右往左往しているという場面が多いですね。大河の流れの方向を見定めて、一つの仕掛けを施し後はユタッとしているのが賢明だなと思いました 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月29日 | Weblog
ホールインワンの記念品を頂きました。

知人が昨年12月16日(日)にホールインワンを達成しました。その記念品を頂きましたが、開けてびっくり 実に美しい写真集でした。北海道の美瑛町を中心とした四季折々の変化が見事に写されていて、「これは天国か」といった驚きをもって拝見しました。素敵な記念品を有難うございました。また、改めて「ホールインワン達成おめでとうございます」とFさんに申し上げます 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月28日 | Weblog
夜明けが早くなりました

気が付けば一月も今週で終わりです。でもまだ新年会は続いています。遅い新年会は大体高齢の方のグループが多いようです。そして、私もその仲間内 健常な高齢の方は、それぞれ優雅な日常を楽しんでおられるようですが、中には私のように仕事を抱えて汗を流しておられる方も
人それぞれの生き方を楽しめるのは平和な社会の仕組みのおかげと感謝しています。

早く出社するときなど近くの公園の脇を通るのですが、その公園は朝のラジオ体操の人で賑わっています。冬至の時などは6:30といえばまだ暗いのですが、それが今はもうその時間は明るくなってきているのです。防寒服に身をまとった高齢の方々がラジオ体操をしているのを見ると、自分も含めて、この街もオールドタウンになったかなと 時は刻々と流れているのですね 

今週はそんなことを思いながらのスタートですが、今夕は、まもなく定年になる方のご来訪を受けます。彼とはビジネス戦士としていくつかの建物を一緒に社会に供給してきました。想い出を共有できる方が元気なことは幸せなことです 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月26日 | Weblog
東京淡路会の理事会に出ました

昼間は業務に忙殺されましたが、夕刻は同郷会の東京淡路会理事会に出席。私は初対面ですが、淡路島から市長や信用金庫の理事長達も参加。彼らは、淡路島が抱える問題点のいくつかを公開し、将来の淡路島のために打とうとしている手の内を見せて東京淡路会に協力を求めてきたものと私は見受けました。その一つに、淡路島PRのためにアンテナショップ構想がありました。 理事会の冒頭にご挨拶をされた後、質疑応答を終えて直に帰られました。ご多忙の中でのお立ち寄り、有難うございました。前向きな地元の姿勢に    

私は、生まれは広島県ですが、もの心が付いた時には淡路島に居て、戦後の幼稚園から小・中・高校までずっと淡路島育ち。今は、亡兄の長男が8代目を継承しており、両親の墓も淡路にあるので、淡路のことはやはり気になります。島に住む人々の将来のために首都圏から何らかの有効打が放てれば嬉しく思います。 

さて、この週末は、業務の都合で出社します。プールにも行きたいのですが、夢ある仕事を優先します。低層住居地域の等価交換営業活動が、特定地域での第一フェイズは終わりました。これから第二フェイズに入っていきますので、営業指導に力が入ります。夢の実現に向かって   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月25日 | Weblog
食の安全保障という講演を聞きました

私はディレクトフォース(DF)という団体にも入っています。そこでは会員を対象として月に一回全体勉強会をやっています。勿論分科会や趣味の会なども随時行なっていますが、私が出るのは、仕事の時間の関係もあり全体勉強会だけ

昨日の演題は「食の安全保障」。食の生産から消費まで奥行きの深いお話を拝聴しました。また、日本のコメ問題・・・外国の穀物はとうもろこしにしても大豆にしても値上がりしているのに、なぜ日本のコメは値上がりしないのかという国際的な事情も聞かせて頂きました。

思うに、私達は消費期限や賞味期限という「くだらない期限」に神経質になりすぎています。なぜくだらないかというと、これらの期限が過ぎたものを食べても何の問題も起きないからです。腐った卵は「異常な臭い」がするので食べません。食べる前に、鼻と舌と目をもっと働かせれば、食べられるものと食べられないものの区別はつきます。今のように食料を粗末に扱っていると、どうも「生物の道」に違反しているように思います。人間も生物の仲間なのです。本能を上手に生かすべきです  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月24日 | Weblog
「早起きは三文の得」でした

水汲みの日はいつも四時頃起床して、水汲み場が混雑する前に汲むように心掛けています。今回は、混雑よりも天候が問題でした。雪が午前八時頃から舞い始めましたが、その前にしっかり汲み終えていました 

その足で、飲める温泉水と言われている「満願の湯」の現場にも行ってどんなものか調査もしてみました。これはペーハーが9.7のアルカリ飲料の由。ここは、すごい施設が整っていて、朝八時から汲み取り可とのことでした。20リットル当たり100円で、値段は大したことは無いのですが、自動汲み取り販売システムになっていました。駐車場も整備されており、ここまで設備が整うと、もう私の興味は消え失せます。ということで、これからも秩父方面に来るときは「日本水(やまとみず)」一筋で参ります。

ところで、今年に入ってから「低層住居地域」での等価交換事業の営業推進もやっています。これはいわゆるニッチの業務領域で、かかる経費の割には、あまり大きな事業利益は期待できません。しかし、「地震に強い街づくり」という観点からは、補助金を付けて貰ってもいいくらい、公益的な事業だと自負しています。今は、無名の会社ゆえの産みの苦しみを味わっていますが、当社の企業理念に則り、誠実に業務推進しています。

今日は朝一番にその業務報告を受けることから始まります。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月23日 | Weblog
株価の急落と有楽町駅前の雰囲気

日経平均株価が二日間で1200円も下落した由。現実には大変な問題で、マスコミが報じるインタビューでも、「困った」の声一色ですが、意外と街の雰囲気は明るく、有楽町駅前を業務でせわしく往来していても、行き交う人々の笑顔が絶えません。特に夕刻はいつも通りアベックと思しき人達で混雑していました。

思うに株式など持っていない人達が実に大勢居られ株価の下落などとはおよそ関係が無い方々が圧倒的多数を占めていて、ほんの一握りの富裕層が深刻な影響を受けているのではないでしょうか。ただ、定年で退職金を株式で運用している方々にとっては、これは老後の生活資金ということもあり大変だと思います。でもそれは当面使途の当ての無いいわゆる余剰資金でしょうから、ここは焦らずじっくり保有して価格の回復を待つことだと思います。

さて、今日は今年初めての水汲みです。天候が心配ですが、名水100選の一つであるいつもの「日本水(やまとみず)」を汲んできます。明日から当分の間、また新鮮な水を会社でご来客に振舞うことができます。では、行ってまいります   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月22日 | Weblog
「瓢箪から駒」って

昨日会社で話し合っていて、「瓢箪からコマって、どんな風に出てくるのだろうか」という話題に。瓢箪はくびれているから、そもそもコマなど入りっこないよなーとか、なぜ瓢箪なのだろうかとか・・・。コマは正月でもあるので回すコマかなとか、もしかしたら馬かもと思ったり・・・。馬ならますます瓢箪に入りっこないし・・・。

分厚い「故事ことわざ慣用句辞典」で出典を調べましたが、意味が書いてあるだけで、どの古文書に初めて使われたかは載っていませんでした。コマはやはり馬で、起こりっこないことのたとえですが、それにしても言葉の響きが明るく楽しげで、こっけいな表現に一同 

およそ誰が見ても考えても不可能なことであっても、あれこれ思案し、考え続け思い続けていると、ふとしたことが新たな発想に繋がり可能になることがあります。何でも改善の原点は、自ら考え「続ける」ことではないでしょうか。仕事そのものについても、人から指示され与えられるものと思うのではなく、社会に役立つことを自ら考え工夫すると、もしかしたら「瓢箪から駒」が出てくるかもね 

今日もその延長で楽しく行動します 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社パワーランド

2008年01月21日 | Weblog
考えさせられる厚労行政の実態

昨夜21時からのNHKスペシャルを視聴していて、認知症に対する治療の実態に 

助産師を目指している看護師資格を持つ娘のパート勤務先病院の待遇格差実態を聞きこれにも 

社保庁のことは今更言うまでもなく

派遣労働のこともやはり言うまでも無く

日本の厚生労働行政のだらしなさは、大臣一人がいくら頑張ってもダメです。役人から見れば、「大臣はいずれ替わる人」。この行政部門は事務次官・審議官を頂点とする幹部の意識が替われば変わります。替わらない人達がその気になって仕事をしなければいけません。マスコミも大臣に焦点を当てるよりもこれらの幹部に焦点を当てて、改善の実態をフォローしていったらいかがでしょうか。病院勤務の末端の医師や介護・看護に当たる人達、救急医療に当る人達は、急患のたらい回しとかで非難されていますが、厚労行政の病巣に対する対症療法部分だけをいくらクローズアップしても根本的は改革にはならないと思います。

さて、昨日はプールへ。1500mを平泳ぎで泳ぎました。私としては今週も勢いよくスタートできそうです  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加