Senboうそ本当

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

タクシー稼業の天敵

2017年03月21日 | 空車&珍走&迷走

3月18日から20日にかけて、土日と祝日を合わせた3連休。これはその真ん中の日曜日の話です。大学生が春休みで帰省してるのと、結婚式、さらに人事異動に伴う送別会、予想はしていましたがすでに午後7時あたりから繁華街は人で溢れかえってました。そこを通り抜ける際はいつも以上にノロノロ運転を心がけました。

深夜0時は利用客が最も多くなります。本当は午後3時からの勤番なのですが1時間遅らせて出勤、その代わり退勤を1時間遅らせ深夜1時まで走るつもりです。深夜0時あたりで売上げを確認したら19000円ほど、宮崎では平均点ってとこです。明日は休日出勤を予定してるので、この時点で車庫に戻ってもよかったのですが 帰る方向は同じなので繁華街を通り抜けて戻ることにしました。もし手が上がらなければそのまま車庫に向かいます。

約200mほどの西橘通り(ニシタチ)を南に向かってゆっくり流します。残り10mほどのところで20代男性(社会人)の手があがりました。ハザードを点けて停車、するとその男性は建物の入り口付近に戻り うずくまっている若い女性のもとへ。ヤバイです。その女性をタクシーに乗せたら、あとはヨロシクってやつ? 男性が背を向けてるわずかの時間「このままトンズラしようか・・・」よこしまな考えが頭によぎります。ただしここで逃げたら「乗車拒否」で事務所にクレーム入ります。

このときは泥酔の女性に続いてその男性も乗り込んできたので一安心。行き先は「大淀」。大淀川を渡ってすぐの近場、800円ぐらいの距離です。こういう時は売上げどころではありません。最速で目的地に送り届け、クルマから一刻も早く降りていただくこと。1年前には 朝まで飲んでた若い女性客が足マットの上にゲロを吐いて大迷惑しました。車内に異臭が残ってしまうのでそれ以降は仕事になりません。

まだメーターも倒してないのに「ビニール袋ありませんかね」と男性客。女性客は上体を横にして苦しそう。私も必死です。発進のギア操作をしながらレジ袋を差し出し「少し窓を開けますね」とお断りして冷たい夜風にあたりながら走らせました。前に失敗した時は、客がレジ袋持参で乗り込んでます。そして目的地に到着、車から出ようと姿勢を変えた直後 惨事が発生したのです。そして今回も・・・

スピードを上げつつも振動は最小限に、もちろん赤信号は守ります。ほんの5分ほどの距離でしたがおかげでハラハラドキドキの5分を味わうことができました。結果としては何もトラブルは起きず普通に清算して降車いただくことができました。やれやれ。実は先月、泥酔した客にからまれて痛い目にあってます。その話はまた別の機会に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国で最近ヒットしたフォー... | トップ | 朝7時これから出勤というタイ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。