Senboうそ本当

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

東日本大震災と 宮崎の水産加工

2016年10月31日 | 空車&珍走&迷走

イオンモールから中年女性客を乗せて、途中寄り道をしてから宮崎駅まで走りました。1500円ぐらいの売上げになります。
この日は日曜日。お客さんは延岡方面から電車で片道1時間、宮崎市内に買い物に来られたそうです。

延岡で水産加工会社を経営していますが、福島県の水産加工会社から仕事を請け負っているのだとか。
これからの季節はカズノコの加工で忙しくなるそうです。
わざわざ東北の福島から魚を運んで来て、それを宮崎で加工、パッケージに詰めて海外へと出荷します。
福島の職人さんも2名、応援に来ています。調味料の調合とか、その店独自の味付けがありますから。
でもどうして宮崎なの? 東北での地震と関係ありそうです。
私の予想は 「地震のダメージで福島の加工工場がストップした→日本各地に仕事が分散」 でした。

東北の震災以降に福島から仕事の依頼が来るようになった というところまでは当たっていましたが
問題は別のところにありました。品物を輸出する時の製造元の住所、パッケージに印刷されますが
これが“福島県”では売れない というのが原因です。原発事故が世界中に知れ渡っているので
放射能汚染を疑われてしまうからです。

原材料の水産物は外海で漁って来たものですが、消費者は 福島県→原発事故 を連想するので仕方ありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろ車検 | トップ | 文明の逆説  立花 隆 197... »

コメントを投稿

空車&珍走&迷走」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL