Senboうそ本当(恵州@見聞録)

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

潜在能力について

2016年10月14日 | 空車&珍走&迷走

大学病院の玄関前で客待ちしていたら 女性の看護師に付き添われた たぶん50代の男性が現れました。行き先は街中の自宅まで。約10km、2500円ぐらいの行程です。
車中でいろいろお話させてもらいました。

このお客様は 視力障害で すでに10年以上通院されているそうです。障害の等級は2級、ちなみに1級は全盲です。私が 「視力や聴力に問題がある人は それを補うために他の感覚が研ぎ澄まされるって聞いたことあります」 と話をふると 「特に何も・・・、しいて言えば記憶力ですかね。8桁ある保険証の番号とか。」
視力が極端に弱いので メモを「書く」「読む」 ということができないそうです。病院に予約を入れるとき保険証番号を聞かれるので ご自分のと母親の番号は頭の中に入っているそうです。それだけでなく 日々生活している中で「日時」「固有名詞」様々なことを正確に記憶できるようになったそうです。

記憶力ってやつは 生まれながらに個人差がついていると思いますが、それでも必要に迫られればある程度の伸びしろがあるってことをあらためて感じました。たぶん年齢制限もありません。
私自身はやや過剰なメモ魔です。「そろそろ散髪しなきゃ」とか「靴を買い替えよう」「来年のカレンダーを購入」など やる事・買い物の内容をメモして持ち歩いてます。記憶力も悪く、お客様がおっしゃった目的地を しばらくして再確認するなんて事も少なくありません。メモすることですっかり安心してしまうから忘れる→使わないから記憶能力もどんどん錆付く ということじゃないでしょうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YouTubeの音源を聴いてください | トップ | 気になる 130曲 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。