軽井沢 木偶房 日録

江上之清風 山間之明月

此君亭 月釜 4月

2017年04月24日 | 茶湯記
印西市にある「此君亭」の月釜の行きました。
薄茶席2席と点心席です。
6月に私たちもここで月釜を行うので下見も兼ねています。

表千家の席のお点前をした女性の所作が
とても美しかったことが印象に残っています。
和服の男性は私だけだったせいか、正客になってしまいましたが、
正客の役割は全く果たせませんでした。
今後こういう機会が増えるかもしれないので正客役の稽古が必要かも?
路地に白山吹が咲いていました。

此君亭(このきみてい)の此君(しくん)とは、竹のことです。
晋の王徽之(おうきし)が、大変に竹を愛好し、
「何ぞ一日も此の君無かるべけんや」と言ったという話から
「竹」を「此君(このきみ)と言うらしいです。
(ちなみにこの王徽之は、有名な書家の王羲之(おうぎし)の息子です。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒椿と山吹 2017 | トップ | 姫空木と紫蘭 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

茶湯記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。