軽井沢 木偶房 日録

江上之清風 山間之明月

八つ橋 露地

2017年05月14日 | 普請記
いよいよ八つ橋に着手します。
キシラデコールで塗装したワンバイフォー材をカットし、敷き並べます。

材をビスで固定し、焼き丸太を打ち込みます。

完成!
手水鉢を置けば、立蹲踞の八つ橋露地の完成です。

杜若(かきつばた)が出てくるのを待つばかりですが、
ここは湿地じゃないので 菖蒲(あやめ)を植え込んであります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立蹲踞 | トップ | 三行書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。